緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営とアパート経営の違い

2015-06-19 コラム・ニュース


 

◆アパート経営とは

アパート経営は、基本的に建物1棟を取り扱う経営の仕方となります。これを知ると「一般の人ではなかなか難しいのではないか」という印象があるかも知れません。 しかし、その内容にも様々なケースやプランがありますので、一概に「難しいものである」とは限りません。 方法によっては、マンション投資を検討している人であれば、誰でも視野に入れて考えることのできるマンション投資方法であるとも言えるでしょう。 日本国内でも、1棟のだけではなく、複数棟のアパートを所有し、億単位の不動産を資産として保有している方もいます。 初めは簡単な方法から始め、十分な収入や資金が得られるようになってきたら、アパート経営を考えてみる、というのも1つの方法です。

◆マンション経営とは

不動産運用や投資で以前よりも人気を得ているのが「ワンルームマンション投資」と呼ばれるものです。よく耳にする方も多いのではないでしょうか。 マンション経営は基本的に、いきなり1棟を取り扱うのでなく、1部屋を購入し、それを賃貸する事で収入を得る方法となります。 余裕があれば部屋数を増やす事も可能ですので、自由度も高くなります。 建物1棟を所有するよりも手軽に投資できる為、非常に人気のあるマンション投資の方法の1つであると言われています。

◆利回りの違いとリスクの違い

アパート経営とマンション経営では、マンション投資で想定できる利回りが大きく異なります。 マンション経営の場合、基本的には投資先は1部屋になりますので、その1部屋が空室になった場合、家賃収入はなくなり、収支においては苦しい状態になってしまう可能性があるでしょう。 それと比較すると、複数の部屋を保有して賃貸に出しているアパート経営は、リスクを分散することのできるマンション投資の方法となります。 しかし、アパート1棟を経営するとなると、投資が大きいだけでなく、立地条件や家賃、設備などが適切でないと、入居者がなかなか現れず、経営が苦しくなるという可能性もあります。 違いをまとめてみると、アパート経営は、投資は大きくなりますが、建物1棟を所有し、リスクを分散させることができる方法、そして、マンション経営は、投資を少なくマンションの1部屋を所有して手軽に収入を得ることができる方法。という事ができます。  



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む