緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

高齢者の為のお金の管理&資金調達を助ける2つの公的サービス!

2015-04-17 コラム・ニュース


◆ 高齢者によるお金の管理

●施設でも在宅でも、要介護者の金銭管理は非常にナーバスになるものです。
特に高齢者では、認知症を患っていることによるせん妄症状から被害妄想などに繋がり、金銭の問題に繊細になっているケースも多々見られます。
介護施設では財布を預かってくれるところも多くありますが、在宅介護をしている場合、皆さんはどのように金銭管理をしているのでしょうか?

◆ 公共サービスを使って安全に!

●高齢により、判断能力の低下や外出が難しくなったりした方々にとっては切実な問題でもある金銭管理を、公共サービス(日常生活自立支援事業)を利用して行う方法があります。
社会福祉協議会(社協)では訪問介護や配食サービスなど、地域住民に身近な福祉サービスを手がける、準公的な機関。
貯金の引き出しに限らず、ショートステイや配食サービス利用料支払の代行に家賃の減免申請などをする事で金銭管理の面から在宅生活の安心を確保してくれます。

◆ アクティブシニアの為の資金調達方法!

●90歳まで生存する日本人の割合は男性22.2%、女性46.5%(平成24年簡易生命表(厚生労働省)となり、前年度より男女共に約1%延びています。
元気で活動的な老後期間が延びると、月々の生活費や介護費などで必要な老後資金が不足するかも知れません。そのような場合には、自宅を活用して資金調達を考えるのも一手です。
自宅を活用してお金を生む方法には「売る」「貸す」「借りる」の3つがあります。ここでは、「貸す」手法として「マイホーム借上げ制度」をご紹介します。

◆ 人生をもっと豊かに!「マイホーム借り上げ制度」

●「高齢者等の住み替え支援制度(国土交通省)」を活用した、自宅を最長で終身にわたって借上げをしてもらい、安定した賃料収入が保証される制度になります。
一般社団法人「移住・住みかえ支援機構」(以下「JTI」)が実施・運営を担っています。
入居者の募集や契約、家のメンテナンスなどすべてJTIが行いますので、賃貸に関する手間がかからない事が最大のメリットになります。
ただし、借上げの際には、建物調査を実施して耐震補強を含む一定レベルのリフォームが必要になることがありますので、申告者の適応年齢や最低賃貸料の保証の有無、家賃相場など制度の概要をJTIに問い合わせしてみることをお勧めします。

~今回のまとめ~

●繊細な問題になりがちな高齢者の金銭管理。
公的なサービスを有効に活用することで、その負担軽減を図りながら、新たな資産作りとしての不動産活用法をご紹介致しました。
いわゆる「老後マネー」の在り方を、在宅介護などを受けながらでも見直すきっかけになれば幸いです。

トップページ



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む