緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション投資の公的年金と運用先について

2015-05-23 マンション投資


 

◆マンション投資の公的年金について

●マンション投資について簡単に解説するならば、投資をするための物件購入を所有し、そこから得られる賃料収入を得る事でスタートしますが、最初は金融機関でローンを組んでから購入するのが一般的なやり方です。 最初のうちはローン返済にウェイトを置くことになりますが、それが完済したら賃料はすべて手元に入ってくることになります。

マンション投資の年齢層は、将来の年金不安などを背景に、若い世代のマンション投資が増加傾向にあります。 賃料収入は年金不安における公的年金の不足分の補填が出来、それだけでなく節税効果やインフレの影響をほとんど受ける事はありませんが、当然ながらリスクは伴います。 空室問題や賃料未払い問題、建物の老朽化などといった諸問題が発生しますので、マンション投資に関してはメリットとデメリットが存在することを覚えたほうがいいでしょう。

●公的年金についても、昨今では問題となってきています。 年金制度そのものを見直すことにより、年金受取額は65歳でも段階的にはその年齢が引き上げられるものと思われ、公的年金だけでは生活していくことが困難になっていくことでしょう。 それゆえに公的年金に対する不安は広がるばかりです。

安定した老後を送るとしても、公的年金だけに依存せずそれに代わる収入源を確保することが重要となっていくことでしょう。 マンション投資を公的年金の代替に使うとしても、私的年金として活用する事が出来ますので、これは有効な投資手段の一つで、ローンの完済を定年退職までに済ませておけば賃料収入は私的年金の一つとして活用する事が出来、私的年金は安定した収入源となり、公的年金に代わる収入源となるでしょう。

◆マンション投資の公的年金とその運用先について

●資産規模の年金を除けば、一般的に年金管理者の中にマンション投資を専門に扱う人はなかなかいません。 マンション投資の特性およびリスクについては外部機関に委託するしかないのが現状です。

年金は1990年代半ばから不動産に関する投資を行っていませんので、マンション投資に関する的確なコンサルティングを行うのは信託銀行だけでした。 年金のコンサルティングニーズについては十分に満たしておらず、結果的にはそれが課題となっているようです。

●一定条件の基、マンション投資に関するリスクとリターンの見込みを設定することが可能で、パフォーマンスの要因などを分析し、資産配分などについては修正を行う事が可能であると考えられます。

公的年金に対して、投資運用方針におけるマンション投資の有効性及びリスク管理法と課題について適切なコンサルティングをエージェンシー問題をクリアできる立場で行う事が重要です。

●J-REITとは、多くの投資家から集められた資金でマンションなどといった複数の不動産を購入することにより、賃貸収入および売買益を投資家に分配します。 なおREIT制度はアメリカで生まれた投資信託制度で、J-REITは日本版投資信託制度です。

投資タイミングを見るならば不動産私募ファンドは投資タイミングが限定されるのに対し、7J-REITはそのタイミングが限定されません。また、流動性リバランスを見ても前者は制約が大きいのに対し後者針原運巣が高いことも特徴で公的年金も資産運営という意味では、マンション投資市場に大きな影響を与えることでしょう。  



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む