緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

不動産投資は長期的な視点で計画しよう

2017-10-11 マンション投資


setsuzei

マンション投資を行う際には、長期的なスパンで実践することを意識する取り組み方か望ましいと認識されています。

近年では十年単位での投資についてのプランニングを行う人が多く見受けられるようになり、その動きが話題を集めつつあります。

マンション投資に際しては、物件そのものへの投資や、賃貸経営による家賃収入の持続的な確保など、多彩な手法が選択肢に入るものとして捉えられています。

そのいずれの方法も、比較的長い期間でプランを練る必要があると考えられており、マンション投資をスタートする段階から長い目で見た計画が構成されています。

マンション投資に関するアドバイスを行う専門家からも、このような投資のプランの在り方はベストであると提唱されています。

また、投資を行う物件の価値を見極め、長いスパンで考える場合にリターンを得られるかどうかを判断していくことは、投資を進めるためには必要不可欠な考え方のひとつであると認識されています。

そしてここ数年は、物件への投資が盛んに展開され、長い期間にわたる投資についてのシミュレーションを欠かさず行うことも一般化しています。

家賃収入を得るために不動産への投資を行う投資家も、どの程度の入居者が生じるか想定したり、賃貸として貸し出す物件の価値を適切に判断したりすることが希求されています。

そのような視点を持ち、長期的な間隔でマンション投資のプランを構築していくことは、資産運用の大事な考えとして挙げられていくのではないかと見込まれています。

少ない資金から始められる中古マンションの経営

マンション投資が年金対策におすすめされる理由

マンションの経営の印象は、富裕層しかできないとか、高額の資金がいる、リスクがある、などを思い浮かべる人が多いと思います。

しかしマンション経営は、長年にわたり一定の収入を得られる可能性を秘めた投資手段と言えます。

毎月のローンは入ってくる家賃をまわして支払い、通常通りの暮らしでローンを少なくしていく事ができるので、少額の資金でもマンション投資が可能なのです。

更にマンションを購入する事によって資産や賃貸料が入ってくるだけでなく、団信に加入することで生命保険の役割も果たすという利点もあります。

中古マンションの利点ですが、まず新築の半額近くの価格での購入が可能です。

安いだけに2件の購入も可能で、空き室になった場合の対処法にもなります。

また初期の費用が少なく済むので利益も稼げます。

築12年程のマンションでも、3,4年でも家賃はあまり大きな差はありません。

マンション経営はローンで購入すると、毎月の支払いは家賃で済ませます。

差額が利益になりえます。

購入額もかなり安く、金利が低い今であれば毎月の支払いや支払い年数も短く済みます。

また中古マンションなら安価で中心部などの便利な地域の購入が可能です。

安いワンルームマンションの借り手は利便性を重視して探す事が多いのです。

それだけではなく、相続対策にも有効で、自分にもしもの事があれば家族に財産を残せます。

場合によって10万円から始められる事も可能など、様々な利点があります。

最近は普通のサラリーマンでも始める方がいて、検討に値すると思います。

マンション投資の今後の展望

7c7fd615a12183a5332c7364b599a804_s

マンション投資を行うに際しては、投資の対象となる物件は多様化の兆候が見受けられているのではないかと推測されています。

特定のタイプの物件に限らず、様々な種類の物件に投資を図ることで、リターンの得られる可能性を探る動向がスタンダードになってきています。

新築の不動産への投資が最も多い傾向にあると考えられていますが、戸建ての住宅やマンションなど、多種多彩な物件が投資対象として度々挙げられているのではないでしょうか。

昨今は、新しく建築された物件以外にも、既存の中古の戸建ての物件やマンションへも積極的に投資が展開されています。

こうした中古の物件への投資が活性化される背景には、低予算での投資のスタートを期待できる面や、着実に利益を得ることの見込まれる部分が関与しているとされ、投資家からの関心が強まる部分として挙げられているとみられています。

全国的なエリアで、中古物件への投資は盛んに展開されていると推測されています。

マンション投資の在り方が多様化していくことに関しては、投資家たちの戦略が細分化されることにも絡むものとみられています。

新しい物件と中古の物件の双方に上手く投資を分散させるケースも当たり前のように見受けられており、新たなメソッドによる不動産への投資も本格化するでしょう。

現在よりも多彩なスタイルによってマンション投資が実現され、多くの人が利益を確保することが期待されていくのではないでしょうか。

近年の顧客状況は変化している

旅行外国人

マンション投資の業界では、最近は借りる顧客に関する大きな変化が生じています。

以前と比べると、賃貸物件を借りる顧客が変わってきたのです。

というのも昨今では、外国人の方々が増加傾向にあります。

特に関東エリアはその傾向が顕著で、23区などでは至る所で外国人を見かける状況です。

そのエリアに居住したいと望む外国人としては、もちろん賃貸物件を検討する事になります。

外国人の人数が増えている訳ですから、賃貸に対するニーズも高まってくる訳です。

ちなみに外国人が賃貸物件を借りたいというニーズは、既に10年以上前からありました。

当時も多くの外国人は、物件自体は借りていたのです。

しかし当時はあまり外国人も多くなかったので、その件数自体は少ない状況でした。

ところが最近になってから、外国人の観光客が急増しています。

現に去年などは、観光客が2,000万人を超えているのです。

特に23区の北部や大阪エリアでは、その傾向が顕著でした。

何も観光客だけではありません。

日本で永住権を取得した上で、長らく働きたいと望んでいる外国人も、非常に多いのが実情です。

そういう方々としては、長期的に賃貸物件を借りる事もあるのです。

上記のような外国人に関する状況は、マンション投資にも少なからず大きな影響を及ぼしています。

以前は日本人に物件を貸し出すことが多かったのですが、最近では外国人の急増に伴い、マーケットの明らかな変化が生じている訳です。

ですからマンション投資で家賃収入を目的にするなら、外国人向けのサービスも検討される事になります。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む