緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

airbnb~運営代行

2015-12-22 コラム・ニュース


Airbnbを利用する際に、難しいとされる点はその運用です。多くの利用者が英語での会話を必要すると予測されるため、宿泊者とのやりとりの多くを英語で行う必要があるのです。予約する時など宿泊客とのやりとりにいくつかのメールを取り交わす必要があるのみならず、ゲストが日本を訪れた後には電話での連絡が必要となるケースもあるでしょう。そうした場合、英会話のスキルが必要になる。加えて、ゲストがチェックアウトしたのちの清掃やリネン類の交換を行うというような、宿泊施設としてのオペレーションを行う必要もあります。マンション投資家が所有物件をAirbnbで運用する場合に、このようなオペレーションをどうするのかが問題となってきます。そこで利用したいのが運営代行サービスです。ここでは代表的な運営代行サービスを比較検討してみます。

◆ LEEWAYS(リーウェイズ)

運営代行の料金は売り上げ全体の20パーセントです。リノベーション会社であるので、宿泊物件の紹介やインテリアのスタイリングサービスといったものも提供しています。一番の特色は他の運営代行会社とは違って、不動産事業者として完全に合法の状態でAirbnbが運用可能であるところです。

◆ zens(ゼンス)

運営代行の料金は売り上げ金の20パーセントから30パーセントです。実績としては2015年3月現在12物件の運営代行を行っています。一級建築士やデザイナーによって内装提案を受けることが可能なほか、お客様同士の交流会や食事会を催すなど、宿泊している客の満足感を高めるためのサービスを提供しています。

◆ PIPI Hosting(ピピホスティング)

運営代行の料金は売上金の10パーセントです。ホームページに記載されている内容が少なく、どの程度の実績があるかは明確ではありません。運用料金がなんといっても安いというメリットが強みです。 どの運営代行サービスも、上に記されたの代行料金に清掃料金をプラスした金額を支払うシステムをとっています。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む