緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

airbnb~不動産と取り組み

2015-12-25 コラム・ニュース


airbnb物件投資と一般的マンション投資の取り組みの違いを知っていますか?サラリーマンの方にとってマンション投資が給与以外の安定した収入が得られる手法として、大家になる方が増えてきています。しかし、投資をするのであればリスクが小さく、安定して稼げる方がよいでしょう。airbnb物件投資は稼げる投資といえます。儲けるための投資ならairbnb物件投資を検討してもよいでしょう。以下にairbnbの物件投資と一般的なマンション投資の取り組みについての違いを説明していきます。

マンション投資のメリット・デメリット

1.メリット ・家賃があまり変わらない ・安定した収入が毎月できる ・節税になる ・資産として残る ・インフレに強い

2.デメリット ・資産価値が下がる可能性 ・空室がでる可能性 ・不動産の管理におけるトラブル ・不動産の老朽化 ・金利の上昇の可能性

以上のように、マンション投資にはメリットとデメリットがあるのです。 不動産オーナーが稼ぐポイントは、空室率が下がったときの安定した家賃収入といえます。 しかし、空室率が上がると収入はなくなります。 それどころか、初期投資の土地や建物のローン返済に追われることにもなりかねません。 初期投資のリスクと空室率のリスクがあるのが一般的なマンション投資といえます。

airbnbの物件投資 メリット・デメリット

airbnbの物件投資は、少ないのが特徴です。その理由は賃貸物件を借りることで初期投資リスクがとても小さいためです。マンション投資では、一般的にいって、東京のマンション一戸買いをしたとき、大体かかる費用は1,500万程度です。表面利回りは7%から8%程度でしょう。 一方、airbnbは、初期段階の投資費用は、敷金・礼金、家賃代2〜3ヶ月分と家電・家具代のみのため、少なめに見積もったとしても100万を超えません。そのため、初期段階の投資のリスクは非常に軽減されるのです。また、空室率のリスクも現在のairbnbの状況を考えれば、心配の必要はありません。

日本の賃貸物件市場を考えると、4軒に1軒が空き家となっています。現実がそのようであれば、一般の入居募集の広告をしても運営は厳しいものとなるでしょう。現実がそうであるならば、airbnbで外国人を泊めた方が稼げるというわけです。

ただ、airbnb物件投資にもやはりデメリットがあります。 それは、大家さんにairbnbの利用を認めてもらう必要があることです。きちんと承認を得ないと、強制的に退去されるなどの措置がとられます。 日本の大家さんの多くは年配の方が多く、外国人を嫌がることもありますので、理解ある大家さんを探すとよいでしょう。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む