緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

住む場所に人は何を求める?都会での大規模街づくりから学ぶもの

2018-03-24 コラム・ニュース


子育て特化型マンションや、女性ファッション誌とコラボしてのインテリア重視型物件など、時代の流れと共に、物件は「ただ人が住むためだけの場所」から更なる進化を遂げるようになってきました。

最近の傾向を見る限り、より暮らしやすく、より過ごしやすく、より自分らしく。
住む側の目線に関して、物件の広さや立地などの基本だけでなく、細かなニーズを求めだした傾向を表しているとも言えるかもしれません。

そんな中、東京都港区青山で新しい街づくりが進んでいるとのニュースが入ってきました。

東京と青山といえば都会の中心部。以前この場所には、都営団地が経っていたのですが、その跡地に東京建物(東京都中央区)、三井不動産(同)、三井不動産レジデンシャル(同)鹿島建設(東京都港区)が合同となって、賃貸住宅プロジェクトに着工したとのことです。

このプロジェクトのテーマは都心部であるにも関わらず、「自然回帰」「文化創造」「にぎわい創出」など5つのテーマが設定されており、これまでには無い住まいづくりへの挑戦とも取れる印象を受けます。

では今回始動した新たな街づくりの概要を見てみましょう。

■7895㎡にも及ぶ広大な敷地
■目玉の一つとして、計画地域の植生や生態系に基づき、多様な生き物が生息できる森(緑地空間)の整備
■敷地内には、地上25階建ての複合型賃貸住宅を企画
■自然素材を生かしたデザインに定評のある研吾建築都市設計事務所が設計に携わる(現在建設中の新国立競技場を手掛ける設計事務所)

見ての通り、大きなテーマとして自然と建物、そして人との調和を目標としているようです。

都心部にこのようなテーマの大規模物件を計画するのは斬新に感じますが、ある意味都会ならではの試みともいえるでしょう。

もちろん建物自体のコンセプトも疎かにしていません。

■1~2階は店舗と認可保育園、地域交流施設
■2~4階はサービス付き高齢者向け住宅を設計し、ワンルームから夫婦で住める1LDKまで49戸を設計
■訪問看護や訪問介護の事業所を併設し、近隣住民にもサービスを提供
■5~25階は229戸の賃貸住戸
■共用部には、在宅勤務ができるテレワークスペースや、入居者の創作等ができる場として「クリエイティブサロン」を。外国人向けの英語対応コンシェルジュも置く

以上のように、建物自体も単身者から、子育て世帯、高齢者、多様な国籍の入居者が集える場を目的としており、さらに近隣住民にも様々なサービス提供をできるよう企画しているとのことです。

ここまでのコンセプトを見ると、単なる居住地の建設ではなく、「街づくり」と形容した意味も分かりますね。

自然との調和を大切にしたこのプロジェクトがどの程度の需要を得るのか現時点では分かりませんが、少なくとも過去にはない目新しさも加わり、注目度の高いプロジェクトとなることは確かでしょう。

都会には都会に見合った物件、ターゲットを絞り込んだ物件。
物件を提供する際は、立地や設備、デザインなど、テーマを明確に打ち出すことが、強みを引き立てるうえでは重要なのかもしれません。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む