緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

合同会社と株式会社の違いは一体なんなのか?

2015-12-29 コラム・ニュース


皆さんは株式会社というのはご存知のことと思いますが、合同会社と言われると株式会社や有限会社などとの区別がつかないのではないでしょうか?ましてやマンション投資 会社においてどちがら有利でどちらが不利ということもわからないと思います。まぁ決して有利や不利といったことは名前で判断出来ることではありません。

では、一体合同会社と株式会社や有限会社等の違いはどこにあるのでしょうか? まず合同会社について・・・・ 設立資金が6万円という低予算で設立が出来る ランニングコストが安い(決済公告義務がない事・役員の任期期間に決まりがない) 経営の自由制が強い(出資比率に関係なく自由に配当できる) 節税メリット(法人名義であれば、通信費なども経費として落とすことが可能) 社債の発行が可能 有限責任を負うことが出来る 株式会社への変更が可能 と、上記7つのメリットがあります。では、株式会社はどうなんでしょうか?

株式会社について・・・・ 有限責任を負う 取締役会を設立(1人からでも可能) 株式譲渡がある場合は取締役会の設置不要 出資金1円からでも設立可能 一般の人からも資金調達が可能 と上記5つのメリットがあります。では、合同会社と株式会社のデメリットはどういう違いがあるのでしょうか?

株式会社のデメリット 会社の設立にお金がかかる(15万円以上) 決済公告の義務 役員の任期がある(10年間まで)

合同会社のデメリット 知名度が低い 社員同士の対立の危機 上場できない 資金調達場所が少ない という風に、株式会社のメリットが合同会社でのデメリットとなり、逆に合同会社のメリットが株式会社のデメリットという違いが判明しました。

その為、設立資金の少ない人は先に合同会社で設立し、資金を集め株式会社へ変更することが多いことがわかりました。資金については合同会社は6万円だけで設立出来るため初期費用が格段に違うということが不動産会社を設立する際に合同会社での設立が多い理由となっていることがわかりました。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む