緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション投資はサラリーマンにこそ適している!

2018-05-28 マンション投資


マンション経営 サラリーマン 副業

 
マンション投資を含む不動産投資については、一昔前まで潤沢な資産を持つ人向けの側面が強い投資商品でもありました。

ところが昨今、不動産事情が時代の流れと共に大きく変わったことを受けて、マンション投資はより幅広いニーズに応えられる投資商品に姿を変えてきています。

特にここ最近では「副業」としての人気も高く、サラリーマンをはじめとした会社員の人々から高い支持を得ているのが顕著な傾向として出ています。

事実、数多くの資産運用や副業と比べたうえで、「マンション投資はサラリーマンにこそ適している」と言えるでしょう。

何故サラリーマンにこそマンション投資がおすすめなのか?

マンション投資の特徴やメリットを踏まえながら、分かりやすく解説していきましょう。

昔とは違う!時代の流れと共に変わったマンション投資の形

マンション投資 歴史 スタイル

 

皆さんはマンション投資や不動産投資と言えば、どのようなスタイルを連想するでしょうか?

恐らく、少なくない割合で「昔のスタイル」を連想する人が未だにいらっしゃるかと思います。

時代とともに形を変えてきたマンション投資について詳しく知ることで、なぜ「サラリーマンにこそ適していると今言われるのか」が具体的に見えてくるでしょう。

80年代~90年代のマンション投資のスタイル

1980年~90年代、いわゆる「バブル経済」に沸く日本では、第一次不動産投資ブームが訪れていました。

投資ブームとなっていた不動産投資のスタイルは以下のような内容です。

・マンションやビルなどを購入
・購入後一定期間待ってから売却
・買値と売値の差額で利益を得る

 

つまりバブル投資の不動産投資については、「安く買って高く売るスタイル」が人気だったわけですね。

もちろんこのスタイルは、急激な不動産価値の上昇が続いていたバブル時代だからこそ成り立つ方法です。

実際、バブル期には「10億円で購入した物件が半年で20億円まで値上がり」などと言うケースがざらにありました。

そのような状況だからこそ、高額な費用を投じたとしてもそれ以上のリターンが見込みやすかったのです。

とはいえこのスタイルを実現するにはそれなりの資金が必要になるのは当然の話。

大儲けする人が出てくる一方、サラリーマンが副業として不動産売買を行えるようなものでもありませんでした。

ところがご存知の通り、バブル経済が崩壊して状況は一変します。

不動産価値は急落し、更にバブル崩壊後からそれこそ現在に至るまで、以前のような急激な不動産価値上昇の流れは訪れていません。

よって「短期間で安く買って高く売るスタイルの不動産投資」は、バブル崩壊と同時に一気に廃れていったのです。

最近のマンション投資のスタイル

バブル崩壊後、「短期間で安く買って高く売るスタイルの不動産投資」が成立しなくなったことで、不動産投資は衰退していくと見られる意見もありました。

しかし、従来とは全く異なるスタイルで不動産投資は「復活」を遂げます。

物件を所持し、第三者に貸し出すことで家賃収入を得る」スタイルです。

このスタイルは以前までの「一発勝負」と違って、長期的に収入を得ていく点が一番の特徴でしょう。

もちろん売買で利益をあげる形の従来の不動産投資と違って、単発でなおかつ短期間に莫大な利益をあげることは難しくなりました。

一方で、「毎月家賃収入が見込める」ため、物件購入費用をローンでまかなったとしても、十分に運用が可能な点は従来の不動産投資と大きく異なるメリットです。

そのため、潤沢な資金を用意できない人でも不動産投資の実施が可能となり、ニーズが右肩上がりで増加。現在は老若男女を問わず、幅広い層から人気を集める投資にまで成長しました。

特にマンション投資は、数ある不動産投資の種類の中でも高い人気を誇っています。

理由はいたってシンプルです。

・一棟単位で所持することの多いアパートやビルと異なり、マンションは「一室」単位で所持できる
・部屋単位で物件を購入できるため、自己資金が少なくても運用可能
・「一室」持ちだと、管理やリスクマネジメントに対応しやすい

 

つまり、不動産投資の中でもマンション投資は「必要資金が抑えやすく、運用面の手間も軽減出来る」わけですね。

これらの要因により、マンション投資は「働いている人の副業」としても高い支持を集められるようになったと考えてください。

なぜマンション投資はサラリーマンに適しているのか?特徴を踏まえて解説

マンション投資 サラリーマン おすすめ 副業

 

時代背景と合わせて、マンション投資のスタイルが変わっていったことは前述のとおりですが、「サラリーマンにこそ適している」と言う理由はそれだけではありません。

最近のマンション投資に関する特徴やメリットを踏まえながら、その理由をご説明しましょう。

マンション投資の特徴・メリット

以下は最近のマンション投資における代表的な特徴を示したものです。

自己資金が少なくても始められる

マンション経営をしている方の大多数は、金融機関などから融資を受けて運用を行っています。
そのため、一番初めにかかる資金を抑えやすく、貯蓄が少ない人でも参入できるのが大きな特徴です。

また最近ではフルローンなど、物件購入費用のすべてを融資してくれるタイプのローンも登場してきており、自己資金面でのハードルはさらに低くなりました。

常に必要とされる賃貸物件

住む場所は「衣・食・住」のひとつに代表されるように、人間が生きていく上では最も基本的な部分です。
もちろん「住」といっても賃貸に限らず、分譲や戸建てを購入して生活する人もいるでしょう。

しかしながら特に都市部などの住居に関しては、時代が変わっても「一定の賃貸需要」は常に見込める状態が続いています。
「人が住んでいれば家賃収入を得られる」のがマンション経営の基本ですから、収益源の安定度で言えば、他の投資商品と比較してもトップレベルにあると言えるでしょう。

手間を押さえながら運用できる

マンション経営に関する知識など役に立たない、と言っている訳ではありません。
しかしながら他の投資商品にはない、サポートシステムがすでに確立されているのがマンション経営の特徴でもあります。

例えば物件選びの際にもプロの意見を参考にしながら選べますし、運用中も「所持物件に人が住んでいればそれだけで毎月家賃収入が入ってくる」のです。

もちろんそのための準備や空室時の対策は必要とされるかもしれませんが、「収益を安定させるために随時稼働し続ける」必要はありません。

株式投資やFXではこうはいきませんよね。
刻々と変わる市場の値動きをチェックしたり、情報を入手して予測を立てたりと、常に稼働することが結果を大きく左右するケースが多々あります。

「金額が固定されている家賃」という収益源があるからこそ、マンション投資は手間を抑えつつ、安定的に運用していける投資商品と言えるのです。

投資時のリスクやトラブルに対処しやすい

例えば、株式投資で「買った株の値段が上がらなかった場合」はどうなるでしょうか?
当然その結果に対する保証はなく、被った損失は自ら負わなければなりません。

いっぽうマンション経営の場合、収益を失う主なケースとして「空室時の家賃ロスト」が挙げられます。
所持物件に住人がいなければ当然家賃収入も入らず、「収益ゼロ」と考えるのが普通ですよね?

ところがマンション投資ではこのようなケースを想定し、「家賃保証サービス」が用意されています。

つまり、仮に空室状態になったとしても常に家賃収入がオーナーに入ってくるよう、「損失の補填」に似たサービスが確立されているんですね。

他にも面倒な大家業務や物件の管理などを専門業者に委託することも可能です。

もちろんこれらには費用が発生しますが、仮に自分自身ですべて運用したときに発生する損失や手間・時間などを考慮すると、メリットの方が大きいと考えることも出来るでしょう。

年金や生命保険代わりになる

マンション投資は基本的に長期的な運用になります。
特にローンを組んで運用している場合は、数十年運用を続ける人が多いでしょう。

ただし、ローンを完済した後は「家賃収入の中から手元に残るキャッシュの割合が増加」し、常に安定的な収入源となるため、老後の年金替わりに役立てられます。

さらに、ローンを組む際は住宅ローン専用の「団体信用生命保険」に加入するのが一般的で、住宅ローンの債務者に死亡や高度障がいなどの万一のケースが生じた時、この保険により、物件のローンが完済される仕組みとなっています。
しかも物件自体は被保険者(本来の債務者)の家族などの元に残るため、売却・もしくは第三者に貸し出すことでキャッシュを生み出してくれます。
つまり債務者にもしものことがあった際に払い出される生命保険と似たような役割を果たしてくれるんですね。

マンション投資がサラリーマンにこそ適している理由まとめ

前述したマンション投資の特徴及びメリットを踏まえて、「マンション投資はサラリーマンにこそ適している」と言える理由を箇条書きにしてまとめました。

・「住みたい」というニーズはいつの時代でも変わらない
・自己資金が少なくても運用できる
・手間や時間をかけなくても運用できる
・リスクやトラブルへの対応システムが確立されている
・老後の収入や生命保険の代わりとしても使える
・専門家をパートナーにしながら運用できる

 

サラリーマンは当然本業が一番大切です。また、日々の生活や老後のためにも大きすぎるリスクは背負いにくいものでしょう。

従って、副業や資産運用を選ぶ際は「本業に支障を出さず、リスク管理しやすく、安定して収益を得やすい」ものがベストではないでしょうか?

そう考えると、マンション投資は「サラリーマンが資産運用・副業する上での大切な要素をすべて押さえている」と考えられるため、「サラリーマンにこそマンション投資が適している」と言えるのです。

借金や奨学金返済がある人にも!キャッシュバック付きマンション投資のススメ

マンション投資 キャッシュバック 借金おまとめ 奨学金返済

 

ここからは一般論ではなく、私たち『不動産コンサルタントFP事務所』独自のお話になります。

これまで私たちは、様々な方のマンション経営をはじめとした不動産投資をお手伝いする中で、常に「借金があるから、資金が少ないからできない…」といったお声を耳にしてきました。

事実、借金や奨学金を返済しながら、マンション投資に必要な物件購入費用のローンをプラスで支払っていくのは難しい場合が多いでしょう。

そこで私たちは検討や改善を重ね、「キャッシュバックとマンション投資の組み合わせ」を実現させました。

最大500万円、平均で300万円のキャッシュバックにより、借金おまとめ奨学金返済を行ったうえで、マンション経営に乗り出せるシステムを提供できるようになったのです。

このシステムを提供してからというもの、

・借金があるから、マンション経営なんてまだまだ先の話だと思ってた…。
・借金おまとめを考えていた自分が、今ではマンションオーナーなんて信じられない!
・わずらわしい奨学金返済から解放されて楽になった!

などなど、数々のうれしいお声を頂いており、そのおかげで現在も継続してキャッシュバックシステムをご提供出来ています。

あらゆる方の希望に応えられるように。

・キャッシュバックが気になる方
・借金おまとめを考えている方
・マンション経営にご興味がある方
・物件をお探しの方

どんな内容であろうとも、親身になって対応できるサポート体制を整えておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む