緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション投資による節税効果とは?

2017-07-07 マンション投資


マンション投資

マンション投資によるメリットは、半永久的に得られる不動産収入による不労所得だけでは有りません。

もう1つ安定的に末永く得られるメリットとして、「節税」が挙げられます。

マンション投資は赤字が出れば出るほど税金を節税することができます。

単刀直入に分かり易く、一言で言いますと、不動産購入後の確定申告で、経費計上を赤字申告すればいいのです。

マンション投資による節税とは具体的にはどのようなものなのか、実際にどの程度の節税に繋がるのか、明確に答える事が出来る方はほとんどいらっしゃらないかと思います。

後述では、マンション投資に興味を持たれている方々が、投資マンションの資産運用による節税方法の正しい見識を広められますよう、「マンション投資による節税」について詳しく説明していきたいと思います。

マンション投資による節税の仕組み

先ず、マンション投資による節税の仕組みについて説明していきたいと思います。

マンション投資によって節税が出来るのは有名ですが、どういった種類の税金がどれ程の割合で、何故マンション投資が節税に繋がるのか説明していきます。

マンション投資による節税方法の正しい知識をきちんと身に付けることができれば、より大きな金額の節税を見込めるようになります。

近年、マンション投資によって不労所得としての副収入を得ている方の多くが一般的なサラリーマンですが、個人で営んでいるマンション投資も立派な節税効果があります。

マンション投資によって節税できる税金は大きく分けて2種類あります。

1つ目は所得税、もう2つ目は相続税です。

1つ目の所得税についてですが、分かり易く言うと、一般的なサラリーマンの方は給与所得から所得税が引かれていますが、マンション投資をすることによって赤字計上された金額分の所得税を返金して貰う事が可能なのです。

なぜなら給与所得と赤字計上してある不動産所得を合算した所得金額から納税額を割り出す為です。確定申告を自身で行えば勤務先にも知られることはまず有り得ません。

所得税は安い金額では無いので、取り戻すことが出来れば非常に大きなメリットとなります。

マンション投資額がそれ程大きくなくても、不動産による節税効果は永続的に見込むことが出来るので、やはりマンション投資は自信を持ってお勧め出来る投資方法です。

もう1つの相続税ですが、なんと相続税は現金を不動産に替えるだけで、財産評価額を約30%近くまで押さえることが出来るのです。

よって、財産評価額が大幅に下がった後の評価金額に対して相続税が決定するので、結果、相続税評価額はグッと安くなり、投資用不動産によるマンション経営の素晴らしさを改めて実感することになります。

マンション投資による節税方法

マンション投資による不動産経営によって可能な節税方法について、もっと詳しく知識の深耕を深めていきましょう。

勤労所得として収入額に応じた納税済み分の所得税を取り戻す為、マンション投資を赤字計上して確定申告をすればいい、とは言っても、「赤字ってそもそもにして大丈夫なの?」と心配になりませんか。

しかし赤字でも大丈夫なので安心して下さい。なぜならマンション投資での赤字計上は、実際のお金の動きのことを言う訳ではないからです。

マンション投資による赤字は実際に動いた収支金額ではなく、帳簿上での金額によるものを指します。

マンション経営では現実にお金の支出が無かったとしても、計算上の支出、所謂「減価償却費」として毎年の確定申告で赤字計上していけばいいのです。

投資不動産における減価償却とは、購入後の経年劣化と共にその不動産価値が低くなっていっているということで、実際は対して不動産価値が低くなってはいなくても、必要経費・損失金額として赤字と認められる事を言います。

即ち、帳簿上では赤字計上でも、実際には家賃収入等で安定した収入が継続的に有り、それとは別で+α税金まで戻ってくるという訳です。

マンション投資を始めたら、赤字計上は怖いものではないのです。

不動産コンサルタントFP事務所では赤字計上のための「減価償却費」の計上等の他、投資用不動産だからこその現金資産よりも遥かに効果的な相続税対策を含め、様々なマンション投資に関わる知識を惜しまず伝授致します。

マンション経営によって、不動産収入を得つつ、賢く節税をし、将来的には最小限の相続税で不動産という大きな財産を大切な御家族に残しませんか。

マンション投資によるマンション経営は、安定的で継続的な不動産収益を得られるだけではなく、節税対策にも特化しているので税金も安く済み、更には相続税対策としても現金相続の約30%の納税で済んでしまうという素晴らしい資産運用なのです。

マンション投資による節税と年収の関連は?

平均的な年収の一般サラリーマンがマンション投資を行うと、一体どれほどの節税に繋がるのでしょうか。

所得税は給与所得の金額に応じて納税する額が決まる訳ですが、もしも投資不動産を所有していて、その不動産所得が上記で説明させて頂いた様に帳簿上の赤字計上によってゼロ、若しくはマイナスだったらどうでしょうか。

給与所得から不動産所得の赤字金額分を差し引いた残りの所得で所得税は計算されるので、必然的に納税額は下がり、大きな節税に繋がる結果となります。

当然ながら個々の収入別に所得税の納税額は変わり、所得が多くなればなるほど納税額も大きな金額になります。

では、年収別に考えてそれぞれどういった不動産を所有することが最も効果的な節税効果を導くのでしょうか。 基本的には上限として納めた税額分の金額が確定申告によって返還されるわけですから、ご購入者様の収入に応じて投資用マンションも購入・減価償却による赤字計上によって節税していくのが最も良い資産運用と考えます。

マンション投資による節税効果は年収の高い低いに関わらず、赤字計上のコツさえ掴めば給与所得により発生した納税済みの所得税を最大限に取り戻す事が可能です。

そして相続対策と言って直ぐに対策したいものも節税です。

相続発生から10ヶ月以内に現金一括納付によるノンストップの即入金、それが相続税です。資金不足による納入不可能は許されません。

投資不動産の購入は相続税評価額を購入金額の約30%近くにまで減額できるので、相続税を非常に安くあげることが出来ます。

あらゆる節税対策の面において、投資不動産の購入による節税効果は抜群に高いと言えます。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む