緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

不動産投資の現状と今後の展望

2017-11-01 マンション投資


多種多様なマンション投資

定年後など、いつか自分の時間が好きにもてる時がきたなら、自家栽培など菜園を作って楽しみたいと考える人もいるでしょう。

自分の育てた野菜で料理を楽しめたら最高ですから、こういった人のために不動産を購入し、貸し農園にすることでマンション投資の運用をしていっても良いでしょう。

都心であったり、都心から一時間少しという立地であれば、普段都会で生活している方々には休日はドライブと農作業をする事によりリフレッシュをして頂き、ベランダ菜園などに興味がある方々にも一歩進んで農園で気軽に農業をして頂く、ということもできます。

まだ会社員の人も、アウトドアもかねて休日を楽しむ、という意味で良いでしょう。

マンション投資のために物件を建てるのではなく、土地そのものを活用するという方法もあるものです。

定期的に管理人が巡回し、区画内の草むしり等の軽作業をすれば管理費もたくさんはかからないでしょう。

景気もまだまだ悪いので、資産をうまく増やしていくために投資を考える人も多いでしょう。

投資と言ってもいろいろあります。

不動産がある人は不動産で投資ができますし、株やFXの知識がある人は、株やFXでうまく運用していく人もいいでしょう。

自分はどのタイプで投資していくのが一番いいのかは、まず自分でいろいろ投資方法を考えてみることも大事です。

最近注目されているのはやはり空き家など、使われていない不動産を利用したマンション投資です。

マンション投資で重要なことはターゲットを決めること

マンション投資を行う時は、どういった物件にしようか、どういった層を対象にするのかなど、ターゲットを決めるということが大事です。

学生が多い地域であれば高級賃貸や相場に見あわない程家賃が高いような物件は最初から見ないという人も多いので、そういった高級で家賃の高い物件で収益をあげたいと思うなら、そういった物件を好む裕福層が住む地域に建てるようにもしましょう。

マンション投資用の物件というのはただ単に綺麗で設備が整っていれば良いというものでもなく、その地域に住む人が求める物件になっているかどうかということが大事です。

狙うターゲットを誤ると空き部屋が増えますし、家賃を下げたり管理費だけが無駄にかかってしまい、マイナスにもなってしまうでしょう。

ですからマンション投資をするのであれば、自分の詳しい街や馴染みのある街で始めると良いです。

そのほうが普段どういった年齢層の人が多いのか、賃貸にはどういった人が暮らすことが多いのかもわかるでしょう。

また、マンション投資用の物件は魅力のある物件でないといけませんが、あまりにも費用をかけすぎないように維持するということも大事です。

需要と供給があっていなければ失敗しますし、また時代とともに人気のある物件、街というのも変化しますから、その都度時代にあった変化を加えるようにするためにも、最初から建物に関して費用をかけすぎないということが大切になってくるでしょう。

オリンピックがマンション投資に与える影響

2020年に東京オリンピックが開催されますが、オリンピックはその国に大きな経済効果をもたらします。

ではそのことがマンション投資にどう影響してくるのかについて説明していきます。

前回東京でオリンピックが行われたのは1964年です。

その経済効果は大きく、様々なインフラが整えられたことにより後に地価も大きく上昇しています。

実際に2020年にオリンピック開催が決まってからというものニュースでも取り上げられているように建築物の増加や道路設備などが行われています。

これに伴って不動産物件も建築されるので日本だけでなく海外からの投資家も多数参加しています。

実際にオリンピック開催が決まってからというもの地価は上昇しており、東京だけでなく関東を中心として上昇傾向がみられます。

オリンピックを狙ってマンション投資をするのなら地価があがりきる前に始めることが得策と言えるでしょう。

オリンピックがマンション投資に与える影響はとても大きいので、上昇が続いている今だからこそマンション投資を検討してみてはいかがでしょうか。

airbnbが注目を集める理由

マンション投資は効率的に不労所得が得られる投資手法として人気がありますが、最近では民泊を目的とした新たな投資スタイルが注目を集めています。

言うまでもなく一般のマンション投資はマンションやアパートなどの住宅物件を取得し、家賃収入を得て利益を上げるという投資手法です。

このようなマンション投資では自分自身が不動産物件のオーナーとなる必要があるため、当然のことながら物件の購入が欠かせません。

これに対して民泊を目的として戸建て住宅やマンションを利用する場合は、賃貸物件でも投資に役立てることができます。

民泊を前提として賃貸住宅を借りる形の投資は、一般のマンション投資と比べて初期費用が圧倒的に安く済むという点で参入ハードルが一気に下がるのです。

airbnbは世界最大の民泊仲介サイトで、日本でも多くの人がサイトを介して自宅を外国人観光客の宿泊施設として提供しています。

もちろんそのためには民泊が可能な賃貸物件を探さなければなりませんが、2020年の東京オリンピックを控えて民泊に関する法律も整備が進んでいます。

外国人観光客に提供できる宿泊施設の不足が予想されるのを受けて、国も民泊を積極的に推進させる方針です。

2018年6月の施行に向けた民泊新法の概要も明らかになりつつありますので、airbnb投資に関心を持つ投資家は政府の動向から目が離せません。

正式名称を住宅宿泊事業法とするこの民泊新法では、airbnbなどを通じて提供される民泊施設が旅館業法の適用外となる見通しです。

ホテルや旅館などの宿泊施設と区別するため年間宿泊日数は180日以下に限定され、その他にも「台所」「浴室」「便所」「洗面設備」を必要とするなどの規定があります。

事業開始の際には都道府県知事等への届け出や2カ月ごとの宿泊実績報告も求められますが、それらの面倒な手続きは民泊・airbnb運用代行業者に一任が可能です。

必要経費として代行業者のサービス利用料金を差し引いても十分に利益が出る民泊ビジネスが、賃貸住宅を利用した低リスクのマンション投資として注目を集めています。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む