緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営における、不動産の資産運用

2015-08-04 コラム・ニュース


◆マンション経営のはなし

●マンション経営は資産運用の一つです。部屋を購入してから第三者へ貸し出し、家賃収入を得る事が目的です。 最初のうちは不動産ローンを融資してからの返済がメインとなっていきます。その不動産ローンが返済し終えたら、家賃収入はそのまま手元に入ってくるわけです。

家賃収入は公的年金の補填として活用されるわけですが、背景には将来の年金不安があるようです。 公的年金の支給額が引き上げられる代わりに、支給額が引き下げられる事態になることが現実味してきているわけで、公的年金をカバーするのが私的年金、つまり家賃収入です。

●それ以外には節税効果や万が一の場合、団体信用生命保険として際、ローンの債務額を支払ってくれる代わりにマンションそのものがそのまま残り、残された家族へ引き続きマンション経営をする事が出来る事です。

しかし、メリットもあればデメリットがあります。例えば、入居者がいない場合は収入が0となるほか、入居者間とのトラブル(家賃未納問題など)が起こりうる問題となるでしょう。 それ以外に災害によってマンションが破壊されたり、建物の老朽化に伴う補修工事などを要する事がありますので、メリットとデメリットの双方を理解していただければ幸いです。

◆不動産の資産運用として

●マンションを不動産の資産運用として見てみましょう。 マンション経営は資産運用の一つですし、不動産としての資産運用も出来るわけです。株を例に挙げてみても、投資手法は保有か売却のいずれかになりますがマンション経営ならばリフォームする事により投資方法を自ら改善する事が出来ます。

運営のノウハウがない大家さん、つまり本業がサラリーマンやOLさんと云う方がいらっしゃることでしょう。不動産管理会社へ業務委託すれば各種管理は管理会社が代行してくれますので、業者選びをしっかりやれば各種管理については手間がかからないことがメリットです。

●マンション経営はローリスク・ハイリターンの金融商品の一つなんです。投資を考えるだけでも、利回りは重要視されます。今は低金利の時代ですので金融商品で金利が1%を超える商品を見つけるとしても、なかなか見つける確率は低いでしょう。

マンション投資ならば小さなリスクで大きなリターンが来ることが期待されますし、ほかの金融商品と比べても低金利時代に左右されることが無く安定した家賃収入を得る事が出来るからです。 ちなみにほかの金融商品と比べマンション投資は利回りが高くなっていることがポイントです。

●分散投資としてもマンション経営は不動産を活用した資産運用として十分に果たしてくれます。仮に株や債券に投資したとしましょう。投資先が破たんしてしまえば株などはそれまでで、破たん以降は全く価値がなくなってしまいます。しかし、マンション経営ならば現物での資産となりますので、資産がなくなるというリスクがなく、区分所有権は国が登記保全してくれますので、財産としても確固としたものになります。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む