緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

不動産投資の人気が高まる今、資産運用のポイントとは?

2017-11-14 マンション投資


マンション投資のメリットとデメリット

マンション投資とは、利益を得ることを目的として不動産に投資することを指します。

具体的な例を表すと、アパートやマンションなどを購入して家賃収入を得たり、購入した物件の価値が上がった時に売却し、その差額で利益を得るといった方法があり、近年では前者である家賃収入が主流となっています。

 また、サラリーマンや公務員として働きながらマンション投資を始める方、つまり副業という形で利用されている方が年々増えていく傾向があります。

■マンション投資のメリット

 マンション投資のメリットは、株やFXと比べ、不労所得で利益を得ることができるためサラリーマンなどの本業をされていて忙しい方でも取り組めるという点です。

不労所得とは働かずとも得られる収入または収入減を指します。

FXや株などでは動向を随時チェックして資産形成する必要があるのに対し、マンション投資では、専門の会社に任せ管理等を行うことができるので時間を割くことなく利益を得ることができます。

■マンション投資のデメリット

 マンション投資のデメリットは、株やFXと比べると低リスクではありますが低リスクといえどリスクはあるという点です。

マンションやアパートを購入しても実際に人が住んでくれないと意味がありません。

空室では家賃収入も入らず、維持費やリフォーム代だけがかさんでしまいます。

また、近年では少子高齢化も進んでおり、新たな賃貸需要は見込めません。

貯蓄から運用の時代へ

お金を銀行に預けるだけでそれなりに利息が付いた時代は終わり、超低金利のいま、資産運用はある程度のリスクを取らなくてはリターンが見込めない時代になっています。

かといって不安定な社会情勢ですからリスクの高い金融商品も手が出しにくく、ローリスクな商品に注目が集まっています。

そんな中マンション投資の世界ではローリスクミドルリターンの商品として、都心を中心に若年給与所得者のワンルームマンション投資が盛んに行われています。

マンション投資というと多額の資産が必要で、一部の富裕層の世界の話というイメージがあるかもしれませんが、数百万円から投資できるワンルームマンションなら金融資産の少ないうちから堅実に収入源を増やせるということで20代の不動産オーナーが多数誕生しています。

多くは一般的な収入のサラリーマンオーナーで、特に女性の投資家が話題になっています。

バブル崩壊後の不況で育ってきた若い人は堅実で、余裕がある独身のうちに資産防衛対策をしようという人が多いようです。

またワンルームの賃貸物件はターゲット層が身近な学生や単身の社会人であるため、不動産の知識が乏しい人でも需要がイメージしやすいことも人気の理由です。

今後も東京を始めとした大都市圏への人口集中は続くと見られており、利便性の高い立地の単身向け物件は将来にわたって安定的な需要が見込めるとされています。

ワンルームマンションで得た利益とノウハウをもとに2件3件と物件を増やす人や、1棟マンションの投資へと本格的な不動産経営者としてのキャリアを積んでいる人も多いです。

資産運用で人気の種類

資産運用の種類についてみていくと、リスクを抑えたものとしては、預貯金や国際、外貨預金などの種類が存在します。

この資産運用の特色としては、運用が安全である反面、利益の点からすれば、期待性には乏しいといえます。

そして、ある程度のリスクが生じるかわりに、見返りについてもある程度のものが望めるものとして挙げられる資産運用の種類についてみれば、株式投資や投資信託などを始め、近時で注目を浴びているマンション投資が該当します。

その投資商品によって左右されるものの、ある程度の大きな利益が見込まれるのです。

最もリスクの大きいかわりに見返りも大きなものとしては、FXが該当します。

そして、先物取引もこれに該当するのですが、多大なリスクがあるとされていますから、投資するに際しては、充分に注意を払うべきです。

このうち、低リスクのかわりに資産運用できているか否かについては、疑問といわざるを得ません。

もし、金利の高さを重視するのであれば、ネット銀行を用いてみてはいかがでしょう。

他方、外貨預金であれば、年率が5パーセントを上回ることもあるために、人気を博しています。

ただ、金利面と比較して、為替変動のリスクが生じてくるために、もし今後円高に至るような事態に陥ることを懸念せざるを得ないのです。

そして、個人向け国債については、固定金利であれば、資産運用としては利益が薄いといえるでしょうが、変動10のタイプであれば、1パーセント程度に至ったこともあることから、金利の上昇に期待できるといえます。

資産運用は長期的なスパンで見ることが大事

資産運用には、様々な投資商品があるのですが、投資を行うことによって、一時期に損失を被ったとしても、それは一過性のものであって、資産運用全体としてみれば、さほど重大な影響を及ぼすものではないとされています。

資産運用で重要なポイントは、投資における配分であり、実は資産運用の成否を分けるのは資産配分といっても過言ではないのです。

資産運用を成功させるためには、まず、どのような資産とするのか、目標を具現化することです。

上記でも述べたとおり、目標が定かでなれば、一過性の取引などに惑わされかねず、資産運用全体として悪影響を及ぼしかねないのです。

そして、どの時点で投資対象となる商品を売却するかを事前に決定しておくことです。

価値が減少した際には特に損失回避に繋がってくるのです。

資産運用するに際しては、いくつかの投資先を設けておき、分けて投資することが望ましいのです。

その投資対象における価値が減少することもありうるために、リスク回避の点でも分散投資はしておくことは必要不可欠といえるのです。

もし一つの投資先で損失を被ったとしても、別の投資先が好調であれば、全体としてみれば、資産運用に成功したといえるのです。

資産運用に際しては、どのようなものであっても下落のリスクがないとはいえません。

また、見返りがある場合であれば、リスクが大きければ大きいほど、大きくなっていく傾向にあります。

資産運用の種類を調査することも重要なのですが、危険性とその投資対象に投資することによる見返りについて、投資全体からみておくと把握しやすいといえるでしょう。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む