緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

資産運用のリスクについて

2017-10-17 マンション投資


資産運用

資産運用を検討する際には、具体的に動かすお金が1つのポイントになります。

何円でスタートすべきかという問題があるからです。

その数字は、よく考えておく方が良いでしょう。

例えば、生活資金を資産運用に充当するのはあまり良くありません。

生活資金というよりも、やはり余剰資金を動かす方が良いでしょう。

というのも資産運用には、リスクは存在するのです。

やはりノーリスクの運用方法は存在しません。

各商品によってリスクの度合いも異なりますが、元本割れなども起こり得るのです。

このため生活資金の大部分を資産運用で使ってしまいますと、面倒な事になってしまいかねません。

万が一の損失が生じた時には、生活に大きな支障が生じてしまうでしょう。

ですから、生活費からお金を捻出するのは良くありません。

やはり余剰資産にするべきでしょう。

もしくはマンション投資であれば、ローンを組むことが可能です。

手元に資産あるいは資金が無くても始めることができるのです。

資産運用の種類とリスク

資産運用の種類

資産運用を検討する時は、リスクの大きさも考える必要はあります。

というのも運用の選択肢も多彩で、それぞれリスクに関する違いはあるのです。

株や先物や不動産などもあれば、投資信託や債券など多彩なのです。

それで上記で挙げた中では、債券などは比較的リスクが低めです。

身近な例では、個人向け国債などがあります。

国が発行している債権だけに、株と比べればリスクは低めなのです。

そのリスクの低さに魅力を感じて、国債を検討する方々も多いです。

外国債などに関心を抱いている方々も、よく見かけます。

それに比べると株の場合は、明らかにリスクは高いでしょう。

1日で100万以上の損失が生じたという話も、よく聞きます。

ですから株は、リスク対策を考えておくべきなのです。

上記の要素だけを考慮すると、個人向け国債の方が良さそうに見えます。

ですが株という手段にも、メリットはあるのです。

短期で大きなお金が動くからです。

債券の場合は、確かに確実に利益を生み出せる傾向はありますが、かなり時間がかかります。

数年や数十年ほどかけて様子を見る事になるからです。

それに対して株の場合は、かなり短期で大きく動きます。

ですから株でしたら、短期で大きな利益が生じる可能性もあるのです。

もちろんリスクがあるので、要注意です。

このように資産運用の方法は、それぞれリスクの大きさと利益発生の期間に関する違いがあります。

やはりリスクと利益のバランスをよく見極めた上で、最適な運用手段を選ぶと良いでしょう。

よく聞く高値掴み、底値掴みって何?

資産運用

資産運用には、色々と専門的な表現があります。

その1つが高値掴みです。

高いタイミングで買わない方が良いという考え方です。

例えば、不動産物件の売買を行うとします。

もちろん不動産の価格は、状況に応じて動きます。

ある時までは4,000万円でも、状況に応じて5,000万円台などと、高くなる事はあります。

もちろん不動産だけでなく、株や外貨なども同様です。

もちろん価格が上昇してくれれば、利益は発生するでしょう。

ですから、高いタイミングで買うべきでは無いのです。

例えばある時のドルの価格が、130円台だとします。

かなり長い年月をかけて上昇したので、そろそろ下がってもおかしくありません。

こういう時には、ドルを買わない方が良い事も多いです。

なぜなら、下がる可能性も大いにあるからです。

この130円というタイミングで買ってしまい、ドルの大暴落で100円台に下がると、それこそ大損失になるでしょう。

このような資産運用の失敗例は本当に多いので、注意が必要です。

逆に、良いやり方もあります。

上記のような大暴落が発生しているタイミングで買ってみるのは、悪くないでしょう。

少々極端な例ですが、ドルが相当下がって70円台になったとします。

そろそろドルのレートが戻りそうな時などは、買ってみるのも良いでしょう。

高値掴みは良くないのですが、底値の状態で買ってみるのは、意外と良い結果に結び付く事も多いです。

このように現在価格が高値圏か底値圏かを見極めた上で、資産運用をしていくのが大切だと言えるでしょう。

資産運用は人工知能の時代に

資産運用

資産運用の種類によっては、かなりハイテクなシステムを導入している事があります。

実は人工知能なども、資産運用には大きく関わっているのです。

現にある金融会社が、ロボットによるアドバイスを宣伝しています。

ロボットが、資産運用に関する提案をしてくれるのです。

本来は、資産運用をする為には自分で情報を整理しなければなりません。

最近の経済の動向にアンテナを張る必要はありますし、様々な数字も分析する必要はあります。

しかし情報を整理していると、混乱してしまう事も意外と多いのです。

資産運用の為にニュースに目を通している方々も多いですが、あまり情報が多いと、かえって混乱する事もよくあります。

情報の取捨選択は簡単ではないのです。

ところが上記の人工知能などのロボットによるアドバイスは、意外と的確だと見込まれています。

人工知能ですから、コンピューターが様々な情報を分析してくれるのです。

もちろんコンピューターなだけに、数字は非常に正確です。

自力で手計算をするよりは、遥かに正確な数字を算出できるでしょう。

また人工知能でしたら、極めて冷静に判断をしてくれます。

何か主観を交えて、アドバイスをする訳でもありません。

極めて合理的かつ論理的なのです。

現に人工知能のアドバイスは、利益率もそこそこ期待できます。

様々な数字を根拠にしたアドバイスなのですから、説得力もあるでしょう。

このようなハイテク技術の情報を参考にして、資産運用してみるのも、意外と悪くない手段と言えます。

時には、人工知能のアドバイスにも耳を傾けてみると良いでしょう。

資産運用で注意しておくべきリスクヘッジとは

資産運用

資産運用をするなら、万が一の事も考えておく必要はあります。

マイナスになった時にどのような対応をするかは、想定しておくべきでしょう。

例えば100万という資金で、資産運用を始めたとします。

それで、最初の内は順調でした。

特に何も問題はなく、半年後には103万円になったとします。

しかし運用の成績は、必ずしも順調であるとは限りません。

残念ながら1年後には損失が発生し、90万円台になる事もあるのです。

元本割れは決して珍しい事では無いので、注意が必要です。

それで肝心なのは、上記のように90万円台になった時に、どのようなアクションを起こすかです。

それを、きちんと想定しておく必要があります。

そもそも、まず90万に下がる可能性がある事では、強く意識しておくべきでしょう。

資産運用はノーリスクではないのです。

また90万に下がった時に、具体的に何をするかもシミュレーションしておく必要はあります。

これ以上損失が拡大するのは良くないので、損切りを行う手段もあるでしょう。

そうかと思えば、しばらく様子を見てみる選択肢もあります。

正解は1つではないのです。

それで肝心なのは、そのようなシミュレーションを実行する事自体です。

実行しないのが、一番良くありません。

残念ながら資産運用が全く初めての方々は、そのシミュレーション自体を完全に怠っている事があります。

それで元本割れが発生して、ようやくリスクを実感できるという事例は本当に多いのです。

しかし元本割れが発生してからでは、少々遅いでしょう。

そうなった時にどうするかは、熟考しておく必要はあります。

それは資産運用のセオリーの1つなのです。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む