緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

「債務相談を無料で行ってくれる機関」

2015-01-15 コラム・ニュース


借金を抱えて苦しんでいても、借金生活から救われる手段として、債務整理というものがあります。

債務整理とは、もともと債務者と債権者間にあった契約内容を、債務者が履行するのが非常に困難になったことから債務者側から、あらためて再契約を提案する、という行為です。

債務整理には, (1)任意整理 (2)民事再生 (3)自己破産 といった主に3つの手続があります。

また,既に払い終えた借入れに対しても,払い過ぎた利息を返還請求できる 過払い金返還請求 という手続もあります。

任意整理も債務整理のひとつなので同じようなことなのですが、他の債務整理とは大きな違いがあります。

任意整理以外の債務整理方法は、債権者と債務者の間に中立的立場の第三者が入りますが、任意整理は債権者と債務者の直接交渉になります。

つまり、任意整理とは、中立的立場の第三者(公的機関の人間です)を介せず、民間人(債務者)と民間人(債権者)が、顔を合わせて、借金返済を解決していく方法と言えます。

任意整理の場合、債務者が債権者と直接交渉するのは、その知識等の差で困難であるため、法律の専門家である弁護士あるいは認定司法書士が債務者側の代理人として、債権者と交渉することが一般的です。

よって、債権者との交渉は代理人に委ねられるため、債務者本人は交渉等に関わる必要がないし、債権者と債務者自身が直接交渉することはありません。

なぜなら、任意整理受任後は債権者が債務者に直接交渉することは法律により禁止されるからです。

では、そのような債務整理をするための窓口として、どのような機関があるでしょうか。

財務局、都道府県・市区町村、 日本司法支援センター(法テラス)、 弁護士会、 日本司法書士会連合会、 日本貸金業協会、 財団法人日本クレジットカウンセリング協会、 全国銀行協会、などが挙げられます。

その中でも、無料で相談にのってくれる機関があります。

公的機関や 日本司法支援センター(法テラス)、各事務所などがありますが、中でも、 日本司法支援センター(法テラス)は国が設立した機関なので、完全に無料で債務整理の相談を受け付けています。

上手に債務整理を行う上でも、良く相談できる機関を選んでいきましょう。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む