緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

バリアフリー

2015-04-14 コラム・ニュース


◆ 「バリアフリー」とは、もともとは建築用語で「バリア(障壁)」を「フリー(のぞく)、」つまり障壁となるものを取り除き、生活しやすくすることを意味します。建物内の段差など、物理的な障壁の除去と言う意味合いから、最近ではより広い意味で用いられている。

私たちの周りには道路や建築物の入り口の段差などの物理的なバリアや、高齢者、障害者などの社会参加を困難にしている社会的、制度的、心理的なバリアもあります。このように「バリアフリー」とは、高齢者や障碍者に対する障害を取り除くことである。

わが国では、1993年の「障害者対策に関する新長期計画」及び1995年の「障害者白書」において、障害者が社会生活を送る上での4つの除去すべき障壁 が指摘された。

この4つの障壁とは、以下のように記されています。

1.歩道の段差、車椅子使用者の通行を妨げる障害物、乗降口や出入口の段差等の物理的な障壁

2.障害があることを理由に資格・免許等の付与を制限する等の制度的な障壁

3.音声案内、点字、手話通訳、字幕放送、分かりやすい表示の欠如などによる文化・情報面での障壁

4.心ない言葉や視線、障害者を庇護されるべき存在としてとらえられる 等の意識上の障壁(心の壁=心のバリア)

4.の心のバリアは、無知と無関心による偏見と差別の障害者観、或いは哀れみや同情の障害者観を伴っていましたが、ノーマライゼーション理念や内閣府が提唱する「共生社会」の視点の浸透などにより、『心のバリアフリー』として、高齢者や障害者への理解、配慮、思いやり、気軽な声掛け、 支援等の重要性が認識されるようになってきました者だけではなく、全ての人にとって日常生活の中で存在するあらゆる障壁を除去することを意味します。

国民の間で、精神疾患に対する基本的な理解が不十分ということで、厚 生労働省は精神疾患を正しく理解するための指針を出しました。 これを、こころのバリアフリー宣言といい、8つの柱(キーワード)からなっています。

こころのバリアフリー宣言 ~8つのキーワード~

1.精神疾患を自分の問題として考えていますか 2.無理しないで、心も体も 3.気づいていますか、心の不調 4.知っていますか 精神疾患への正しい対応 5.自分で心のバリアを作らない 6.認め合おう、自分らしく生きている姿を 7.出会いは理解の第一歩 8.互いに支えあう社会作り

~バリアフリー化の為の資金調達方法~

高齢者、障がい者にとっては家の中での段差、トイレ・浴槽の手すりは生きていく上で障害になります。これを家の中をバリアフリー化するにはリホームなどのお金がかかります。 そこで資金調達のひとつとしてマンション経営を考えてみたらどうだろうか? トップページ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む