緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

資産運用を検討している方が抑えておくべきポイント

2017-10-30 マンション投資


少額で開始できる資産運用の具体例

資産運用には、どのような種類があるのでしょうか。

資産を築き上げていくためには、多くの資金が必要になってくると考えている人は少ないといえます。

ただ、そのような大金がなくとも開始できる資産運用は存在するのです。

何百万円も用意せずとも、100万円以内で実践可能な資産運用もあります。

その1つがマンション投資なのですが、新築中古を問わずマンションなどの物件を所有し、これを第三者に賃貸して収益化する方法です。

また、物件を賃貸することによって、収益が安定化し、さらにほかの用途でローンを用い返済する際にも生命保険の代替ともなり得るのです。

そのほか、節税対策としてマンション投資を開始することもおすすめできます。

また、気になる賃料滞納に関しては、保証会社を介することによって回避できます。

もう1つの資産運用としては、外貨預金が挙げられます。

日本円で預貯金せずに、アメリカドルやユーロなどに換金して預貯金に供することを指します。

日本円の場合は長期間預けていたとしても金利は相当安いのですが、外貨の場合は高くなるために資産運用として推奨できるのです。

また、円に再度換金する際に、外貨へ換金した歳よりも円高でなければ、差益によって収益となります。

これに対して、日本円を日本国内で預金した場合には、金利が低いながらも元本につき保証されていることがメリットといえます。

期間からみる資産運用

お金を増やす手段は、複数あります。

それぞれ運用期間に関する違いがあるのです。

例えばデイトレなどの手段があります。

それで生計を立てている方々も多いですが、原則として短期的なスタイルになるのです。

長期ではありません。

また外貨などは、1ヶ月単位での取引が行われている事も、よくあります。

一度保有した外貨は、原則として1ヶ月前後は決済しないスタイルです。

上記のデイトレほど短くはありませんが、そこそこ中短期的なスタイルにはなります。

ところで多くの方々は、資産運用に関心を抱いています。

それで資産運用という表現が使われた時には、基本的には中長期的なスタイルになるのです。

したがって上記のデイトレなどは、資産運用とは少し異なります。

デイトレというのは、金融業界では投機などと表現される事もあります。

短期的な取引全般に対しては、その投機という表現が使われる訳です。

それに対して資産運用という表現が使われた時は、もっと長期的なスタイルですから、投機ではありません。

ちなみに具体的にどれ位の期間になるかは、色々な考え方はあります。

最低1年くらいは様子を見るべきという考え方もあれば、10年くらいの長期的スタンスで臨むべきというスタンスもあるのです。

現にマンション投資などは、確かに投機的な取引には不向きな一面があります。

家賃収入や物件売却などが主な収益源になりますから、だいたい数十年くらいは様子を見るスタンスになるでしょう。

資産運用という表現が使われた時は、このマンション投資ぐらいのの長期的スタンスを指す訳です。

投資信託での資産運用

銀行金利が記録的に低い昨今では銀行での定期預金を利用しても年率1%にも満たない運用益となってます。

資産運用と聞いて自己資産額に寄っても検討する物は多々ありますが、不動産(アパート・マンション投資)や数千円から投資出来る株式等多種多様な選択が可能です。

会社員であれば手間が掛からなかったり副業に該当しないもの等より検討する必要があるかと思います。

その中でも特に難しい知識が不要であり数千円から購入出来て投資額以上の損失が発生しないのが投資信託かと思います。

投資信託でも選択肢は沢山ありますが、近年人気なのは毎月分配型と言う毎月一定額は分配される商品が人気となっています。

中には金銭での分配を全く行わない商品や年に一回分配する商品なと目的に合わせて選定しても良いですし、数千円で購入出来るので試しに購入しても良いかと思います。

投資信託に限らずですが、金融商品は購入時や売却時に手数料が発生するのが一般的ですので購入して短期間(1年未満)で売却すると手数料分損する事もありますので、余裕資金での運用をお勧めします。

投資信託の中には購入手数料無料の商品も多数存在しますので、最初はそう言った商品を購入するのも良いと思います。

又、××証券で購入すれば手数料無料等の特定の販売経由だと手数料が無料になる商品もありますので複数の販売先を調べてから購入した方が良いです。

投資信託自体の種類としては、日本国内の株式に投資している物、国内でも特に××に投資している物、国内不動産に投資、アメリカ株式・不動産、アジア株式・不動産、多種多様にあります。

難しく考えて選んでも結局は購入・売却に掛かる手数料がどれくらいで年間どれくらいの利率で回るのかが一番重要となります。

投資信託自体が分散投資してますが、投資信託も複数タイプを購入すれば分散×分散となりますので全世界的な株安や恐慌時などでも下がらない組み合わせも可能かと思います。

運用益に関する確定申告

資産運用では、大きなお金が動きます。

そこそこ大きな予算を確保している方々が、お金を動かしていく都合上、税金などは大切なポイントになるのです。

大きなお金が動く時には、それに応じて納税額も高くなる傾向はあります。

そして、それは軽視できないポイントの1つなのです。

一番肝心な点は、まず納税額を計算しておく事です。

具体的にどれ位の税金が発生するかを知っていないと、いざ納税をする段階になって、大変困った事になってしまいかねません。

忘れた頃に大きな税金の請求が来て、困ってしまったという話は本当に多いです。

しかし事前に税金の計算を行っておけば、いざ納税の手続きをする際にも、冷静に対応できます。

ですから、具体的な数字は確認しておくのが望ましいでしょう。

それともう1つ肝心な点は、税金に関する正しい知識を身につけておく必要があります。

間違った知識を覚えてしまうと、後で苦労してしまうからです。

例えば、20万円という目安があります。

資産運用で利益が発生した数字が、20万円を超えていた時には、原則として確定申告は必要なのです。

逆に20万円を下回っていたなら、申告手続きは不要な事例もあります。

この20万という正しい知識をしっていない事には、後で面倒な状況になってしまいかねません。

「自分の資産運用の場合は、納税手続きは不要」と思い込んでいると、後日に調査が入ってしまう可能性もあるのです。

ですから資産運用で利益が発生した時は、税金に関する正しい知識を覚える必要があります。

資産運用のセミナーに参加して知識をつけましょう

資産運用では、知識はとても大切です。

少なくともリスクに関する知識だけは、抑えておく必要はあります。

資産運用というのは、全般的にリスクを伴います。

不動産物件などは、よく資産運用の為に活用されていますが、様々なリスクが存在するのです。

空室リスクや家賃回収のリスクなど、色々あります。

このリスクに関して勉強しておく事自体は、非常に大切です。

リスクの勉強を疎かにした結果、資産運用で失敗をしてしまい、大きな含み損が生じたという事例も多々あります。

数百万以上の損失が生じる事もありますから、よく勉強しておくべきでしょう。

では具体的にどうやって資産運用の勉強をすべきかと言うと、まず基本は書籍です。

幸いにも資産運用は、それなりに歴史もあります。

海外の方々などは資産運用を積極的に行っている事もあり、多くの書籍は刊行されているのです。

それを読んでおく事は、やはり大いに意味があります。

それと意外と軽視できないのは、資産運用に関するセミナーです。

例えば上記の不動産物件に関する投資会社などは、しばしばセミナーを実施しています。

会場形やWEB受講型などスタイルは色々ですが、それに参加をしていますと、運用に関する知識を効率良く学ぶ事はできます。

大体のセミナーは無料になりますが、中には参加費用が発生するセミナーもあるのです。

このような様々な手段を活用して、資産運用に関する知識を学ぶことは、とても大切です。

知識を学ぶのは多少の労力も求められますが、将来的な利益にも関わってきますし、勉強を怠らない事が大切です。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む