緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

airbnbを利用するにあたっての利用者の守るべきルール

2015-12-29 コラム・ニュース


◆ ルールの作り方

「ハウスルール」とは、ゲストに対する部屋の使い方をまとめたものです。

たとえば禁煙エリアとか、立ち入り禁止場所、家に人を呼んでいいかどうかなど、ゲストが知っておくべきことや注意すべきことを書きます。

ハウスルールはそれぞれのリスティングページに表示されています。

なので、ゲストは予約リクエストを出す前にハウスルールを見ることができます。

予約確定後にもリスティングに書いてあるハウスルールがゲストに配信されます。

部屋掲載に必要な条件をクリアすると、ホストはリスティングページにハウスルールを追加できます。

「ハウスマニュアル」とは、家の中のものの利用方法をまとめたものです。

湯船を入れる方法、掃除機がどこにあるか、家電の使用方法などゲストに理解させるものです。こちらのガイドはリスティングのページには出ていません。予約確定後、ゲストにメールで送信されます。

◆ 例)非常識な日本人利用者にホスト側が激怒

タイのバンコクの『SAKURA HOUSE』が、あまりに日本人のマナーが悪いということで、激怒していることが判明しました。『SAKURA HOUSE』には日本の漫画喫茶のように多くの漫画本が漫画部屋にあり、料金を払うことで数時間ほど読むことができます。

その漫画部屋を利用している日本人宿泊客が自分のベッドに漫画を持っていってしまい、他の利用客が漫画を読めない状況になることがあるといいます。

そのことに激怒した『SAKURA HOUSE』のスタッフが、ついに注意文の張り紙をしたのです。

タイには紀伊国屋書店が支店を出しており、多くの日本人たちが雑誌や漫画を買ったり読んだりするためにやってきます。

しかし、漫画の価格は日本よりも割高で、いちいち買っていたら大変でです。

そういうこともあり、『SAKURA HOUSE』の漫画部屋は非常に人気であり、独り占めする人が出てくると大変です。

海外にいるときだからこそ、日本人としてマナー、ルールを守る必要があると思うのだが、皆さんはどうお思いでしょうか?



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む