緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション投資ローンの審査に落ちた!?そんな時の対策とは

2018-09-10 コラム・ニュース


単なる資産運用としてだけでなく、近年では副業として人気の高い「マンション投資」。

ただ、多くの人がローンを組んで物件を購入し運用するのが主流な流れとなっているため「ローンの審査」はマンション投資におけるハードルのひとつとなっています。

当然人によっては、

・マンション投資したいけど、銀行のローン審査に落ちてしまった…
・興味はあるが、年収が低いから恐らく無理…

などなど、審査面がネックでマンション投資を始められないことも少なくありません。

そこで今回は「マンション投資のローン審査」について詳しく解説しつつ、審査の内容や落ちた場合の対策、年収が低い人の対処法などを詳しく解説したいと思います。

「ローンに通らないからマンション投資は無理」と感じているなら、あきらめる前にぜひこの記事をチェックしてみてください。

マンション投資はなぜ人気?特徴やメリットをおさらい

まず始めに、おさらいの意味も含めて「マンション投資」の基本を簡単にご紹介しておきましょう。

そもそもマンション投資についてですが、簡単に説明すると「利益を得る目的でマンションを購入し、第三者に貸し出して家賃収入を得る」投資のことです。

物件を購入して売却し、その差額で利益(売却益)を得るタイプのものもありますが、近年では不動産価値が短期間で上昇せず、なおかつ多額の資金が必要であるため、主流となっているのはあくまで「第三者に貸し出して家賃収入を得るタイプのもの」だと考えて良いでしょう。

巷で「不動産投資」「マンション投資」と言われるもののほとんどはこのタイプを占めていると考えてください。

ではマンション投資はここ最近なぜ注目を集めているのでしょうか?

マンション投資の特徴・メリット

マンション投資がなぜこれほど人気なのか?

他の投資や副業とは異なる特徴やメリットを以下にまとめてみましょう。

・豊富な自己資金がなくても始められる
・株やFXのように短期間で大損するリスクが低い
・ローンの支払いを毎月の家賃収入でまかなえる
・家賃は長期間に渡り価格が変動しないため、安定した収益が見込める
・運用や管理の手間を減らすための対策が整備されている(管理会社への委託など)
・将来的な年金や生命保険代わりに使える
・物件のローン完済後は収益率が大幅にアップ

ざっと並べただけでもこれだけの特徴・メリットをマンション投資は兼ね備えています。

何と言っても常に相場や値動きに目を光らせることが大切な株やFXと異なり、マンション投資は「物件に入居所がいる限りは家賃が発生する」ことから手間や時間を抑えながら投資を行うことが出来ます。

そのため、本業を持っているサラリーマンの副業としても近年人気が高まっているわけですね。

マンション投資のローン審査について

マンション投資の大きな特徴は「物件価格が高額であること」です。

ただし、一括で購入する必要は全くなく、大多数の方はローンを組んで物件を購入しながらマンション投資を進めています。

ではその際のローン審査についてはどのような形で行われるのでしょうか?

審査基準や落ちてしまうパターンなどを紹介しつつ、ローン審査について分かりやすく解説していきましょう。

マンション投資のローン審査に関する基礎知識

まず今回の場合、銀行・金融機関から、不動産投資(アパート経営)に必要な資金を借りることを総称して「マンション投資のローン」と示します。

これはいわゆる「不動産投資ローン」に該当し、投資用マンションなど投資を目的とする不動産を担保にして、購入資金を金融機関から融資されるものだと考えてください。

ちなみに不動産投資ローンをを提供する金融機関としては、主に以下のようなものがあります。

①都市銀行(メガバンク含む)
②地方銀行
③信用金庫・信用組合(・公庫)
④ノンバンク(預金などを受け入れず、信用供与(資金の貸付けなど)を業務とする金融会社)

これらそれぞれにおいて融資の条件や審査基準、考え方が異なるため、一概に「どこがベスト」と言い切ることは出来ません。

金融機関ごとに金利や融資の年数、初期費用額や保証人の有無などが異なるため、自分が希望する条件をより多く満たしている融資先を選ぶのがまずは基本となります。

マンション投資のローン審査に落ちやすい人の特徴

金融機関により審査基準は異なるものの、やはり「ローン審査に落ちやすい人の特徴」というものは存在します。

これまでの調査結果や統計を参考に、ローン審査に落ちやすい人の特徴をまとめました。

・年収が400万円以下
・勤続年数2年未満
・自営業や企業の役員(小規模会社で主要ポジションに就いているなど)
・自己資金が少ない(頭金の額に満たない自己資金)

ご覧の通り、融資額の大きいマンション投資のローン審査では「信用力」と「資金力」が重要な判断材料となります。

勤続年数や勤務先が重視されるのはもちろん信用面に直結するからで、勤続年数が短かったり、自営業などの場合、現在の収入を今後失ってしまうリスクが高いとみなさざるを得ません。

また、年収や自己資金額は、支払いに関わる現実的な問題として「資金力」に直結する部分であることが分かります。

ちなみに参考として、マンション投資のローン審査では「年収の5倍が目安」とされていますので、物件価格や融資額によって必要な年収額が左右されることを覚えておくと良いかもしれません。

マンション投資のローン審査に落ちた?実は対策がある!

収入や勤務先など、いくつものハードルが存在する不動産投資ローン。

話を聞けば聞くほど自分には難しい…。
審査に通るのはたぶん無理…。

だからといって諦めかけているあなた!

実は弊社弊社『不動産コンサルタントFP事務所』では、「ローン審査が不安な方への対策」を用意しています!

一般的な不動産投資とは異なる弊社の独自スキームにより、普通では不動産投資ローンの審査に落ちてしまうような条件でもマンション投資を始められるシステムを完成させました。

ただし、どんな人でも「絶対OK」というわけではなく、以下の条件を満たしているかどうかを事前にチェックしてください。

・年収は300万前後以上
・関東圏にお勤めの方(紹介物件が関東近郊であるため)

いかがでしょう?

こちらの条件を満たしているのであれば、弊社でマンション投資のお手伝いを出来るかもしれません。

ちなみに弊社の独自スキームでは、ローン審査において下記のような利点が。

・ローン審査の通りやすさが違う!
・個人事業主でもOK!
・不動産投資ローンに落ちた方でもローンが組める!
・自己資金が少ない方向けのローンもご用意!

もちろん必ずローンが組めるとは限りませんが、少なくとも通常の不動産投資ローンで審査通過が難しい…、審査に落ちた…、などという人でも弊社独自のスキームであればローンを組める可能性は大きく広がります。

何はともあれ、ご興味がおありなら一度お問い合わせください。

システムのご説明はもちろん、一人一人に見合ったプランのご提案から、様々なアドバイスに至るまで、経験豊富なスタッフがご対応させていただきます。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む