緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション投資の老後対策と老後必要資金について

2015-05-20 マンション投資


 

◆ マンション投資による老後対策、資金運営

● 昨今、年金の存続が危ぶまれ、日本経済自体も低迷を脱しきれていない状況を見て、老後の資産運用に不安を持つ方は少なくないだろう。それにも関わらず社会保険料の料率は上がり続け、消費税も近々10%に上がることが決まっている。ここ数年、日本全体においては「貯蓄から投資へ」というスローガンが継続的に叫ばれているが、ますますその必要性が増しつつある時代が訪れていると言えるだろう。 もちろん、投資のみが絶対的な正解というわけではないが、どちらの選択肢を選ぶにせよ老後の資産運用を考えることが欠かせない時代が到来をしている。老後の資産運用を検討している方に、ヒントの1つとして今回お伝えするのは「マンション投資」だ。

◆ マンション投資のメリット

マンション投資をおすすめするのには、大きく3つの理由がある。

マンション投資の1つのメリットとして、自己資金が少なくとも開始できる「始めやすさ」がある。イメージ的には富裕層向けという気もしますが、実際には借り入れ等で開始することもできる。

● 税金対策や保険の代わりにもなる マンション投資は、株式投資と違い現物資産としての利益が大きいというメリットがある。そのため、損益通算による確定申告での還付や、減価償却による節税といった効果が期待できる。さらに、相続税や贈与税に関しても節税効果がある。このように、資産でありながら同時に節税も出来る点は大きなメリットと言えるでしょう。

● 安定的な収入源になる 最後3点目、重要なのは毎月確実に家賃収入が期待できる点だろう。人間の不思議なところではありますが、たとえ退職金で1,000万円程度預金されていたとしても、それを崩すというのはなかなか勇気がいるものだ。 一方で毎月入る資金については、ある程度の余裕を持って利用することができる。それは、つまり、老後の生活を経済的にも精神的にもラクにすることを意味している。マンション投資は景気に大きく左右されることはあまりなく、家賃収入が急落することも多くはない。 以上3点の理由から、マンション投資は老後を支える大きなヒントとなるはずだ。

◆ 老後必要資金

● 65~80歳の必要額は約1700万円

■老後期間15年(65歳~80歳の期間) 7万2146円×12カ月×15年=1298万6280円

■老後期間20年(65歳~85歳の期間) 7万2146円×12カ月×20年=1731万5040円  



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む