緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営で資産運用する時の注意点

2017-11-03 コラム・ニュース


マンション経営は将来のための投資

家族が幸せに暮らすためには、良い住まいで笑顔で暮らすことが一番です。

マンション経営は、そんな笑顔になれるための素敵な投資だと考えてみても良いでしょう。

そうするとマンション経営もとても夢のある投資だと思えるようにもなるでしょう。

自分のやりたいことを働いている会社で実現させようとする人もいますが、同じ会社に長くいてもお給料が上がらないことがほとんどですし、自分のやりたい仕事もやらせてもらえないことも多いことから、自分で会社を立ち上げようとする人も少なくないでしょう。

ですが、起業するにもリスクがありますし、まず何から始めたらいいのかという基本的なことも何もわかっていない人もいるでしょう。

ですからそうした人にもおすすめなのがマンション経営です。

日本企業の景気は良くないですが、昔からある企業だけでなく新しい企業の発展にも注目されています。

新しいアイデアや発想を活かすことができるマンションを見つけ、投資、経営していくことで日本企業の未来を明るくしていくといいでしょう。

そのためにはうまく行きそうなマンションを見つける必要があります。

まだ知名度はなくてもこれから大きく人気が出て価値が上がっていくマンションもあるので、特集を組んでいるサイトなどをチェックしてみるといいでしょう。

また、野心がある人は、日本だけでなく海外にも目を向けてみるといいでしょう。

そうすることによってマンションによる色々なビジネススタートの形があることを知ることができるでしょう。

マンションを売却する場合のポイント

マンション経営では、タイミングが1つのポイントになります。

とりわけ売却に関するタイミングなどは、慎重に判断する方が良いでしょう。

マンション経営は、基本的には家賃収入が目的になります。

入居者から家賃を回収していき、利益を目指すというスタイルです。

しかしマンション物件は、ずっと保有し続けられる訳でもありません。

どこかのタイミングで、結局は売却されるのが一般的です。

そして、その時期が1つのポイントになるのです。

言うまでもありませんが、物件を売却する以上は、価格はできるだけ高くしたいものです。

安く売却をするよりは、高い方が良いでしょう。

ただし高く売れるか否かは、ニーズやタイミングなどに左右される一面があるのです。

特定のタイミングで売却しますと、そこそこ高値が付く事もあります。

例えばマンション物件を購入した時は、2,000万円台だったとします。

ところがタイミング良く売却をすると、時には3,000万円台になる事もあるのです。

特定の地域に対する注目度が高まり、上記のように購入価格よりも高く売れる場合があります。

ただし、それもタイミング次第です。

悪いタイミングで物件を売却してしまえば、むしろ大赤字になってしまう可能性もあります。

このためマンション経営をする際には、今後のマンションの動向などにもアンテナを張っておくべきでしょう。

高く売れやすいタイミングをよく見極めて、売却手続きを進めるよう心がけたいものです。

マンション経営をするならデータにも詳しく

マンション経営をするときに知っておくと良いのがマンションのデータです。

どんな場所にどのようなマンションがあり、どれくらいの年齢層の人がどれくらい入居しているかを知ることで、マンション経営も失敗しにくくなるでしょう。

安易に始めようとしていたのであれば、データを見ることでもう一度考え直すこともできるものです。

どんな業界でも、今後の仕事の展開に役立つのがデータです。

データをうまく活用することで顧客が欲しがっているもの、これから求められていくものなどの予想がつきます。

今まで保存してあるデータがあるのであれば、そのデータをうまく活用していく方法を考えていくといいでしょう。

マンション経営に詳しくない人でも、成功の鍵が見えてくるかもしれません。

また、初心者であれば無料セミナーに参加してみても良いです。

夢をもってマンション経営を始めたものの、うまくいかなくなって売却を考えることになっては残念です。

ですからある程度のノウハウとこれまでのマンションに関するデータを参考にもしてみましょう。

そして日本の経済、情報、ニュースを早く知ることはあらゆる仕事で大事になってきます。

そしてマンション経営にも役立つでしょう。

自分が実際に仕事でかかわっていない業界の情報も仕事をしていくうえではとても貴重で勉強になることもたくさんあります。

マンションは学生からビジネスマン、また主婦の方にも必要とされるものですから、多くの情報から求められるマンションの経営をしましょう。

マンション経営のメリット

不動産物件の経営には、様々な選択肢があります。

不動産の物件と言っても、色々な種類が存在するでしょう。

マンションや一戸建てなど、多彩な物件が存在する訳です。

ところでマンション経営には、メンテナンスのコストに関するメリットがあります。

アパート物件などと比べると、比較的低く抑えられるのです。

不動産物件に対しては、様々なメンテナンスは必要です。

不動産物件を長く抱えていますと、いずれどこかに老朽化が生じるでしょう。

それで物件に対する補修なども必要になる事もあります。

時には、一部の設備を交換する事もあります。

それでメンテナンスや交換などを行えば、当然費用を払う事になるのです。

物件に対する補修作業を業者に任せれば、施工料金などを払う事になるでしょう。

不動産物件の経営をする際には、そのメンテナンスの費用なども考えておく必要があります。

マンション経営は、そのメンテナンスの費用はやや低めに収まる事が多いです。

上述の通り、不動産の物件には色々なタイプがありますが、アパートなどもその1つです。

もちろんアパートも築年数が重なりますと、メンテナンスをする必要はあります。

そしてアパート物件の場合は、メンテナンス費用が若干高めな事も多いのです。

アパート物件で投資をしている方々は、費用で困っている事もあります。

それに対してマンション経営の場合は、アパート物件よりはメンテナンスコストは低めな傾向があります。

それはマンション経営のメリットの1つなのです。

マンション経営のリスク

マンション経営には、リスクはあります。

家賃回収に関するリスクなどは、しばしばポイントになるのです。

マンション経営は、基本的には家賃によって利益を得ていく事になります。

会社を退職した方々が、マンションの家賃収入に期待をして、経営を始めるという事例も本当に多いです。

それは良いですが、問題は家賃が順調に支払われるか否かです。

支払われない可能性がある点も、考えておく必要があります。

というのも入居者の収入などは、必ずしも順調であるとは限りません。

入居者の収入上の問題があって、なかなか家賃を支払え無いケースもあるのです。

いわゆる家賃滞納です。

それで滞納になってしまえば、もちろんマンション経営をしている本人としては、大変困るでしょう。

状況によっては、それこそ赤字になってしまいます。

このためマンション経営をするなら、家賃回収に関する対策を考えておくべきなのです。

例えば、保証会社という手段があります。

万が一の滞納が生じた時には、保証会社が一旦家賃の立て替え払いを行ってくれるのです。

そして家賃の督促などは、保証会社が代行をしてくれます。

ですから保証会社は、経営をする本人にとってはメリットは大きいのです。

肝心の家賃が支払われなくては、それこそ経営が暗証に乗り上げてしまいかねません。

だからこそ上記の保証会社のような滞納対策を考えておく必要はあるのです。

抜かりなく対策を施しておく事は、マンション経営のポイントの1つになるでしょう。

マンション経営は人脈も大事

定年後、今まで出来なかったことを思う存分やってみよう、挑戦してみようと思う方は多いかと思います。

その中には、自分のお店をオープンさせたいと思う人もいるでしょう。

若者とは違った、今までの会社員時代の人脈や経営面での能力を活かして実現できると良いでしょう。

ですが、特にこういったお店を出したい、という希望がなく、漠然と何かを運用したり経営したいと思うような人もいるものです。

ですからそういった人にはマンション経営がおすすめです。

今定年を迎えている団塊世代はバブル時代も、バブル崩壊後も日本経済を支えてきた世代です。

定年後もまだまだマンション経営に力を入れていければ理想的に働けるということもあるでしょう。

また、団塊世代は人とのつながりも多い人が多いので、人脈を生かしたマンション経営をしていくというのも良いです。

ですが、日本にはとてもたくさんのマンションがあります。

不動産関係や経済関係に詳しい人でないとマンションの相場、運営管理など、わからないことも多いでしょう。

日本の数あるマンションの状態を知っていくには自分でマンション研究をしていくことも大事ですし、またマンション研究をしながら自分でも経営できるようなタイミングを知っていくといいでしょう。

情報をたくさん得ることで、経営をスムーズにさせていく方法なども知ることができるでしょう。

今後もますます拡大することが予測される都心のマンションを学び、成功するマンション経営の秘訣を探ってみましょう。

空室リスクにおけるリスクヘッジ

マンション経営を検討している方々は、リスクに関する不安感を抱えている場合があります。

いわゆる空室リスクが心配な方々は、とても多いです。

マンション経営をするなら、もちろん物件を保有する事になります。

それで誰か入居者が確保でき、家賃を順調に回収していけば、順調に経営は進むと見込まれるのです。

しかし、マンション経営は必ずしもスムーズに進むとは限りません。

なぜなら入居者確保に関わる問題があるからです。

例えば利回りが高めなマンション物件などは、少々注意を要します。

マンション経営に関する広告を色々見ていきますと、利回りの数字に気が付く事もあります。

各物件によって、利回りの数字はそれぞれ異なるでしょう。

郊外地域の物件などは、都会と比べると利回り数字が高めな事もあります。

確かにその利回りを確実に確保できれば、郊外エリアのマンションも悪くありません。

しかし入居者確保の問題を考慮すると、一概に郊外が良いと断言できないのです。

というのも郊外エリアに立地している物件ですと、なかなか入居者が集まらない事もあります。

人口の兼ね合いなどもあり、集まりがあまり良くないので、肝心の家賃収入が限定されてしまう事もあるのです。

しかもマンション経営の際には、様々なコストもあります。

それで、時には赤字になってしまう場合があります。

ですからマンション経営を検討するなら、一番最初の段階で、物件をよく選んでおくべきなのです。

今後の空室リスクなども考慮して、入居者を確保できる物件を選ぶ事も大切です。

資産運用で安定性を重視するならマンション経営がおすすめ

マンション経営には、様々なメリットがあります。

その中でも、価格変動の幅は高く評価される事も多いです。

マンション経営には、物件価格が関わってくる事だけは間違いあります。

それだけに、価格の動きの大きさは大切なポイントになるのです。

一般的に資産運用では、価格の動きが大きなタイプの商品は、リスクも大きくなる傾向があります。

いわゆる株などは、リスクは高めだと言われる事も多いです。

確かに大きな利益が生じる可能性はありますが、状況によっては大きな損失になる事もあります。

なぜなら、株価はそれなりに大きく動くからです。

価格の大変動により、不測の大損失が生じたという声も大変多いです。

それに対してマンション経営の場合は、そこまで価格が大きく動く訳でもありません。

少なくとも株と比べると、価格の動きは限定されている傾向があります。

もちろんマンション経営にも、数点のリスクはあります。

例えば空室リスクなどは、多くの方々が心配しているのです。

マンションの投資を始めたのは良いですが、なかなか入居者が確保できなかったので、利益率の頭打ちが生じる事例もあります。

しかし、それでも株式投資よりはリスクが低いと評価される事も多いです。

物件価格がそこまで大きく動かないので、運用している本人に対するリスクも、限定される傾向があります。

人によっては、動かすお金に関するリスクは、できるだけ低く抑えたい事もあるでしょう。

安定性やリスクを重視するなら、マンション経営はおすすめです。

マンション経営における資金繰りの重要性

何か事業を始めようとしている方、または会社を興そうとしている人、マンション経営などを考える人にとって悩みの種は資金繰りであることも多いでしょう。

頑張って貯金をしても、いざ実行すると足りない必要なお金というものはまだ出てくるものです。

資金が足りないと経営難に陥るのも早くなる危険性も高いので、前もって資金繰り改善で経営難や経営再建をされた方の感想なども知っておくといいでしょう。

自分であらゆる可能性を考えていろんな情報を集めておくと、危機も乗り越えやすくなるものです。

資金繰りにまつわるエピソードはいざというときに役立つものです。

この低金利の時代、銀行にお金を預けるだけでなく自分で何か投資をしたりマンション経営をして資産運用をしようと思う人も多いものです。

ですから銀行などの金融機関に頼るだけでなく優れた個人投資家に資金繰りをお願いしてみるというのも一つの方法です。

資金繰りの方法はいくつかあるということを頭に入れておくと良いです。

また、管理がしっかりできないマンションは入居率も悪化しますし、収入も落ちてしまうでしょう。

そうならないようにするためには収入高だけでなく、いくら出ていくかという出費についても管理していかなければなりません。

マンション経営で損をしないようにするためにも、管理システムで経費管理などもしっかりしていくといいでしょう。

経費精算を効率良く行うことで無駄な人件費、管理費も減らすこともできるでしょう。

マンション経営で長期資産運用をしましょう!

◆マンション経営における、長期資産運用

●マンション経営は、ほかの金融商品と違い節税効果が期待できるほか、低リスクで長期的に資産の運用が出来る事がメリットです。つまり、低リスクで安定した収入を長期的に受けられる事になります。

マンションを新築だろうが中古だろうが部屋を1室購入し、それを第三者に貸し出してから家賃収入を得る事が出来るのがマンション経営です。このマンション経営は不労収入としてカウントされます。 最初のうちはローンの返済がメインとなりますが、その返済額については家賃収入でほぼ賄うので、実際に負担していただく金額はわずかな額となりますので、お財布に対する負担は少ないほうになります。

●大家さんや家族の将来の為だけでなく、効率的な資産運用の手段としてマンション経営を始めている若い世代の方々が増えているのが現状です。これは将来の年金不安などにより、公的年金がきちんと支給されているのか、また、支給金額が納得いく金額であるかが不安になりますよね。

マンションの家賃収入は、その公的年金の補填をしてくれることになりますので、私的年金として収入されます。

◆長期資産運用で、私的年金が入る

●長期資産運用をすることにより、家賃収入は将来の年金不安に対する補てんをする意味で私的年金が入ります。 金融商品とマンション経営の違いは、金融商品そのものが将来のインフレに見舞われた場合、当然ながら目減りしていくだけでなく、その価値が下がっていく可能性があります。

しかし、マンション経営となると話は別。インフレ時代に突入したとしても家賃収入そのものは大幅に下落していくものではないので、その時代の価値に合わせた収入を得る事が最大の魅力であり、金融商品との大きな違いそのものになるからです。

●また、マンション経営はレバレッジ効果が見込めますので、少額の資金で大きな収入を得る事が出来るように、投資効率を高めた投資法になるわけです。

レバレッジは梃子の原理を意味しています。投資する資金が少ない場合でも、借入をすることによって元手を増やし、収益を出すよう投資効果を高めた投資法になります。それにより、投資した資金の何倍もの投資効率が期待できるでしょう。

●マンション経営そのものについては、入居者を募集したり、実際に購入した建物の管理などと云ったことすべてにおいて、何かと忙しい大家さんに成り代わりマンション運営会社が一元管理をしてくれますので、大家さんそのものは本業に専念する事が出来るわけです。したがって、専門的な知識や経験は必要としなくなるわけです。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む