緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

高齢化社会が進む日本の問題点

2015-04-16 コラム・ニュース


◆高齢化社会

現在、わが国は国民の4人に1人が65歳以上という超高齢社会を迎えており、今後も早いスピードで高齢者人口が増加し、2050年には3人に1人が65歳以上になることが推計されています。一方で、少子化の進行はもとより、地域社会の機能や世帯構造が大きく変化する中にあって、高齢者福祉のあり方が大きな課題となっている。

●新しいストーリーラインで今後を見通す必要がある。人々の寿命は、これまでよりも長くなっている。これは、われわれが伝統的に考えてきた、勤労年齢の期間が長くなることを意味する。だが、これまでよりも長く働くには、二つの要因、つまり、健康と教育という側面を変化させなければならない。人々が健康に歳を重ね、より長く働けるようにならなければ、新しいモデルは機能しない。

●高齢化社会の進展は、健康的で豊かな暮らしを営むために必要不可欠な医療需要を増大させ、医療資源の確保や経費、医療サービス提供体制、受給者の窓口負担ならびに保険者(健康保険組合など)の保険給付等に大きな負担を強いることになる。また、要介護老人の増加に対する社会的支援制度の拡充も必要である。年金保険・老人福祉サービス・高齢者雇用継続給付などへの影響も大きい。たとえば社会保障給付費の総額は、1970年(昭和45)では3兆5239億円であったが、2008年(平成20)では94兆0848億円と26.7倍になっている。 高齢化社会の支え手(働き手)人口の減少により、人口負荷(population onus)が高まり、政府の財政を圧迫し、現役世代への負担の増加や医療・福祉サービスの低下につながらないとも限らない状況を生み出しつつある。したがって、高齢者雇用の促進や男女共同参画社会の実現など、持続可能な社会保障の仕組み再構築が喫緊の課題となる。

●高齢化が進むということは少子化が進むということでもあり、高齢化社会と少子化は表裏一体といえるだろう。そのため、高齢化対策と少子化対策を同時に施していくのは急務となっていて、国だけではなく各自治体や企業までが率先して対策を行っていることをご存知だろうか? 高齢化社会のこのような現状について知ることができれば、今よりも高齢化社会というものがより現実的にとらえられるようになるでしょう。個人個人ができる対策には様々なものがありますが、例を挙げるならば、不足しがちな医療や介護の現場に率先して就職するというのも対策のひとつだ。

~高齢化により少子化がすすむ中、高齢者はどのように今後自己の資金調達すればいいのだろうか?~

近年少子高齢化が進み若者一人で4人の高齢者を支えなければいけない時代になってきている、高齢者は安心した老後を社会保障のみでおくれると考えているだろうか?そこで高齢者の安定した 収入源としてマンション経営に投資するのはどうだろうか?高齢者自ら自分のことは自分でし、若者に負担をかけずに自分の力で老後を送る。これこそみなが望む老後の暮らし方ではないか。 トップページ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む