緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

【外国へのマンション投資に注目している理由】

2016-01-19 マンション投資


◆ マンション投資

マンション投資 で自身と家族を役員として設立した別アカウント(法人)を家計内に設けることで、投資運用で得た収入の受け皿とします。

これにより法人の税務メリットを活かしながら、節税と所得分散を可能にします。

また支出面でも活用範囲が広く、通信費や交通費、飲食交際費などを経費に計上できるため、家族の2つめのおサイフとしての機能を持たせることができます。

タイプが異なる複数の不動産に投資することで、リスクの相互補完と投資効率の向上をはかります。

また不動産にとどまらず、株式をはじめとした投資運用や、貯蓄型の保険商品の活用による多角的なポートフォリオを組むことで、収入の補完やライフプランの充実に寄与していきます。

日本はすでに大相続時代に突入しており、資産課税強化の方向にあります。

この状況で資産形成をしていくためには、個人による財産積み上げだけでは難しいでしょう。

個人の財産相続から、法人の持分(株式)の相続へと変えることにより、個人の想いも乗せた「資産の器」を後世にわたってバトンタッチしていくことができます。

◆ 海外

● 日本の不動産会社や機関投資家など投資家が海外不動産に注目している理由は、国内では人口減少が続き長期的に減っていくのに対し、海外では人口が増加して高い経済成長率が見込める、特に、インドネシアやフィリピン、マレーシアなどアジア新興国では人口の増加と都市への集中が続き、住宅を中心に商業・業務施設などへの旺盛な需要によって長期の市場拡大と価格上昇が期待できるという見方です。

また、国が違えば不動産に関する法制度や税制が異なるのは当然ですが、せっかく投資でもうけても、外貨規制のため資金の国外持ち出しが出来ない国もあります。

どこの国でも不動産は非常に個別性が強い資産ですから、日頃からビジネスの交流があって土地勘のある国や、信頼できる現地パートナーがいる国を選ぶことが望ましいでしょう。

いわゆるアベノミクスで株価が大幅に上昇しましたが、景気の回復傾向もあって全国主要都市の地価も上昇傾向が強まっています。

そのような事で国内外から投資マネーが流入してマンション投資市況は活況を呈しています。

◆ ベトナム

● 世界経済を牽引すると期待されている新興国で現在、その中の メンバーであるベトナムは投資対象国として脚光を浴びています。

ベトナムの 不動産市場が魅力的な理由として、以下のものが挙げられます。 急激かつ堅実な経済成長を続けている 不動産の収益力が高い まったく満たされない不動産需要 空室率の低さ ベトナムへの訪問客の急増各国から注目されているベトナムですが、首都であるハノイ周辺とベトナム最大の商 業都市であるホーチミン市周辺の2大マーケットとなっています。

「ハノイ市拡大計画」に伴い、海外からのマンション投資も盛んで、マンション投資のチャンスが多く 存在しています。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む