緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

資産運用で儲ける!投資の種類や利回りを解説

2017-11-06 マンション投資


資産運用初心者は小額スタートがおすすめ

資産運用初心者

資産運用を検討しますと、初期資金が気になる事もよくあります。

ある程度大きなお金がある方々でないと、少々難しいと考えている方々も多いです。

実際運用している方々は、富裕層も多いです。

資産が1,000万円や1億円以上お持ちの方々が、株や不動産などで多くのお金を動かしている事例も多々見られます。

しかし資産運用には、様々な選択肢があるのです。

一部の手段ですと、そこまで大きな元手でなくても運用する事はできます。

例えば株で運用している方々は多いですが、それは必ずしもまとまった資金が求められる訳でもありません。

株と言っても、色々な種類があるのです。

いわゆるミニ株という手段もありますが、初期資金は1万円から動かす事ができます。

上述の1,000万円などの数字ではありません。

また外貨で資産運用をしている方々も多いですが、同じく1万円などで動かす事も可能です。

1万円どころか、中には1,000円以下で運用できる商品もあります。

このように資産運用によっては、少額での投資も可能なのです。

ですから少額投資に関心を抱いている方々も、世間では多いです。

ただし少額投資になる以上、発生する利益も限定されてきます。

動かすお金が1,000円規模という事は、生じる利益もそれなりの数字になる訳です。

リスクも小さくなりますが、リターンも小さくなってしまうのは注意を要します。

ですが少額の資産運用も悪くないという意見も多いです。

資産運用の初心者の方々は、とりあえず少額から始める事も多いですし、前向きに検討してみると良いでしょう。

貯蓄型の資産運用はローリスクローリターン

貯蓄型資産運用

資産運用と聞くと、多くの方々は投資信託や不動産などをイメージしています。

その他にも株や外貨などもあり、種類は非常に多彩です。

ところで資産運用は、たまに貯金商品と区分けされる事があります。

貯金は資産運用とは、別のものと解釈される事も多いです。

しかし厳密には、実は貯金商品も資産運用の1つなのです。

いわゆる「貯蓄型」と表現される事が多いです。

例えば多くの方々は、銀行による普通預金の口座にお金を預けています。

その預金口座も、実は資産運用の1つなのです。

そもそも預金口座は、いわゆる貯蓄型の商品である事は間違いありません。

現に普通預金の口座は、利息自体は発生するでしょう。

数字はあまり高くありませんが、確実に利息が発生しています。

それと定期預金も、実は資産運用の1つなのです。

上記の普通預金よりは、解約に手間を要するデメリットはあります。

しかし利息自体は高めですから、定期預金を選んでいる方々も意外と多いです。

このような預金商品が資産運用の1つである事は、あまり知られていません。

しかし現実には、資産運用の1つなのです。

それで貯金商品の場合は、確かに手堅さのメリットはあります。

株などと違って、元本割れになる確率は低いからです。

その代わり貯蓄型の資産運用は、利回りの数字は高くはありません。

ですから多くの方々は、多少のリスクはあっても、ハイリターンな資産運用の手段に関心を抱いている事も少なくありません。

市区町村事業への投資でも資産運用ができる

市区町村事業 投資

多くの方々は、資産運用に興味を持っています。

確かに運用していけば、資産を増やす事自体は可能だからです。

しかし資産運用には、リスクも存在します。

そもそも資産運用は、いわゆる投資の一種になるのです。

投資である以上は、リスクは回避できません。

株式投資などは、分かりやすい例です。

もちろん株価は常に変動していますから、どこかの上場企業の株券を保有すると、自分の資産も動く事になります。

ですから株価が下がってしまえば、資産が減ってしまうリスクも生じる訳です。

ですが資産運用にも、様々な選択肢があります。

中にはローリスクな商品もありますから、色々比較してみるのがおすすめです。

例えば地方債という手段があります。

多くの市区町村では、常に公共投資は行っているのです。

時には、どこかの地区で大掛かりな工事が行われている事もあるでしょう。

もちろんそれを実行する以上は、予算が必要です。

このため市区町村としては、一般の方々から予算を募っている事もあります。

つまり市区町村の事業に投資する訳です。

市区町村ですから、リスクは極めて低いという考え方も根強いです。

少なくとも上記の株式投資と比べると、リスクは低めになります。

株価は大きく動きますが、市区町村の公共投資で大きな価格変動が応じる訳でもありません。

ですから地方債などはローリスクな資産運用なのですが、それ以外にも様々な運用手段があります。

商品によってリスクも異なりますから、色々比較してみると良いでしょう。

投資信託とは?資産運用初心者にも分かりやすく解説

投資信託 初心者

魅力的な資産運用の一つが投資信託です。

株式投資では自分で銘柄を選び、自分で売り買いことするが必要です。

そのため、ある程度の経験が無いと難しいことがありました。

投資信託ではプロのファンドマネージャーが運用を行っています。

ファンド選びは必要ですが、初心者の方では難しい銘柄選びはありません。

ファンドマネージャーはいつ売り買いすれば運用成績が上がるのか、豊富な知識を持っています。

もちろん100%必ずファンドマネージャーの予測が的中するという保証はありません。

しかし投資信託では株式や債券や商品など、複数の銘柄に分散投資されています。

一つの銘柄に何かあっても、他の銘柄でカバーすることが期待出来るのです。

個人投資家の方が分散投資を行おうとすると、多額の資金が必要になります。

しかし投資信託では比較的少ない資金でも購入出来ます。

そのため知識の無い初心者の方が資産運用するより、リスクを抑えた資産運用が期待出来るのが良い点です。

その他にも大きな魅力となっているのが分配金です。

毎月分配型のファンドなら資産運用を続けながら、定期的に分配金の受け取りが出来ます。

その代わりに再投資による複利効果は期待薄となります。

分配回数の少ないファンドは分配金による複利効果が期待出来ます。

どちらか都合の良いファンドを選ぶことが可能です。

ファンドマネージャーは運用報告書を作成し、投資家の方々へと公開しています。

この運用報告書を見ながら投資信託による資産運用を続けるか、いったん売却するか判断することが可能です。

所有している不動産を活用して資産運用ができる

不動産 資産運用

資産運用の中でも人気が高い不動産運用は、自分が所有している不動産を有効活用して収入を増やしていくことができます。

現在使っていない土地や建物をそのままにしておいても、維持費がかかるだけです。

その利用していない不動産を誰かに貸すことで、不動産収入を得ることができます。

不動産管理は管理会社に任せておけば、面倒な手続きも自分で行う必要がありません。

特に定年後になると収入が減ってしまいます。

今遊ばせている土地や建物を上手く活用して、収入を増やしていくのは、かなり有効な方法です。

不動産収入に興味があれば、若いうちから準備していくのも良いでしょう。

今購入して住んでいる一戸建ての住宅やマンションなども、不動産運用を考えて利用していくことで、将来不動産収入に繋がりやすくなります。

不動産は売ってしまえば、それで終わりですが、賃貸物件にすることで、継続的に不動産収入を得ることができます。

使っていない不動産を所有していても、毎年固定資産税はかかってしまいますし、それ以外の維持費もばかになりません。

今ある不動産という財産を有効活用することで、無理なく副収入を得ることができるようになります。

特に現在は東京オリンピックに向けて、国内では民泊がまだまだ足りない状況です。

使っていない一部屋を観光客などに利用してもらうことで、それが副収入に繋がっていきます。

資産運用はノウハウをきちんと抑えておけば、誰でもできるようになります。

まずはセミナーなどに参加して、具体的な資産運用方法を学ぶところから始めてみると良いでしょう。

マンション投資が年金替わりになる魅力とは?

マンション投資年金

マンション投資の魅力は様々で、銀行の定期預金が超低金利となっているため、自分で積極的に資産運用するという方が増えてきました。

資産運用には様々な方法がありますが、そのうち安定した収入が期待出来るのがマンション投資によるマンション経営です。

マンション投資には投資用の物件を購入し、賃貸物件として貸し出しを行うという特徴があります。

入居者からの家賃収入、インカムゲインが期待出来るのです。

家賃は多少の変動はあっても、大きく変動するということは少ないです。

そのために家賃収入は安定しやすいのです。

さらに投資用の物件を売却した時にはキャピタルゲインという売却益まで期待出来ます。

その他にも大きな魅力となっているのが私的年金替わりになるという点です。

公的年金は少子高齢化が進んでいるため、どうなるのか分かりません。

そんな時でも安定した家賃収入が年金の替りになってくれます。

その代わりに入居者の募集、トラブルやクレーム対応、入居者からの集金など様々な業務が必要です。

働きながらでは難しいという時でも、賃貸管理会社に委託するという方法があるために大丈夫です。

マンション投資を始めるには高額な資金が必要です。

そのため全て自己資金で賄い切れないことがありました。

そんな時でも投資用ローンを活用するという方法で始めることが可能です。

投資用の物件を担保に入れられるため、比較的高額な融資でも受けやすくなっています。

住宅ローンのように35年といった長期返済プランも立てられます。

団体信用生命保険に加入出来る投資用ローンもあるため、万が一の時でも家族にローンの支払が残りません。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む