緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

介護時の費用は大きな負担!

2015-04-06 コラム・ニュース


◆ 介護でかかる費用はいくらくらい?どんなものがある?

介護期間は平均して約4年、介護にかかる費用は施設利用や公的支援の利用など、利用するものによってかなりの違いはあるものの、ほぼ月額5万円が平均的な数字となっています。 年間では約60万円ほどかかることになりますが、その他にかかる経費を加えると、最低でも一年間に100万円もの費用がかかってしまうことに。

介護のために利用できる施設の種類には、「特別養護老人ホーム」「老人保健施設」「介護型療養病床」「ケアハウス」「グループホーム」「有料老人ホーム」などがありますが、どの施設でも、食費などを含めますと最低月額10万円~20万円の費用がかかります。

◆ どのような負担がのしかかるのでしょう?

自身の親の介護をしなければならないという方々の世代的には、家庭を持っていて家計を支えながらお子さんの教育費や住宅ローンなどに追われている方も多いことでしょう。 その渦中で、さらに介護費用がプラスされてしまうとなると、その心的負担・経済的負担は想像を超えるほどの大きなものになるでしょう。 親が遠くに住んでいるとなると、さらに交通費や通信費などがプラスで必要になってくるので、介護にかかるであろう費用額は膨らむばかりですね。

◆ 負担に押し潰されそうな人々の声

「自分以外の家族全員が介護放棄をしていて、独り身の私が全て介護負担をしています。 そのせいで結婚もできない状態ですし、負担額が大きくて本当に辛いです。」

「年金では足りないので、貯蓄を取り崩している状態です。」

「介護は今後どれだけの費用がかかるのかが読みにくいので、経済的な負担への不安感がいつまでも拭えなく、正直きついです。」

~まとめ~

本人が自分自身の老後を見据えて準備資金を用意していられれば、あまり問題もないのでしょうが、そうでない場合、子供や孫といったご家族に経済的負担がのしかかってしまうことになります。 経済的な不安やストレスは侮れないものですよね。 いくら親子とはいえど、相互の関係を悪化させてしまったり介護貧困といった重大な問題を引き起こすことにもなりかねません。 そして、介護の資金調達はなかなか簡単なことではありません。 一人に介護費用の負担が集中するという現状も少なくないのです。 行き詰ってしまう前に、負担を軽減できるような工夫をしてみましょう。 プロの方に相談してみたり、様々なサービスの中で自分に合ったものを選んで解決の糸口を手繰り寄せてみてはいかがでしょうか。 トップページ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む