緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション投資の戦略特区と外国人について

2015-05-18 マンション投資


 

マンション投資とは

利益を得る事だけを目的に不動産事業に資金を投資することを、マンション投資と云います。

わかりやすく言えば、購入した不動産を第三者へ貸し出し、それから得ることができる家賃収入をインカムゲインといい、それを購入した金額以上の値段で売ることで得られる利益をキャピタルゲインと云います。

注目されている理由は、低金利とこれからの年金不安で新たな資金運用先として注目されており、マンション投資に関しては、空室が無い限り安定した収入を毎月得られる事が出来るメリットがあるので、年金不安を補う事が出来ますし、会社を退職した後に得られる退職金の運用先としても注目され、会社員をしながら大家さんをしているサラリーマン大家さんがその代表的な例です。

メリットについては、毎月安定した収入を得る事ができ、場合によっては不動産を売却することも考えられますが、売利益としての収入が入りますので地価上昇のチャンスを狙っての売却手段として使う事も出来、手持ち金が無くても、金融機関からローンを組むことにより投資する不動産や収益を担保にしてお金を借りることにより、資金調達が容易であるのが魅力です。

また、デメリットとしては、空室が生じる事や地震や水害などといった各種災害のリスクが伴うことがあり、流動性が低く不動産は現金に換える事が出来ないことから、長期的投資スタンスを持つことが必要です。

マンション投資に関する戦略特区とは

平成26(2014)年3月、地域限定の大胆な規制緩和を行う特区として、首都圏(東京や神奈川、千葉など1都6県)や関西圏(大阪や兵庫、和歌山や京都など)のほか福岡市だけでなく、農業特区として新潟市や兵庫(養父)のほか沖縄県全域を戦略特区として政府は指定しました。

国家戦略特区は、安倍政権の成長戦略の柱(いわゆるアベノミクス)の三本目の矢の一つであり、広域特区は首都圏・近畿圏として、ビジネス環境の整備を行うこととし、兵庫・養父や新潟市は農業特区、福岡市は雇用特区、沖縄県全域は革新的事業連携特区としてベンチャーや創業支援などに力を入れていくこととなります。

国家戦略特区について政府(安倍政権)は、医療や農業などといった規制緩和の推進により地域産業の強化で日本経済のけん引役となることになり、マンション投資にとっても大きなメリットになっていくことでしょう。

マンション投資と戦略特区と、外国人の関係

首都圏や近畿圏などといった戦略特区では、外国人の起業を促進しようという動きが強まっているようです。

国家戦略特区における、外国人労働者の受け入れを強化し拡大していくことになります。

特区に関しては、起業目的の外国人に対する在留資格を新設し、家事や育児などをお手伝いする外国人に関しても、戦略特区で先行受け入れをする方針です。

起業を起こす外国人を積極的に受け入れて、創業後の事業計画等を提出すれば在留資格は数年間与えられる事が出来ます。

国外からの労働者が増えることは、マンションやアパートを借りて住む事が出来、マンション投資に関しても外国の方に部屋を貸してあげることで家賃を徴収し、収益として入る事も期待できるでしょう。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む