緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

介護計画はしっかり立てて~介護計画について

2015-04-15 コラム・ニュース


◆ 介護計画とは?

●介護計画、それは自治体へ申請から訪問調査の結果、要介護認定を受けた後、最初に交付されるのがケアプランです。介護計画はそれに基づいて計画を立てる事になります。 介護支援専門員(ケアマネジャー)との連密な打ち合わせが、今後の介護計画を立てる上で重要なところとなっていきます。

●介護認定に関する結果が来たら、ケアマネジャーが作成したケアプランをもとに、在宅サービスにするのか施設に入るかを決め、よく相談をしたうえで在宅サービスを選んだのならケアプランをもとに在宅サービスにおける介護計画を立て、施設に入るのなら実際に利用をする施設にプランをもとに介護サービス計画を作成してもらう事になり、それに基づく介護サービスを受けることになります。

また、福祉業の経験がある方ならば独自に介護計画サービスを作ることが出来ます。お年寄りの事をよく知ってるのは自分だという方は、保険の範囲内かつサービス提供ができる範囲内で、自分で計画書の原案を作ることが出来ます。

◆ 介護計画作成

介護計画はケアマネジャーが、ケアサービスを利用される方やそのご家族と相談して作成されるのが介護サービス計画書です。 要介護認定の結果をもとに、ケアマネジャーが介護サービスを利用される方やご家族と相談して作るのがケアプラン(介護サービス計画)です。

ケアマネジャーがお年寄りの家を実際に訪問して、その人やご家族の方とよく協議をし介護サービス計画を示しながら、ご家族やお年寄りの方と相談して決めるのが介護計画です。

●介護サービス計画を作る流れとしては、以下の通りです。

◎介護サービス計画作成依頼は、居宅介護支援事業者やケアマネジャーが居る施設で作成を依頼する事になります。

◎その後、ケアマネジャーが実際に訪問調査を行い、要介護者の状況を把握します。これはケアプランを作成する際の参考になるからです。

◎訪問調査の結果をもとに、介護サービス計画を作成し要介護者本人の承諾を得る事になります。これをケア検討会議といい、本人やご家族の参加も可能となっています。

◎その会議で話し合ったことをもとに、介護サービス提供事業者や施設と連絡を取り合いながら、調節を行った後はサービスを継続的に利用できるようにしておきます。

と、このように介護サービスの計画書を作成してから実際にサービスの利用開始に至るわけです。

◆ 資金調達に関して、その調達方法は色々有ります。その資金調達の中の一つとして、マンション投資があります。

マンション投資は、投資をするためだけの不動産を所有し、それを第三者に賃貸する事により毎月の家賃収入で安定した投資利益を得る事ができる方法です。

銀行ローン等を組んでも、毎月の返済は所有する不動産の家賃収入で殆ど賄う事が出来、月々に払う支払金額の心配も少ないです。 収入が安定している方ならば、堅実な資産形成をするための投資を行う事が可能で、さらにローンを完済後の家賃収入に関しては、純利益として手元に残る事になり、所有する不動産の売却をする事により、その売却益も期待できるものです。

ただし、リスクもそれ相応に大きくなりますので、実際にマンション投資を始める前には、しっかり検討する事をお勧めします。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む