緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

フラッシュパッカーの強い味方となるか、Airbnb

2016-02-01 コラム・ニュース


「フラッシュパッカー」とは、「ツアー」「家族旅行」「バックパッカー」という旅行手段から、21世紀に入り、多様化する旅行手段の中で呼ばれるようになったタイプです。

フラッシュパッカーの分類として、最も近いタイプはバックパッカーなのですが、バックパッカーよりもワンランク上の旅行を楽しみたい、そんな旅行者が該当するようです。

例えば、

・バックパッカーよりも予算に余裕があり、少しリッチな滞在を楽しみたい。

・積極的に現地ツアーにも参加し、その地域の食事(特に名物料理)に舌鼓もうちたい。

・懐事情が許す範囲内であれば、宿泊施設はリッチなところへ泊まりたい。

・パソコンやスマートフォンを最大限に利用し、SNSの閲覧や投稿も情報収集の手段として使用している。

などなど・・・

旅費は抑えたい、でも、観光も楽しみたいし、そして、有名ドコロだけじゃないローカルなスポットにも足を伸ばしたい。

シャイネス(日本人なら特に)なので話かける勇気はないけど、地元の人ともふれあえるチャンスがあったら嬉しいな。

へー、こんな旅行の仕方があるんだ、自分もちょっと興味があるな、 と感じる方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

では、自分もフラッシュパッカーになってみよう、でもそのためにはどうすればいいの?

そういった疑問のうち、宿泊施設を調べる時に力となれそうなのがAirbnbです。

Airbnbという会社は、宿を提供するホスト側宿泊施設、自分に見合った宿泊場所を選ぶゲスト側利用客、世界中の「貸したい」「借りたい」をマッチングするサービスです。

日本法人は設立してまだ日が浅いのですが、設立そのものは2008年からで、利用客の中にはよく知られている、大手法人も見受けられます。

そして、パックツアーを使わずに、自分が楽しめる自由な旅を満喫したい、という人たちの間では、便利なサービスとして知られているようです。

このサービスの利用客は、時間があっても資金がない若者(いわゆるバックパッカー)よりも、資金にはある程度あるのだけれども、旅行する時間に制限がかかるアラサー世代の割合が多いとか。

提供されている施設の中には、「これぞ中世欧州の風情だ!」と呼べるようなお城がまるごと出てたり、日本の風情を楽しめる古民家もエントリーされているので、一度Airbnbのホームーページで宿の検索をしてみて、自分はこんな土地であんな旅行を楽しんでみたいなぁ、と想像をふくらませるのも楽しそうですね。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む