緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

退職後の生活~セカンド・ライフ~

2015-04-07 コラム・ニュース


◆ 定年退職後の生活

今まで勤めていた会社を定年で退職し、ようやく会社から解放されるわけです。という事は、今まで通勤時間や仕事などにとらわれることなく、長きにわたり家族や生活のために戦い続けてきた自分との別れをし、悠々自適に時間を使えるわけです。 また、会社員時代にしたくてもできなかった趣味なども、勤め人時代には時間などに余裕が無かったからできないという制約がありましたが、退職後は時間が有効に使えるので思い切り余暇を楽しめることでしょう。

ですが、ここで問題となるのは収入。現役時代の貯金や年金、それに退職金がおありでしょうが、これらを効率よく運用しながら、日々の生活や余暇、それに休みになるとお孫さんへのお小遣いなどにも出費が生じてしまいます。これらの資金を効率よく運用しながら生活を送るのが、定年退職後の生活の当然のことといえるでしょう。

◆ 老後は不安?

老後は会社から解放され、悠々自適の生活を送る事ができるセカンドライフ。自分がしたくてもできなかったことを思い切り楽しみ、のんびり過ごすのが理想と云えるでしょう。 ですが、老後に不安を感じる人がここ数年の間、増えてきているのも事実です。

●老後に不安を感じる理由としては、年金の問題や十分な貯蓄が無いといった、金銭面において不安な現実があるようです。 近年の不況などにより、現役時代に得た給料が下がったり、ボーナスなどといった賞与が出なかったというのも影響しているでしょうし、これらが十分な貯蓄に影響されているのです。

●退職後は年金を頼りに生活していくことになる事を、退職する前にあらかじめシミュレートしておくと、年金生活に突入しても困らないでしょうし、大型の支出のめどがつきやすくなり、効率よく資産運用していけるでしょう。

●お金の他に不安なのが健康面。実際に病にかかり病院に入院し、退院したら通院費もかかわっていくことでしょうし、場合によっては介護までも生じることでしょう。これらに関しては、健康面だけでなく費用面にも影響が生じることでしょう。なので、保険だと最近は入院・通院・治療費までもカバーする保険もあるくらいです。

◆ まだまだ現役!再雇用制度

60歳で定年退職後、やはり働きたいという声が高い世の中。その背景には、退職後から年金受け取り開始までの空白期間における収入が一番の不安だそうです。その空白期間における収入は、当然ないのでその間の生活は一番苦しくなり、やはり仕事がしたいというのが本音のようです。

●最近は再雇用制度があり、導入している企業もあるくらいです。といっても、正社員ではなく契約社員などといった形式での雇用となる事があるようです。 企業にとっては人件費が安く済みますし、働く側にとっては技術が生かせるなどといったメリットがあり、雇用条件に柔軟性が持てることを活かせるからです。

●再就職をするとなると、職業安定所で職業検索をしたり以前勤めていた会社の縁故を使っての職探しをされているとお思いでしょう。 縁故就職ならば、現役時代に自分を知ってる人がいると思いますし、そのつてを使って再就職先を探して新たな仕事をして行けるからです。

●人材派遣会社に登録しておくのも手段の一つですが、その登録した会社に「シニア部門」があるかどうかです。シニア部門があっても、再就職先があるかないかによりますし、主に警備(守衛)や配送などがあります。人材派遣会社を探す際、「シニア部門」があるのかないのかを確認してみてはいかがでしょうか。

●人材派遣会社に登録して、新たな仕事を始めたり、以前勤めていた会社で継続雇用という形で仕事を続けてきたりとありますが、自ら会社を立ち上げて起業する人もいるくらいです。

◆ まとめ

退職後の生活、それがセカンドライフです。が、問題なのが収入面に不安があったり、年金受け取り開始までの間の空白など、お金の面で不安を感じることがあると思います。 その空白の間の収入面における対策として、再就職をしてそれまで勤めていた会社で自分が得た技術を生かしながら仕事をしたり、人材派遣会社にあるシニア部門で、守衛などをして働いたり、場合によっては自分で会社を立ち上げて、経営そのものにかかわったりと、セカンドライフもまだまだ働きたいのが、今の団塊世代の方々の現状なのでしょう。 セカンドライフである、退職後の生活。充実した日々を過ごしたいものですね。 トップページ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む