緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

「スロットで作った借金をまとめたい」

2014-11-26 借金・おまとめ


①「借金とは」

借金とは、お金(金銭)を借りることである。また、借りたお金のことも指す。

会計・経理用語では借入金と言い、負債という勘定科目に入れる。借金は、法律的な用語で言うと、債務の一種である。

(なお、お金を借りるということは、借りる側と貸す側がいて成立するものであるが、お金を借りる側でなくお金を貸す側から見ると(つまり反対側から見ると)、貸すことは「融資」「貸付」などと呼ばれ、貸しているお金は「貸付金」などにあたり、資産という勘定科目に入れられる。)

借金には個人が個人から借りる形態、個人が法人から借りる形態、法人が法人から借りる形態など、様々なものがある。

特に親しい個人の間で緊急に小額のお金(小銭)の貸し借りが行われる場合は、特に書面も交わさずに借金が行われることは世の中では実際にはそれなりの頻度で起きている。

ただし、ある程度以上の金額などの場合、貸す側はお金を貸したという証拠を残し、貸したお金が返ってくるようにしたり、記憶違いを防いだりするために、「金~円をお借りました」といった内容の書面を書いて渡すことを借り手に対して要求することが一般的、あるいは、そうすることが望ましい、とされている。

そのような書面のことを正式な用語では「借用証書」と言う。

借用証書には、貸し手の名、借り手の住所、借り手の名、借りた日付、借りた具体的な金額、などが書かれ、署名あるいは署名・捺印する。

特に印刷された専用の用紙でなくとも、便箋やコピー用紙などに手書きであっても、必要な要素が書かれていて署名(署名・捺印)があれば、法的には金銭の貸し借りが行われた証拠として認められる。

借り手は、借りたお金を返した時には、貸し手から受領証を書いてもらい受け取ることで、確かに借りたお金は返した、という証拠を手元に残し、あるいは、借用証書の原本を返してもらう、ということを行う。

②「スロットとは」

パチスロとは、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」によって規制を受ける第7号営業店=パチンコ店等に設置されるスロットマシンのことである。

正式名称は「回胴式遊技機」。

保安通信協会(保通協)によって行われる型式試験に合格しなければ設置できない。

登場当初はオリンピア物産(現在のオリンピアとは別の会社)製の機械がメインだった為、「オリンピアマシン」とも言われた。

スロットマシンがリールの自動停止を待つのに対し、パチスロではステッピングモーターの制御により遊技者がストップボタンでリールを停止できる。

これはパチンコとともに法的に遊技者が最低限の技術介入を求められているためである。

パチスロ登場以前は、ラスベガスなどでお馴染みのいわゆる「アップライト型」が主流であったが、大型のスロットマシンは店舗への導入が困難である事から、パチンコの枠にそのまま設置できるスロットマシンが開発された。

③「スロットで作った借金をまとめたい」

そこで借金をまとめたいと思っている方について、借金の一本化、おまとめ ローン おすすめできません。

多重債務で困って借金相談に来られる方の中には、「おまとめローン(おまとめ)を利用してお金を借りて借金を一本化しました。」とか、「おまとめローン(おまとめ)を利用しお金を借りて借金の一本化を考えています。」というケースがよくあります。

いくつかの銀行では、「おまとめローン」なる商品をテレビ、ラジオや新聞などで派手に宣伝しているところがあります。

おまとめローン(おまとめ)はあなたにとって良い商品(メリット)なのか、悪い商品(デメリット)なのかを考えてみましょう!

おまとめローンの唯一のメリットはブラックリストに登録されないことですが、おまとめローンを使用すると返済が長期化してしまいます。

長期化することで、最初は返済の目処が立ったように思いますが、結局返済不能になるケースが多々あります。

完済した消費者金融から借り入れしてしまい借金が2倍になってしまった方を大勢知っています。スロットなどのギャンブルをやめて地道に返していくほうが得策ですね。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む