緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

「ホームステージング」が空室対策に効果的?

2018-04-19 コラム・ニュース


マンション投資、アパート経営を進めるうえでの大きなリスクと言えば、やはり「空室リスク」ではないでしょうか。

家賃収入が唯一の収益源である賃貸物件提供型の投資では、空室=収益が出ないことを示すため、無視できないリスクであることは間違いありません。

そんな空室リスクと関連して、ここ最近「ホームステージング」という言葉が良く露出するようになったのをご存知でしょうか?

実はこのホームステージング、元々不動産売買取引で用いられていた手法なのですが、最近では賃貸物件の空室対策に用いる人も増えてきているというのです。

では簡潔に、ホームステージングの概要をまとめてみましょう。

・1970年代、アメリカで生まれ、その後欧米諸国に広まっていった
・日本に普及しだしたのはごく最近
・本来のホームステージングとは、中古住宅を売却する際に素敵なインテリアなどを配置して、室内を魅力的な空間に仕立て上げるもの

モデルルームなどでは、雰囲気を出すために家具や家電製品をはじめとしたインテリアを充実させ、顧客の購買意欲を沸かせようとするものですよね?

ホームステージングの狙いもこれと似ていて、たとえ中古の物件であろうと、よりリアルな空間を演出するため、物件の魅力をできる限り引き出す工夫のひとつなのです。

こうして仕組みを知ると、なぜ今までホームステージングが日本で広がらなかったのか?と思われるかもしれません。

その理由は外国との住宅市場の特殊性の違いにあり、例えば日本の住宅市場では圧倒的に新築物件が多いのに対し、アメリカの住宅市場だと約9割は中古住宅が占めるという大きなギャップが主な理由として挙げられます。

ところが、2013年にようやくというべきか「日本ホームステージング協会」が設立されたのをきっかけに風向きは変わり始めました。

昨今の不動産投資ブームの影響もあり、供給過多に陥る割合が増加して、顧客獲得の競争は激化。
以前以上に空室対策が難しくなってきたところ、やっとこのホームステージングが注目されるようになってきた訳です。

もちろんまだまだ普及は発展途中と言えますが、ホームステージングをうまく活用し、消費者の「住みたい!」という意欲を高められれば、入居者の早期獲得にもつながるのは想像に難しくないでしょう。

欧米では当たり前となっているホームステージング。

日本でも同様の光景が広がるようになるのは、そう遠い未来ではないかもしれません。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む