緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

資産運用のリスクと将来性

2017-11-02 コラム・ニュース


資産運用の開始時期とは

資産運用はどの時点から開始するかを検討している人は少なくないはずです。

資産運用の開始時期として最適な時期がどのような時期であるかを解説していきます。

ほとんどの人は、資産運用自体が必要であることを実感していることでしょうが、どのようにして資産運用を開始すべきかを躊躇しているのが事実です。

資産運用を開始することを躊躇している理由として、該当する事項としては、若年であること、現在の資産を有していないこと、投資に係る時期、投資をすれば損をする可能性があるために躊躇していることなどが挙げられます。

しかし、資産運用をするに際しては、資産運用について考慮した時点で開始することが望ましいのです。

その根拠とは、複利の観点から資産運用の時間経過が多ければ多いほど、良いとされているからです。

そして、将来的な収益があればあるほど、資産運用で徒労に終わってしまった場合や、資産運用に係る方途について方向転換せざるを得なくなった際に、取り戻せる機会ないし手段が増加することから、資産運用に関して成功する確率を向上させることに至るからです。

さらに、資産運用が長期的であればあるほど、諸々の投資チャンスに遭遇する機会も増加していくために、資産運用に対して有効であるからとされているからなのです。

資産運用の開始とは、具体的にいうと、株や債権などの購入に留まらず、預貯金など該当します。

資産運用の開始にさし当たっては、現時点の生活環境及び収支に関して重点的に把握しておくことが重要です。

銀行への預貯金は資産運用の観点から安全といえるのか

銀行にある程度の金員を預ける機会がある場合、退職金や住宅資金などの増加を目的とするなど、実に様々な用途があることかと思います。

そのような際に、どのようにして資産運用すべきかを考慮している人は多いです。

しかし、預貯金のなかで定期預金であれば、低金利であるために、例え預けたとしても価値が減少していくのではないかとよくいわれているようです。

ただ、例外なく定期預金に供した金員が減少していくものとはいえないのが事実です。

そして、定期預金は何ら危険なものではなく、1000万円以内であれば、元本を喪失する危険性はないのです。

定期預金の実質的な価値が減少していく場合はどのようなものかというと、金利が依然変化しないまま、物価の価値が上昇してしまうことを指し、つまり、金銭の価値が低下してしまうことを指すのです。

激安販売店が増加している一方、本当に入手したいものについては高騰していることもあるかと思われますが、長期間低金利な状態が生じてしまえば、確かに資産運用について懸念せざるを得ないといえます。

ただ、さらに長期的な展望をもってすれば、金利に係る状況と物価に係る状況との間には相当な乖離はなく、むしろ関連しているといえるのです。

バブル時代を例としてあげれば、利回りが優勢になる時期もあるといえるのです。

物価と金利とでは関連しているといえ、お金の価値が減少していることも若干あることはあるのですが、預貯金を実践してしまえば、元本保証の観点から安心安全といえるのです。

株式投資のリスク

資産運用には、注意点が1つあります。

状況によっては、大きな損失が発生する可能性です。

資産運用の対象は、若干のリスクがあるものも目立ちます。

株式投資など色々な選択肢がありますが、その2つはどちらもリスクがあるのです。

株式で運用を始めた結果、1年前後で大きな含み損が発生したという事例も、数多く見られます。

ところで大損失が生じてしまう方々には、1つの傾向が見られます。

今後のシミュレーションに関して、若干の甘さがある点です。

リスクがある手段の場合は、今後の最大損失などはある程度計算する必要はあります。

そうでなければ、不測の損失によって狼狽してしまいかねません。

例えばある株式の商品に着目し、それで過去の動向を見る限りでは、その銘柄では最大100万円の損失が起こり得ると分かったとします。

上記のような想定損失が、ポイントになるのです。

今後の損失額が分かっていなければ、いざ株の暴落などが発生した時に、不安感が高まってしまいます。

冷静な対応ができなくなり、資産運用に狂いが生じてしまう事も多いです。

逆に上記のような最大100万という数字を知っていれば、比較的冷静に対応できる傾向があります。

きちんとシミュレーションを行っている方々は、この100万などの数字をよく把握している訳です。

ちなみに金融関連の会社によっては、上記の想定損失を算出する為のシステムなども完備しています。

資産運用を始める前に、まずそのシステムで計算をしておくと良いでしょう。

株式投資のMMFってなに?

資産運用には、色々な選択肢があります。

それぞれ堅実さに関する違いがある事だけは、間違いありません。

資産運用をする以上は、少なからずリスクもポイントになるのです。

ですから手段によっては、若干リスクが高めになっていますから、注意を要します。

例えば株などは、資産運用の手段としてよく活用されています。

株価の値動きを活用すれば、実際お金を動かす事は可能だからです。

しかし株には、もちろんリスクはあります。

株価の暴落などに伴って、大きな損失が生じたという話は本当に多いです。

そのリスクをよく理解した上で、資産運用をする必要があります。

逆に、非常に堅実な手段もあるのです。

例えばMMFなどの商品は、しばしば高く評価されています。

MMFというのは、いわゆる投資信託の1つです。

資産運用を専門家に任せる手段になりますが、リスクは比較的低めになっているのが特徴的です。

現に今から10年ほど前などは、金融業界全体に関わる大きなショックが発生しています。

その時でも、多くのMMFでは目立って大きな元本割れなどは発生していませんでした。

その代わりMMFという商品は、発生するリスクは低めな傾向はあります。

上記の株式投資と比べれば、利回り数字などは若干低めなのです。

ですから、ローリスクローリターンの手段になってきます。

このように資産運用の各手段は、それぞれ手堅さやリスクに関する違いがある訳です。

資産運用を検討する際には、各商品のリスクを比較した上で、自分にとって一番最適と思われるものを選ぶと良いでしょう。

仮想通貨と株式投資の将来性

資産運用を検討する際には、今後の将来性などをよく考える必要はあります。

基本的には、将来性が高く見込まれる運用手段が望ましいのです。

例えば株などは、資産運用の手段としてよく検討されています。

それで株は、今後の将来性などに左右される一面があるのです。

例えばある会社Aが、海外投資などを検討しているとします。

それで投資先の国は、今後は将来性は大いに期待できる状況です。

それに対して別の会社Bも、同様に海外投資を検討しているとします。

ですが投資先は、特段に将来性が感じられる訳でないとします。

このAとBを比較してみると、Aの方が資産運用に向いているのです。

なぜなら将来性がある投資をしているなら、その会社の利益なども高まり、資産運用の利回り数字も高まると見込まれるからです。

それだけではありません。

昨今ではコイン投資なども、盛んに注目されています。

コイン価格は、ここ1年間で急激に伸びているのです。

去年のコイン価格は、そこまで高い数字ではありませんでした。

しかし今や、コインの価格は去年の数倍以上に伸びています。

ですから去年の段階でコインで資産運用を始めた方々は、それなりに大きな利益が生じていたはずです。

なぜコイン価格が高まってきたかと言うと、この仮想通貨に関する将来性です。

他の投資対象と比べて、今後は将来性が期待できるという考え方が広まり、ここ1年で価格が伸びている訳です。

このように資産運用は、今後の将来性が大きなポイントになります。

資産運用の選択肢も色々ありますが、将来性があるかどうかをよく見極めて、一番良い手段を選ぶと良いでしょう。

一攫千金を狙う資産運用のおすすめはFX

自分の資産を一気に増やす資産運用の方法としてFXがあります。

ですがFXや為替取引では、自分でうまくいくコツやいろいろな情報を学ぶほか、証券会社の選び方もとても重要になります。

証券会社も自分にあったところを選ばないと損をしてしまいますし、またお得なキャンペーンなどはないか常に最新情報を知っておく必要があるでしょう。

いつまでも同じ取引システムを利用するのではなく、取引も時代にあったものを選択していく必要があるでしょう。

証券会社は信用できる会社を選ぶことも大事ですから信用面でも安心できるところを選びましょう。

FX、という言葉も一般の人にもだいぶ浸透してきましたが、詳しく説明できる人や、おすすめのFX会社を述べることができる人はそんなにいないものです。

多くの人が知りたいのはFX顧客満足度の高い会社ですから、顧客満足度ランキング、顧客満足度の高いネット証券会社もチェックしておくと良いでしょう。

これからFXに強くなり、FXで資産運用していきたい人は最初は低リスク、慣れてきたら挑戦することを目標に始めてみても良いでしょう。

マーケット環境が目まぐるしく変わる昨今、どれくらい多くの情報を早く得るかが重要にもなっています。

安全な資産運用といえば預金があげられますが、低金利の時代ですし、思うほどお金が増えていかないことがほとんどでしょう。

ですから注目されるのが投資です。

ですが投資関係は損失がでることが心配なので、しっかりと基礎知識を得てからスタートするのが一番です。

アパート経営による資産運用のメリット

土地を所有している人は、アパートやマンションの経営に挑戦してみたいと思う人も多いと思います。

資産運用にもなり夢があっていいですが、アパート経営やマンション経営はデメリットもあるというのが現実です。

そこで資産運用としてアパートやマンションの経営に挑戦してみたいと思う人が知っておくと良いのがサブリースです。

このサブリースとはアパートやマンションの管理会社などが、不動産の所有者(オーナー)と契約を結ぶ際に、管理業務に加えて賃料を保証するシステムを指します。

アパート経営をお考えの方は今から勉強しておくと役に立つこともあるでしょう。

最近は賃貸もかわいいのがたくさんありますから、そんなかわいい賃貸の不動産を経営して不動産による資産運用を楽しいものにしてみるのも良いです。

アパート経営は、入居者のニーズを的確に掴むことが成功の秘訣です。

特に所得収入の多い入居者がアパートに何を求めているのかというと、何より「ゆとり・豊かさ」であるといえます。

ひとことでいえば「高級志向」といえます。

例えば、設備は必ず専用である必要があります。

部屋の広さに関係なく、台所、浴室、洗面、トイレなどは専用に設けなければならないということです。

経営を始めるときに失敗しない為にもうまく行く資産運用についてもしっかりと勉強しておくことが必要です。

アパート経営の資産運用についてのセミナーに参加してからスタートさせてみても良いです。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む