緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション投資の種類と特徴

2017-07-12 マンション投資


マンション投資のメリットとは?

まずはマンション投資のメリットについての説明です。ワンルームマンションへの投資の主なメリットは3つあります。 ●初期費用が安く抑えられる

マンション投資は小額ではじめることができます。

自己資金が少ない投資家や、多額のローンを借りたくない投資家にとっては大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

ワンルームマンションの場合、地域差や物件の築年数により差がありますが、投資金額が1000万円前後でおさまる物件を見つけることも可能です。

土地付の戸建て住宅の場合は、その程度の予算ではなかなか物件を見つけることが難しく、魅力的な物件になると1億円を超えることも珍しくありません。

そのため、戸建賃貸住宅物件を手に入れる場合は、相当な頭金を用意する必要があります。

そのため、少額で投資できるのは大きなメリットなのです。 ●流動性が高い

流動性の高さにも注目が集まっています。流動性とは、言いかえれば「換金しやすさ」です。

物件購入後、事情によっては物件を売却し現金を得る必要に迫られるケースもあります。

その時は物件を売却することになりますが、ワンルームマンションの売買価格はマンション投資の中では少額ですので、投資家向けや居住者向けの需要が比較的多くあります。

そのため、売り出しから売却完了までの期間が短くて済み、早めに現金を手にすることができます。

戸建て住宅の場合は、売買金額が大きく、購入対象者が限られることもあり、売却できるまでに長期間かかるケースもあります。 ●マンション管理の手間がかからない

賃貸管理の手間が少なくて済むことも特徴のひとつとして挙げることができ、これも投資家にとっては大きなメリットです。

ワンルームマンションの場合、一般的には管理会社に管理を任せることになります。

そうすれば、家賃回収や修繕対応、入居者の審査、さらには定期点検などについてすべて対応してもらえますので、投資家自身には手間がかからないのです。

ワマンション投資に適した人は?

マンション投資と言っても、不動産のタイプによって、向きと不向きがあります。

では、ワンルームマンション投資に適した人はどういう人でしょうか。

大きく2つのパターンに分けられます。

マンション投資が初心者の方

・サラリーマンなど副業としてマンション投資をされる方

ワンルームマンションは、一棟マンションなどの一棟物件を投資タイプに比べ、初期費用が安く抑えられることと管理しやすいことから、マンション投資に経験が少ない初心者や、本業が忙しいサラリーマンなどあまり管理などに時間をかけられない方には適していると言えるでしょう。

マンション投資の種類とは?

マンション投資初心者の方は、いくつかの種類があるマンション投資の中身についても正しく理解しておくようにしましょう。

勉強すべきことはあってもそれがマンション投資における成功への近道となります。 ●一棟マンション投資

マンションを一棟丸ごとで所有し賃貸経営する投資です。

投資金額も高くなり、億単位で物件を取り扱うようになります。

戸数によっては(20室以下の小規模)1億以下で購入できる物件もあるため、近年では個人投資家の参入も増えてきています。 ●アパート投資

一棟所有することはマンションと同じですがが、構造面や設備面でマンションよりも手軽な物件と言えるでしょう。

木造や鉄骨造が一般的でエレベーターもないため、マンション投資よりもメンテナンス管理に費用がかかることはありません。

都市部でも5~6千万円の価格で買える物件も多くあります。 ●戸建て投資

転勤などで一時的に住めなくなった持ち家を、法人の社宅貸しなどで賃貸に出すケースです。

だがここ数年は空き家増加問題の影響で手に入れやすい物件が増え、多くの投資家が戸建て賃貸を運営しています。

マンション投資と同じで一室が空室になると家賃がゼロになるのが難点と言えますが、シェアハウスなどに活用できれば、収益性を高めることが可能です。 ●マンション投資

区分所有マンション(分譲)の一室を所有し賃貸に出し家賃収入を得る方法です。

一言にマンション投資といっても、ワンルーム、ファミリー、コンパクトタイプ、SOHO対応、都市部、地方等とその物件特徴は様々だ。手軽な資金で始められるワンルームタイプが注目されがちだが、しっかりと他のタイプとの違いを理解することが重要です。 ●その他のマンション投資

不動産を活用した投資方法はまだまだ他にもあります。

トランクルーム、コンテナ倉庫、事業物件のスペース賃貸、そして民泊などです。

これらの投資は先にあげた4つの王道タイプの変化形だと考えるとわかりやすいかもしれません。

まずは4つの基本的な物件の種類と特徴を理解しておきましょう。

マンション投資関連注目ワード

高めで推移しているマンションの価格市場で賃貸経営を成功させるには、ニーズの調査が重要です。

マンション投資でもアイディア一つで収益性の高い物件として賃貸することも可能なのです。

そんな物件を探すために2017年の注目すべきキーワードは次の3つ。 ●多目的用途

急速な人口の減少はこれからもっと深刻化していきます。

今は人の数より住居の数のほうが圧倒的に多いのです。

住居以外の用途でも賃貸できるマンションなら強みになります。

今注目されているスペース貸しやSOHOタイプの賃貸です。

使用料なら定額の家賃より高めの収益が見込め、SOHOタイプで住と職を兼ね備える物件は、事業用と賃貸用との間で設定した家賃が取れる。

注意すべき点は使用制限のある管理規約がないマンションを見つけ出す必要があることでしょう。 ●インバウンド

インバウンドと聞くと、「民泊」をイメージするのではないでしょうか。

しかし政府の指導や新規定等から現状では分譲マンションでの民泊経営を行うことが難しくなっています。

このような状況では観光客に限らず長期的に日本を訪れる外国人もどんどん増加していることにも注目すべきでしょう。

まだまだ「外国人お断り」の賃貸物件が大半で、きっちりとした在留資格を保持し合法的に日本に滞在する外国人を他の大家が受け入れないのであれば、それをチャンスととらえることもできるのです。

また、外国人専門の不動産賃貸管理会社も登場しているので管理に不安を持つ必要もありません。 ●オーナーチェンジ

入居者付で売りに出されている物件は「オーナーチェンジ」と呼ばれています。

マンション投資の撤退者もいれば、資産組み換えのための売却物件が市場に出回りだしているための現象と言えるでしょう。

このような入居者付で買うことも初めての投資には適しています。

但し、基本的に内覧が不可能なので売主が購入した際に撮影した内部の写真やリフォーム内容の詳細、家賃が未納になっていないかなどの確認は必須と言えます。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む