緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション投資の延長線?ちょっとした場所を貸すだけで…

2018-03-19 コラム・ニュース


所持しているアパートやマンションを他人に貸して家賃収入を得るタイプのマンション投資は、近年幅広い世代の資産運用です。

ですが、一室丸ごと、建物丸ごとと言わず、ここ最近「ちょっとした場所を貸して儲ける人」が増えているのをご存知でしょうか?

具体的にどういった場所を貸すのか、いくつか例を挙げてみましょう。

・自宅の駐車場…特に首都圏で、イベント時にパーキングが埋まりやすい時などにニーズが高い
・押し入れや物置などの極小スペース…トランクルーム、レンタルルーム代りに物置として
・乗らなくなった自家用車…レンタカーより安く借りたい人向けに
・自宅の一室…会社に会議室のない企業などに時間制で貸し出し

いかがでしょう?

どれも既に自分が所有しているモノやスペースの一部を貸し出して、稼ぎに変えていることが良く分かります。

これであれば不動産を丸ごと購入して部屋を貸し出すという大がかりな資産運用ではなく、本当に思い立てば今すぐにでも気軽に始められるかもしれません。

特に東京を中心とした首都圏では、他の地域として圧倒的に「スペース」「場所」を求めている需要も高く、たとえ個人の所有する場所やモノであっても、借りられるなら借りたいと考える人が多いのでしょう。

このシステムはマンション投資と似ていて、自分が貸し出すものや場所のクオリティに関係なく、「借りたい人がいれば成り立つ」システムです。

もちろん場所や条件が限定されますので、すべての人に当てはまる訳ではありませんが、考え方によっては本格的にマンション投資を始める前に、「人に何かを貸して利益を上げる」経験を体感できる良いシミュレーションになる可能性もあるでしょう。

決して土地面積が豊富とは言えない日本だからこそ成り立つこのシステム。
興味がおありなら、あなたも「何かを貸す」ことを検討してみてはいかがでしょうか。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む