緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

海外マンション投資を検討の方に

2016-02-01 マンション投資


♦なぜ今、アメリカ不動産が選ばれるのか

●ゆるぎない資産形成が求められる今、「アメリカという選択」があります

人口増による雇用増大

シェールガス革命による低廉なエネルギー資源

世界一透明性が高い不動産流通システム

●「人口増」や「シェールガス革命」により堅調な経済成長が見込める先進国 アメリカ

アメリカ、日本、ヨーロッパ(6カ国)の先進国三極の中で、アメリカは過去20年間で最も高いGDP成長率を達成しました。

先進国随一の人口増加、シェールガスがもたらすエネルギーコスト革命により、2018年までに先進国三極の中で

最も高いGDP成長率が見込まれます。

経済成長による雇用の増大は、賃貸不動産市場を成長させるドライバーの一つとなっています。

アメリカの不動産市場は、法規制による「消費者保護の徹底」により分業体制が整備され、透明性とクォリティの高い

「不動産流通システム」をベースに、健全な市場を形成しており 世界中からの不動産売買に対応しています。

●アメリカ不動産への投資は、国内不動産では想像できない「醍醐味」にあふれています

中古市場の成熟と価値上昇

持家比率の減少と賃貸志向へのシフト

「高稼働」「賃料上昇」によるインカムゲインと値上り益(キャピタルゲイン)

●住宅が「資産として長期的に価値を生む」アメリカ社会

不動産流通市場における中古不動産の割合は、日本では14%、アメリカでは78%と高く、成熟した中古不動産市場が整備されています。

中古市場の規模も日本の約40倍と巨大であり、適正なメンテナンスにより 中古不動産はその価値を維持し、長期的な資産価値を形成します。

アメリカでは、若い世代を中心に進む所有から賃貸へのシフトによる「持家比率」は、2004年をピークに減少が続いています。

融資条件が厳格化されたことによる住宅ローンの難化・職業選択時の柔軟性が高い借家への志向変化などが主な理由です。

そのため、若い世代を中心に集合住宅への需要が高まっています。

マンション価格(集合住宅)の比較では、この18年間、日本国内は価格が40%も減価しましたが、アメリカでは2.5倍以上値上りしています。

アメリカの集合住宅が優れたキャピタルゲインを達成していることがわかります。

高い賃貸需要に支えられた「高い流動性」も国内不動産とは比較になりません。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む