緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

不動産のマンションの管理費はいったいどういうもの?

2015-09-30 コラム・ニュース


◆ 管理費はマンションを維持していく大切なもの

● 管理費は、マンションの住み心地を左右する大切なお金。単に安ければいいというものではない。 掃除が行き届いていなかったり、メンテナンスがきちんとされていないマンションは、住み心地が悪いだけでなく、中古として売りに出されるときも、「ここに住みたい」と思ってもらいにくくなり、マイナス評価される可能性がある。 つまり、管理の良しあしは、資産価値にも影響する。マンションの資産価値を維持するため、管理費や修繕積立金は必要なお金なのだ。管理にかかわるお金は、大きく分けて管理費と修繕積立金の2つ。 管理費は、エレベーターの点検、共用部分の清掃、管理員の窓口業務など毎日の日常的な業務に使われ、修繕積立金は外壁の補修、屋上の防水工事、建物診断など建物を長期的に維持するために使われる。「修繕積立金に関しては、入居後段階的に上がっていくケースが多いです

マンションの管理費は、建物の共用部分や敷地、附属施設などの維持管理費用に充てられることを目的として徴収されるものであるが、管理業務を管理会社に委託している場合には、管理員の人件費が占める割合も大きい。また、周期的かつ計画的に行なわれる大規模な修繕に該当しない軽微な修繕の費用としても使われる。

管理費の負担額は、それぞれの部屋の大きさに応じて異なる場合が大半であり、専有面積1平方メートルあたり180円~200円程度のことが多い。

◆ 管理会社を変えて将来の修繕に備える組合もある

● 同じマンションブランドなら系列の同じ管理会社が管理を運営している場合が多いのですが、中古マンションの広告などを見ると管理組合が管理委託先を変更しブランドと異なる管理会社になっているケースがあります。住民の意識が高く管理組合の運営がより機能している場合、各項目の管理コストの見直しを行っています。その中で管理会社を変更する場合もあるようです。削減できた管理コストは、修繕積立金に組み入れ将来の修繕に備えている管理組合もあります。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む