緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

アパート経営・マンション経営に必要な初期投資

2016-05-19 コラム・ニュース


アパート経営・マンション経営を始める際には必ず「初期投資」が必要になります。

上手にアパート経営・マンション経営を始めるためには、どの程度の金額を初期投資の費用として準備しておく必要があるのか、ある程度把握しておくことをおすすめします。

■ローンの利用金額によって異なる初期投資の費用

アパート経営・マンション経営に必要な初期投資の金額は、どれだけのローンを利用できるのかによって異なってきます。

まず、アパート経営・マンション経営をするためには、収益物件を購入するか、建築することが必要になります。

そのために必要な資金や諸費用を試算してみましょう。そこからローンで調達できる金額を差し引いた金額が初期投資に必要な金額となります。

初期投資の金額は、個別の用件によって様々ですので、一概に示すことはできませんが、実際に必要な金額がどのくらいになるのかを大まかに知っておくことは大切です。

「だいたいこれくらいあれば大丈夫」ということが分かっていれば、アパート経営・マンション経営は、比較的始めやすくなります。

■諸費用とは?

アパート経営・マンション経営で収益物件を取得するときには、仲介手数料や不動産取得税など、様々な費用が必要となってきます。

これらを合計すると、大抵の場合、物件価格の1割くらいになると考えられています。

もう少し安くすることができる方法もありますが、大まかに見積もってこれくらいは必要になると考えておく方が、後々困ったことにならず、スムーズに経営を始めることができます。

■融資はどのくらい受けられるか

アパート経営・マンション経営を始めるには、ローンで資金調達をする必要があります。

一般的には、物件価格の7割~8割くらいは融資してもらうことができると考えられていますので、物件の購入のためにまず必要となる現金は、物件価格の2割~3割程度になると考えておくのが妥当しょう。

交渉を行えば、もっと多くの融資を得られることもありますが、初期投資にかかる費用は多めに見積もっておいた方が楽ですので、一般的な数字を基準に試算しておきます。

■初期投資費用の試算方法

初期投資に必要な費用試算のために、まず購入したいアパートやマンションの価格を調査しておきましょう。

次に、購入しようと考えているアパートやマンション(収益物件)を取得するときにかかる費用を考えます。

7~8割をローンで調達することができると考えた場合、2割~3割分の頭金を現金で準備しておく必要があるということになります。

更に物件の1割分程度の諸費用がかかるとすると、物件価格の3割~4割くらいの資金を初期投資の金額として準備できれば、アパート経営・マンション経営は比較的始めやすくなるということになります。

アパート経営・マンション経営を始める際にはまず、このことを念頭に入れておき、初期投資に必要な資金を試算した上で、現在どのくらいの投資が可能か、確認してみましょう。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む