緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

賃貸に住みながらマンション投資を行うメリット

2018-04-03 コラム・ニュース


ひと昔前、特にバブル経済にわくころの日本では、マンション投資は「お金持ち」の行うイメージの強い資産運用でした。

それもそのはずで、当時のマンション投資と言えば「安く買った物件を高く売って利益を上げる」方法が主流。
短期的な投資による差益が目的とされていましたので、物件購入時にはキャッシュでの購入が断然お得だった訳です。(ローンだと金利などが発生するため)

ところが時代の流れとともに、マンション投資もそのスタイルを大きく変わらせるようになってきました。

「物件を購入して売り払う」スタイルから「物件を保持したまま家賃収入」を得るスタイルへと変遷していったのです。

この移り変わりにより、たとえローンで物件を購入したとしても毎月の家賃収入により、ローン返済をまかないながらの運用が可能となりました。
結果的にキャッシュに余裕のある人だけでなく、サラリーマンなどの副業としても人気を集めるようになったのです。

ではこのスタイルを活かしつつ、お得にマンション投資をするにはどのような方法が考えられるでしょうか?

最近人気なのが、「分譲マンションの購入資金をマンション投資に回し、自分は賃貸に住む」方法です。

例えば、以下のような事例がありました。

≪都心の新築マンションが売り出しに≫
・分譲での価格:3億円(新築プレミアムが価格に上乗せ)
・同じ間取りの物件が賃貸でも掲載:家賃67万円

このケースの場合、同一マンションにて分譲と賃貸、両方が募集に出されている形となります。
最近このような物件はよく目にしますよね。

ではこの例を基に、どのようにマンション投資に活かせるのでしょうか?

まず上記の物件を分譲で購入するとなると、「新築プレミアム価格が上乗せ」されて明らかな割高となります。

その為、同じ間取りの物件をあえて賃貸で借りて住みながら、分譲の購入費に考えていたお金をマンション投資に回す方法が考えられます。

あえて割高になっている物件を購入するのではなく、利回りの良い3億円の物件を購入し、利回り5%で運用できるなら、年間で1,500万円の家賃収入を得られるのです。

自分の家自体は賃貸で借りているため、月々67万円の家賃でも年間でおよそ800万円程度。家賃収入と差し引きしてもおよそ700万円が残ることになりますから、資産を大きく有効活用できていると言えるでしょう。

このように、自宅購入を考えている人にとっても、考え方次第では購入費をマンション投資に回した方が効率良く資産運用を進められるパターンもある訳です。

「賃貸に住みながら資産運用を同時に進める」

発想の転換をうまく使いながら、新しいスタイルのマンション投資に今後も注目していきましょう。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む