緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

資産運用でお金を増やす方法とは?

2017-07-05 コラム・ニュース


money

近年、「資産運用が流行っている」とか「貯蓄の時代から、投資の時代になった」などとよく耳にすることが多くなったのではないでしょうか。

では、具体的にどのような資産運用、投資方法が人気を博しているのでしょうか。

まず、「資産運用」や「投資」と聞いてしまうとお金がある人に限られたもので、サラリーマンには関係ないことだと思っている人が意外にも非常に多くいらっしゃいます。

それは半分正解で、半分間違いと言えるでしょう。

それは、お金を増やす方法は無数にあり、人それぞれにその中のどんな投資方法が適しているのか違うからです。

資産運用で覚えておくべき注意点

「お金はお金のあるところに集まる」と言われるように、やはりお金を増やすためには、ある程度のお金が必要になります。

投資をするにしてもお金がなければ始められません。少額から始められる積立投資なども、数年運用するとなると結局は多額のお金を投資に回すことになります。

更に投資をする場合はいくら高利回りの投資を行っても、元手が少なければ利益も少なくなってしまいます。

では、元手が少ない方は投資を始めることはできないのでしょうか。

資産運用してお金を増やすことは夢物語となってしまうのでしょうか。

もちろんそんなことはありません。

初期費用0円から始めることができる資産運用もあるのです。

人気の資産運用で比較

初心者が資産運用を始めるときには、最低限の知識が必要となります。

一言で資産運用といってもいろいろな資産運用の種類があることを知っておいたほうがよいでしょう。

例えば、銀行の普通預金であっても、資産運用と言えるのです。

ただし、ご存知のようにあるかないかわからないほど利息が低いので、考えているような運用とは呼べないでしょう。

こういった身近な資産運用から不動産や株式の本格的な資産運用まで様々です。

また、外貨の相場変動を用いた資産運用で人気を博しているのがFXといわれる外為投資です。

これは初心者でしかも主婦などの女性が資産運用をして、1か月で数百万円も利益を出したという話もあるようです。

しかし、FXは非常にハイリスクハイリターンの資産運用と言われています。

マンション投資やマンション投資のように、形が残るものと違って、外為資産運用のようなスタイルは、追加で証拠金を納める追証と呼ばれる、資産運用の資金とは別に、さらにリスク保全のための資金も必要です。

マンション投資やマンション投資のように安心感があるものと違い、現在所持している資産がゼロになってしまう可能性だってあるのです。

初心者が資産運用をするときは、FXはあまりにもリスクが高い投資方法といえるでしょう。

資産運用なら株式投資とマンション投資、どちらがいいのか

マンション

●株式投資のメリット

取得時の価格と売却時の価格差を利用し、キャピタルゲインが得られることと、配当収入を得られることにあります。

例えば、2012年12月からアベノミクス相場がスタートして2015年7月に日経平均は2万円の大台をつけましたが、この間、ほとんどの株式が2倍から3倍に上昇しました。

ですから、上昇トレンドに乗りさえすれば、簡単に資産を倍増させることができます。

それに、多くの企業では利益に応じて配当を出しています。

上場企業の平均配当利回りは、2%台前半と言われていますので、銀行の定期預金に預けるよりはメリットが大きいと言えます。

●株式投資のデメリット

株価下落というデメリットがあります。2000年にはITバブルが崩壊し、2008年にはリーマンショックが発生し、世界中の株価が半値以下に暴落しました。

世界経済は循環しており、上昇トレンドが発生すれば下落トレンドも発生するのです。

●マンション投資のメリット

安定的な賃料収入が挙げられます。もちろん区分マンションやアパート投資など不動産にはさまざまな種類がありますが、平均して年間5%程度の実質利回りを得ることが可能です。

5%の年間実質利回りならば、10年間で50%の利回りとなりますので、老後資金の確保という面では安定感がありますね。

●マンション投資のデメリット

借主が退居してしまい、次の借主が見つかるまで時間がかかってしまうケースがあることです。

とくに現在、相続税対策でアパートを建設する人が急増していますが、この結果アパートの空室率が上昇していますが、この点は管理会社や不動産会社に任せておくことで、安定した家賃収入を得ることができますし、リスクヘッジとなることでしょう。

資産運用におけるマンション投資のまとめ

株式投資とマンション投資について簡単に説明してきました。

株式投資とマンション投資のメリットデメリットを比較し、現在の金融情勢を念頭に置くと、マンション投資の方がメリットが大きいのがお分かり頂けるのではないでしょうか。

もちろん、株式投資が悪いというわけではありませんが、株式市場は2015年に天井を打ったと判断されることもあります。

景気は循環しますので、今後数年間は景気動向や株価は、底の水準を探る動きを見せると考えている方が多いのが現実です。

一方、マンション投資は安定的に賃料収入を得ることができます。

マンション投資にも前述したデメリットはありますが、双方の特徴を把握することができれば、自分に見合った投資方法だということがお分かり頂けるのではないでしょうか。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む