緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

不動産と相続や税金の関係

2015-09-29 コラム・ニュース


◆不動産と相続

●もし、あなたが急逝したとしましょう。生前に購入した土地や建物はどうなってしまうのでしょうか?一般的に厄介なのが不動産なんです。 分割しづらくて評価がしにくいのが不動産で、兄弟(姉妹)間で相続にわたるトラブルが発生してしまうのが、不動産の相続によるものです。

不動産を相続するとした場合、以下の方法に分かれます。

①現物分割 →不動産を物理的に分割するやり方で、土地ならば分筆して分けてしまう方法となります。更地ならば容易に分割できますが、住宅などがたつとその後の土地活用が難しくなり、余計複雑になってしまいます。 ②換価分割 →早い話が、不動産そのものを売却してお金に換えてしまうやり方です。しかし、売却を急ぐと予想価格より値が下がってしまう事もあり、場合によっては市場の動向の影響を受けやすくなることです。 ③代償分割 →相続人の一人が、不動産を相続します。他の相続人には持ち分相当額の対価を支払うことになります。 ④共有分割 →不動産の所有を共有してしまうやり方です。不動産全般を相続人がそれぞれの割合で共有してしまうやり方です。

と云った相続方法で、土地や建物を残された家族へと相続していくわけです。

しかし、それら相続にも税金がかかってしまいます。それは次に話します、

◆相続と税金の関係

●土地や建物を相続した場合は、必ず相続税がかかってしまいます。しかし、現金と比べ不動産は計算基準となる評価額は低く評価します。 仮に有価証券に投資したとしましょう。評価額そのものは時価評価となりますが、不動産に関しては時価の約3割程度として評価されます。

●相続税を計算したとしましょう。その計算図式は以下の通りです。

(すべての財産額―基礎控除額)×相続税率=相続税

と云った図式で計算されます。しかし、平成27(2015)年から相続税そのものが変わり、基礎控除額が縮小されていますので、計算される際には気を付けてください。

不動産相続をする場合、固定資産台帳や路線価等から算出した評価額が課税額となります。相続税額が少なくなる傾向があり、他の資産と考えるならば相続税などの節税対策にもなることでしょう。

●相続税対策として有効なのが、タワーマンションです。そもそも部屋の個数が多く土地の持ち分が少なくなることがメリットですし、土地の評価額が少なく計算されるので相続税としてはおすすめです。

デメリットは人気物件故購入コストが高くなる傾向にあることと、空室リスクがワンルームと比べ大きくなることです。 相続税対策としての購入を検討される方がいらっしゃいますから、タワーマンションの需要が高いのですね。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む