緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

部屋探しもIT化!3D画像で内見が開始

2018-03-27 コラム・ニュース


部屋探しを行う際、多くの人はいくつかの物件を自らの目で内見し、気に入った物件同士を比較するのが一般的でしょう。

しかし、内見のために休みを取ったり、様々な場所に足を運んだりと、部屋探しに時間を割かれるのをもったいないと感じているひとっも多いかもしれません。

そんな不満を受けてか、この度不動産売買・仲介・コンサルティングの日翔レジデンシャル(東京都品川区)は1日、物件イメージを遠隔地から高画質の3D画像で確認できる新サービス『らくらくスカイビュー』を開始しました。

サービスの概要は以下の通りです。

・3Dコンテンツ制作の米マーターポート社が3Dカメラで物件を撮影
・利用者はウェブ上で360度あらゆる角度から見渡し、室内を歩くかのように閲覧できる

また、通常の内見では難しい、真上からの眺望や、天候にかかわらず晴れた日の様子を体験できるスカイビュー機能も備えられており、ある意味通常の内見以上のメリットを兼ね備えたサービスともいえるでしょう。

ただし、通常時での内見では壁の薄さを確認したり、水の勢いを確認したり、また細かい箇所の汚れや立て付けなどの確認を行う人も多いでしょう。

その点、3D画像による内見では利用者ごとの「見たいところを見る、触りたいところを触る」ニーズすべてに対応するのは難しいかもしれません。

それでも、3D画像による内見によって、物件の雰囲気を通常の画像以上によりリアルに感じとることは出来るでしょう。
さらに真上からの眺望を確認できるのであれば、周辺の雰囲気をつかむのにも役立つはずです。

従って、3D画像による内見でお気に入り物件を少数に絞り込み、最終確認として実際に自分の目で内見する方法を実践できれば、これまでにかかっていた時間や手間を大幅に軽減することも可能かもしれません。

まずはご自身の目で、これまでには無かった「3D画像内見」を試してみてはいかがでしょうか。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む