緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

リップル購入したいのにクレジットカードでは買えない!

2018-02-27 コラム・ニュース


現在仮想通貨の種類は1000種類以上にのぼりますが、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)の中でも特にリップル人気が高まっている流れにあります。

既にビットコイン運用を行っている人の中にもリップルの並行運用を進めている人も多く、リスク分散して投資するうえでも有効な手立てとして注目されているのでしょう。

そんなリップルですが、購入方法として基本的な現金だけでなく、中にはクレジットカードを決済に用いる人もこれまでには多く見受けられました。
しかしながらここ最近、クレジットカード決済に関するいくつかの変更が主要取引所で決定され、リップル購入希望者にとっても新たな問題となっているようです。

今回はリップルにまつわる最近の市場の動向や購入方法、またクレジットカードで決済に関する最新情報などを詳しくまとめました。

リップルの購入方法についてお悩みがある方にとっては、特に有益な情報をお届けできると思いますので、ぜひ目を通してみてください。

過去のリップルの値動きと今後の展望

いくつも存在するアルトコインの中で、何故リップル人気が高まっているのか?
これまでの値動きやここからの推移予測などを踏まえながら、まずは「リップルの価値」について解説していきましょう。

そもそもリップルとは?

リップルという通貨は、分かりやすく言うと「銀行間の国際送金のために作られた仮想通貨」です。
これまでは例えば、日本から海外に送金する際、10%近くの手数料がかかったり、送金完了まで1週間程度かかってしまうケースなどもマレではありませんでした。

そこで既存の国際送金を「安く」「早く」する目的で生まれたのがリップルだとイメージすれば分かりやすいかもしれません。

要するにキャッシュ(日本円やUSドル)を一度リップルに両替して送金してしまえば、手数料も安く、時間も大幅に短縮できるという訳ですね。

ちなみにリップル(XRP)の送金処理スピードはわずか4秒ですので、1取引の処理に約10分かかるビットコインで懸念される「送金中にコインの価格が暴落してしまう」ようなリスクも大幅に減らすことが出来ます。
※送金時の手数料もビットコインの1/1000以下

過去の値動きと今後の展望

実はリップルという仮想通貨は、2018年2月24日現在、「時価総額第3位」の仮想通貨でありながら値動きが非常に地味なことで知られています。
その証拠に、リップルは3年間もの間10円以下の相場が続きました。

ところが2017年の爆発的な仮想通貨全体の価格上昇のあおりを受け、リップルも50円台にまで一期に値上がり。
更にその後、一時10円台まで下がりながら、以降は10円以下に落ち込むこともなく、2017年12月には28円から最高値296円まで急上昇し、一時は時価総額でビットコインに迫るほどの快進撃を続けました。

そして現在も急激な落ち込みを見せることなく、100円前後で推移しています。

さて、では今後のリップルの価格予想や将来性についてですが…
結論から言うと、将来的にまだまだ価格が上昇するとの声が多数を占めているようです。

理由としては以下のような点が挙げられます。

  • 世界の国際送金でリップルが使われるようになると価値は跳ね上がる
  • 世界7大銀行がリップルの採用を表明している
  •  
    つまり、既存の国際送金の代役としてリップルが国際送金市場のシェアを高めれば、それだけ更なる価格の上昇が望めるという訳です。

    リップルの大量保有者が続出!クレジットカードでは買えない?

    将来性、特に2018年度に価格の急上昇を予測する声も多くなっていることを受けて、リップルの大量保有者が続出しているようです。

    ちなみに2018年度の価格急上昇の予測が立っている理由としては、大手企業との提携のうわさや国際送金の大がかりな実験などが挙げられますが、まだまだこれから買いに走ろうと考えている人も増加傾向にあるとみて良いでしょう。

    ただ、リップルをはじめとした仮想通貨購入時に必要な現金を用意できない人も中にはいるはず。
    そんな人にとって重宝されてきたのがクレジットカード決済ですが、現状としては有効な手立てと言えるのでしょうか?

    リップルをクレジットカードで購入するのは難しい?

    そもそもクレジットカードで仮想通貨を購入する際、大きなデメリットなるのが手数料です。

    通常現金(日本円)で購入した際に1%を大きく下回る程度の手数料が、クレジットカード決済だと10%前後にまで跳ね上がるケースがほとんどですので、投資商品購入の決済方法としては非常にハードルが高いと言わざるを得ません。

    更に大手国内取引所であるZaif(ザイフ)とコインチェック(coincheck)に至っては、現在クレジットカードでの仮想通貨購入を一時停止しています。
    手数料うんぬん以前に、取引所でクレジットカードを使えない以上は現金での購入に切り替えるしかない為、キャッシュが用意できない人にとっては悩ましい問題でしょうか…。

    かといって、お金を借りて(カードローン等)までリップルを購入するのは本末転倒ですし、多くの人がリップル購入を先延ばしにするしかない状況に陥っていることも大いに考えられます。

    マンション投資で現金GETしてリップルを購入

    将来性の見込めるリップルを少しでも早く買いたい…。
    でも現金がない…。クレジットカード決済も難しい…。

    そんなお悩みを持つ方に朗報です。

    マンション投資で現金を確保して、リップル購入に役立てましょう!

    実は弊社「不動産コンサルタントFP事務所」では、マンション投資を始める方への特典として最大500万円のキャッシュバックを用意しています。
    もちろんキャッシュバックだけでなく、自己資金0円で初心者の方でも始めて頂けるシステムを提供していますので、現時点でまとまった資金がなくてもご心配ありません。

    仮想通貨運用とマンション投資。

    この二つを並行して行えば、仮想通貨の価格上昇に伴う利益と、マンション投資における安定的・長期的な収益確保の両方を同時に進められます。

    異なるスタイルの投資・資産運用は、大切な資産を守る上でのリスクマネジメントにおいても有効な手段ですので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

    もちろん疑問点やお知りになりたいことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

    経験豊富な弊社スタッフが親身に対応させて頂きます。

    電話 0120-719-444
    メール contact@fpconsul.com


    物件情報

    • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
    • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
    • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

    不動産投資関連カテゴリー

    成功事例一覧

    • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

      >続きを読む

    • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

      >続きを読む

    • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

      >続きを読む

    • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

      >続きを読む