緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

資産運用では仮想通貨が上がり目?

2017-10-19 マンション投資


資産運用では仮想通貨が上がり目?

資産運用には、色々な選択肢はありますが、それぞれ、将来性に関する違いはあるのです。

やはり将来性が期待できる商品で運用してみると良いでしょう。

例えば外国株で投資をしていくやり方はあります。

そうかと思えば、もちろん国内株もあるのです。

また昨今では、コインによる投資も積極的に行われています。

いわゆる仮想通貨です。

上記の株やコインなどは、それぞれ将来性も異なります。

現時点では、コインは将来有望であると見込まれているのです。

その証拠に、コインの価格は今年1年は大きく上昇しています。

年初は10万円台という数字でしたが、今やそれが60万円台を記録しているのです。

コインの将来性に魅力を感じて、投資をする方々も最近増えてきているからです。

逆に株の場合は、将来性が微妙な事はあります。

様々な経済や国際関連の事情により、数字の伸び悩みがあり得る銘柄も存在するのです。

上記のコインと株の2社を比較すれば、言うまでもなく前者の方が将来性があります。

そして資産運用をするなら、やはり将来性は大切です。

コインが伸び盛りな可能性が大なら、株よりは良いと見込まれるでしょう。

このような将来性をよく見極めた上で、資産運用をする事は大切です。

その具体的な見込みなどは、やはり情報収集に左右されます。

株価などの数字に着目するだけでなく、様々な経済関連のニュースにもアンテナを張っておく方が良いでしょう。

経済に関する要素は、やはり将来性には大きく関わってくるからです。

株価のリスクと利回り

資産運用は、利回りの高さがポイントになる事は多いです。

投資信託などを検討する方々も多いですが、それは利回り数字が高いかどうかで選ばれる傾向があります。

年間3%の利回りよりは、6%の商品の方が大きな利益も期待できるでしょう。

しかし資産運用には、必ずリスクがあります。

いわゆる投資をする事になり、ノーリスクの運用方法は原則ありません。

そして運用をしたいなら、今後のシミュレーションをする事も大切なポイントになります。

少なくともどれ位の損失があり得るかは、きちんと計算しておく方が良いでしょう。

分かりやすい例は株です。

ある銘柄の株価は、現時点では1万円だとします。

その時点で株を買って、12,000円などに上昇してくれれば利益は発生する訳です。

ところが株価は、もちろん上昇する訳ではありません。

時には下落する事もあるのですが、最大でどれ位の損失になるかは、きちんと計算しておくのが望ましいのです。

仮に、株価が6,000円になってしまったとします。

そして上記の1万円の時点で100枚の株を購入していれば、100万円が必要です。

株価が6,000円になれば、60万になります。

差し引き40万の損失があり得る訳です。

この40万などの数字を、きちんと計算しておく事自体が大切です。

状況によっては、もっと大きな損失もあり得るのですが、それもシミュレーションするべきでしょう。

もちろん損失だけではありません。

今後発生し得る利益も、シミュレーションしておくに越した事は無いでしょう。

外国為替を利用した資産分散

資産運用の一番の目的は元本を切らずに運用を続けていくということにあります。

ただし、その元本を円で考えるか、ドル、ユーロで考えるかで資産運用の根本が変わってきます。

この記事を見ている人のほとんどは日本人だと思われ、「資産運用」という言葉で検索してたどり着くのも日本人が多いでしょう。

そのため、ここでは円を基準に円からドル、ユーロなどの外国為替を利用した資産分散運用について書いていきます。

まず円の特徴を述べると、円は市場混乱時に買われることが多い、安全性の高い通貨というイメージがあるのではないでしょうか。

2017年10月13日現在、円はドルにたいして112円前半の値をつけているが、地政学リスク、日米金利差によって上がり下がりを繰り返しています。

この時点で円からドルに交換したとすると、112円より高い値に動けば資産が増え、低い値に動けば資産が減っています。

それでは丁半博打と同じになってしまうため、ここでドル以外の為替を組み合わせてドル円がたとえ動いたとしても資産が減らないようにするのが外国為替を利用した資産分散となるのです。

ドル以外の為替としてユーロ、豪ドル、NZドル、元、ポンド、カナダドル、スイスフラン、トルコリラが有名だが、それぞれ特徴は異なり、 特徴が異なると同時に、たとえ円が下落してもその分の資金は上記通貨のどこかに逃げていることが多く、特にユーロはドルの逃避先として有名です。

円だけで資産運用を考えていくより、ドル、ユーロなど外国為替も利用して利益幅は少ないがリスク幅を少なくするのも大事と言えます。

資産運用で覚えておくべき税制優遇制度ってなに?

資産運用というとマンション投資や株式投資など数百万円、あるいは数千万円といったある程度の資金を用意してやらなければいけないもので、状況によっては元本額がかなり下回ってしまうというリスクがあるものだと考えられがちです。

また仮に利益が出たとしてもそこに税金がかかってくるなどしてそれほど自分の手元には残らないのではないかという不安もあるものです。

しかしながら資産運用の方法によっては高額な資金を用意しなくても、また手元に戻るお金の少なさを心配しなくてもいいこともあります。

特に最近話題となった資産運用の方法としては、投資においての税制優遇制度を利用するというものがあります。

各金融機関や証券会社などで扱っている特定の口座で投資をする際、個人で投資をしている場合にのみ通常は配当金や売買益が生じた時にかかってくる税金が最長で5年間非課税になるものです。

そのため自分の手元に戻ってくる利益分が増えるということになります。

さらにこの制度を利用する場合は年間投資額の上限が120万円までと決まっていることから、1月当たり最大10万円程度の投資があればいいということになります。

逆に投資額の下限は決まっていないことから自分の年収や月収に合わせた投資をすることが可能になるのです。

通常金融機関や証券会社などで1度の投資額が少ないと利用するのに躊躇してしまうものですが、税制優遇を受けるための投資はその額に上限があるということから少額でも気兼ねなく利用することが可能になるのです。

初期費用が無くてもマンション投資は始められます

マンション投資は不労所得を得ることができるとして、注目をしている人も多いとされています。

近年、マンション投資というのは大富豪だけが行えるものではなく、所得がある人なら誰でも始めることができる投資として、二十代でいくつもの不動産経営を行っている方も少なくはありません。

しかし、そのような話を聞いても、二十代でも不動産について詳しかったのだろう、実家が資産家で跡を継いだのではないかと考える方も多いとされています。

しかし、一般家庭に生まれ、普通の会社員として働いている、極々普通の二十代の若者がマンション投資を始めるというのは、今では珍しいことではなくなっています。

マンション投資には、まずは不動産を準備しなくてはならず、若者には資金を集めるのは不可能だと考えられているのですが、最近では投資に必要な資金は準備する必要がないのです。

投資をするためにお金が必要だけれど、副業が出来ないため貯めるための収入というのを増やすことができず、お金が貯まるまで収入を得ることが出来ない、お金を貯めるためには不労所得を得たいという思いが無限ループとなり、結局はなにも始められないという方が多いとされています。

しかし、近年では、マンション投資に準備金は必要なく、ローンで始めることもでき、ローンを返済しながら収入を得ることが出来るため、ローン返済も苦ではなく、完済するとマンション投資の収入は丸々手に入れることができ、なかには繰り上げ返済などで10年ほどでローンを完済される方も多いとされています。

将来的な可能性を広げるのがマンション投資の醍醐味

通常のサラリーマンというのは給料が決まっており、もっと収入が欲しいと考えた場合は副業などを行い、副収入を得るしかありません。

しかし、副業を許可している会社というのはそうあるものではありません。

そのため、多くの方が不労所得を目指しており、株など様々な不労所得があるなかでもマンション投資というのは不動の人気となっています。

しかし、不動産経営を行ったら賃貸管理やクレーム処理などで働かなくても得ることができるお金、不労所得とは異なるのではないかと思われる方もいますが、近年ではクレーム処理や物件の管理などは委託するのが当たり前となっています。

また、以前であればアパート丸々を買い取らなくてはならないというイメージが強かった不動産経営も、近年では一室からでもマンション投資を行うことができるようになったのです。

つまり、収入が少ない二十代に高級なマンションの一室を買い取って賃貸として収入を得て、自身は経済的なアパートなどで生活をし、収入が安定した三十代くらいでマンションの入居者が立ち退いたタイミングを見計らって高級マンションに移るということもできるのです。

マンション投資は儲けるためだけではなく、将来の自分の住まいを確保するということも可能となっています。

近年ではローンでマンション経営などが出来るようになっていますので、若い頃からマンション投資を始めて、数年後の自分が不労所得を得ることができるよう、ベースを作ることが大切です。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む