緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

介護サービスの値段の相場~介護サービスの利用料について

2015-04-22 コラム・ニュース


◆ 介護サービスとは?

介護サービスとは、読んで字の如く介護保険料を支払い訪問介護サービスや有料老人ホーム、それにデイサービス(通所介護及び介護予防)の三つに分類されます。 在宅で介護をしている方とその家族にも金銭面などにも負担がかかり、介護保険料はそれを支援しながら負担を軽減し、有料老人ホームなどといった各種設備などを整備しながら介護に力を注いでいます。

訪問介護サービスや有料老人ホーム、デイサービスにも費用が掛かり、実際に負担していただく金額は介護保険料の1割と食費や家賃、諸経費などといった費用(いわゆる利用料)が掛かります。

◆ 介護サービスの利用料

●介護サービスにも利用料がかかり、介護保険料の1割が基本的に負担されています。その費用の概要を見るならば、各種サービスの種類やスタッフの体制、所在地域や施設の設備などにより異なるところがあり、一律料金ではありません。 ですが、要介護度が同じならば同一サービスを利用した場合、利用者の自己負担額はそれほど差はありません。

ただし、介護サービス費以外の費用を挙げるならば、食費や居住費(いわゆるアパートの家賃のようなもの)や各種生活費などといった費用が施設ごとに異なることがありますので、各施設を利用される際には注意が必要です。

●施設に入ることなく、自宅で介護サービスを受けることができる居宅サービスの場合は、利用される方の要介護度やその回数、居住によって費用が決まります。 スタッフが実際に家へ訪問して介護サービスを行う訪問サービスについては、訪問介護と訪問看護、それに訪問入浴介護と訪問リハビリテーションに分類され、これら費用については、実際受ける種類により異なります。

●通所サービス(デイサービス)や短期入所サービスも在宅介護サービスの一種であり、前者については通所介護と通所リハビリテーションに分類されます。しかし費用的には通所介護と通所リハビリテーションとそんなに変わりはありません。

その他サービスについては、特定施設入居者生活介護と居宅病養管理指導があり、前者はケアハウスなどがあり、入所している要支援者や要介護者が受けるサービスで、後者は毎月二回を限度に、医師や歯科医などの病養管理が受けられます。

●施設サービスの費用については、利用される方の要介護度や施設の種類や実際に利用している日数、居室設備によって決定され、基本的に費用が高額なのが介護病養型医療施設で医療関連の職員の体制とケアが充実していることが挙げられます。続いて介護老人保健施設や特別養護老人ホームの順ですが、いずれにおいても個室は多床室よりも値段が高めになっています。

食費や日常的な生活費などといった各種生活費も別途負担となりますので、いずれも注意が必要です。

●介護保険適用サービスの金額についてですが、自治体から承認された要介護状態区分によって異なり、介護サービスの利用限度額があらかじめ設定されています。 利用される方はケアマネジャーと相談をしてから、限度額の範囲内でサービスを受けることになりますが、その際は一割を負担することになります。

また、限度額を超えてサービスを受けた場合は、超えた分の金額を全額負担していただくことになるシステムです。

◆ 介護サービスの利用をするための資金調達のポイント

介護サービスを利用するには、利用するための資金が必要となります。退職までの間、給料やボーナスをやりくりして貯金したお金や退職金を資金調達とする手段がありますが、それ以外の資金調達の方法として、マンション投資があります。

●マンション投資というのは、投資用不動産(住宅など)を所有し、それを第三者に賃貸して第三者が支払う毎月の家賃収入により、安定した投資利益を得る事が出来る投資手法の一つです。

銀行ローン等を組んでも、月々の返済については所有する不動産の家賃収入で殆ど賄う事が出来、毎月の支払いの心配も少なく、収入が安定した方ならば、堅実な資産形成の為の投資を行って頂く事が可能です。

ローン完済後の家賃収入については、純利益として手元に残ることが出来、所有する不動産を売却する時に得られる売利益も期待できるでしょう。 ただし、これも投資の一つになりそれ相応のリスクが伴いますので、マンション投資を始める前にしっかり検討してからマンション投資をしてみてはどうでしょうか。 トップページ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む