緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

アパート経営の実態とは?

2017-07-01 コラム・ニュース


マンション投資 アパート経営 実態

資産運用の手段としてアパート経営をしているといった方はたくさんいると思います。

またこれからアパート経営をしていこうとお考えの方もいるのではないでしょうか。

アパート経営とは儲かるのか?といった事やどれくらいの費用がかかるのか?といった事を知りたいといった方もいるのではないでしょうか。

ですのでここではアパート経営の実態とはどのようなものなのかといった事を解説していきたいと思います。

これから資産運用としてアパート経営などのマンション投資をお考えの方はぜひここでアパート経営とはどのようなものなのかといった事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

アパート経営でかかる経費は?

それではまずアパート経営で必要となる経費とはどのようなものがあるのかといった事を紹介していきたいと思います。

アパート経営をする上でかかる経費をしっかりと把握するといった事はとても大事なポイントとなりますのでしっかりとアパート経営でかかる経費は把握しておきましょう。

アパート経営における経費の重要性

まず先にアパート経営において経費を知る事の重要性を解説していきたいと思います。

マンション投資において経費を計上する事で手元にお金が残るというように言われています。

経費というのは売上を上げる事において非常に大事な物で売上を上げるために使うお金が経費という事になります。

アパート経営では経費を最大化し、利益を圧縮する事が大事だと言われています。

ですのでアパート経営をする際には経費を抑える事だけを考えるのではなく売上を上げるために経費を使うといった事も考えていく必要があるのだと思います。

アパート経営に必要な経費の種類は?

ここではアパート経営に必要な経費とはどのようなものがあるのかといった事を解説していきたいと思います。

アパート経営において経費を把握しておくことはとても重要なのでしっかりとチェックをしておきましょう。

①管理費

まずアパート経営で必要になる経費は管理費です。

管理費とは管理会社などの建物のオーナーに毎月払う経費の事を指します。

管理費はエレベーターや電気回線、排水管の電気回線などといった建物の設備の修理などにあてる費用の事です。

②賃貸管理代行手数料

こちらは管理会社に支払う必用のある経費の事です。

賃貸管理代行手数料は管理会社に支払う事により家賃の集金代行や入居者の募集、入居中のトラブルの対応など様々な事を代わりにやってくれます。

アパート経営において自分ですべてやるのは非常に大変だと思います。

ほとんどのアパート経営をしているといった方は大抵管理会社に頼んでいるようですね。

③修繕積立金

修繕積立金とは先々の建物全体の修繕に当てる目的で毎月管理会社に支払う経費の事です。

アパートは年月が経つにつれ建物に直すべき個所が出てくるものです。

修繕積立金も経費の中に入れて計算をしましょう。

④損害保険料

こちらはアパートにかけた火災保険や地震保険などの事を指します。

火災保険や地震保険はほとんどの場合加入する事になると思いますのでこちらもしっかりと経費として計上しましょう。

⑤減価償却費

減価償却費とは物件の購入時にかかった費用を月々の分割に振り分けて計上した場合の経費の事を指します。

⑥修繕費

修繕費とは入居者が出て行った際にかかるエアコンや給湯器などの設備交換にかかる費用の事を指します。

また修繕費が物件の原状回復ではなく物件の価値を上げるための物に使われたといった場合定められた期間で分割した経費として計上します。

こういった場合の支出の事を資本的支出というようです。

⑦各種税金

アパート購入の際にかかる取得税やアパートを保有している事でかかってくる固定資産税などといった税金も経費として計上する事が可能です。

経費に計上できる税金には不動産取得税、固定資産税、印紙税、事業税といったものがあります。

また所得税や住民税は計上する事の出来ない税金となっているようです。

⑧ローンの利息部分

ローンを組んでアパートを購入した場合ローンの返済額の利息の部分は経費として計上する事が出来ます。

⑨ローン保証料

ローンを支払う事が難しくなったといった場合に信用保証会に支払いを保証してもらうための費用です。

アパートを購入する際に契約する物でこちらは経費として計上する事が可能となっております。

⑩旅費交通費

アパート経営の際に生じた運営管理費や管理会社や入居者とのやり取りの際に使った交通費などなどといった費用は経費として計上する事が出来ます。

自己所有の車で移動した際のガソリン代や駐車料金も計上する事が出来ます。

⑪通信費

アパートの運営管理や管理会社、入居者とのやり取りの際に発生した通話料金やインターネット料金、郵便費などは経費として計上する事が出来ます。

アパート経営専用の携帯を使用しているのならば問題ないですがプライベートでも利用している場合は全体の40%位に抑えるのが良いそうです。

⑫新聞や書籍代

アパート経営をするにあたっての不動産市場や経済動向などといった経営に必要な知識を勉強するために使った新聞代や書籍代は経費として計上する事が出来ます。

⑬接待交際費

アパート経営の際、管理会社や不動産会社、税理士などとの打ち合わせでかかった飲食費や手土産代などは経費として計上する事が可能となっています。

⑭消耗品等の費用

物件の広告などに使うための道具などアパート経営に必要な物品の購入費用は経費として計上する事が可能です。

⑮外注費用

確定申告などにおいて依頼した税理士や何かトラブルが起こった際に依頼をした弁護士などに支払った報酬も経費として計上する事が出来ます。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む