緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営~リフォーム代金は購入者負担?

2015-08-15 コラム・ニュース


◆マンション経営

●マンション経営について説明しましょう。株式やFX等と云った有価証券などを使った投資方法は、投資の代表的です。すぐに現金化する事が出来ても、リスクはその分高くなり、株式の場合は投資先が破たんした場合、株券はすぐに紙切れになってしまい、効力そのものがなくなってしまいます。

各種投資と比べ、リスクが少ない投資方法があるのをご存知でしょうか?それがマンション経営です。マンション経営は投資する事が目的の部屋を購入する事により、マンション経営はスタートします。

●マンションの一室を購入する場合、手持ちの金では買う事が出来ないので銀行からの不動産ローンを融資してから購入となります。購入後は入居者が入り次第本格的なマンション経営がスタートします。

最初のうちはローン返済となりますが、実際負担する額はわずかな額で、家賃収入の殆どが返済に回りますのでお財布に対する負担は軽いです。 返済が完了したら、家賃収入はそっくりそのまま大家さんへと入ってきます。

大家さんの手元に入ったとしても、マンション経営を始める前に心配していたであろう貯蓄や、将来の年金不安を想定して、公的年金の補填をしてくれる(いわゆる私的年金)としての活用やインフレ対策や万が一の際の生命保険代わりとして家賃が活用されます。

◆リフォーム代金は購入者が払うの?

●中古マンションによく見られる傾向ですが、リフォームは実施前のままで購入されることになるでしょう。基本的には売りに出された時点での購入となりますので、リフォームが必要な部分は購入する側が見極めてから、購入者の各自負担で実施することになります。

リフォーム代は売主負担(購入者が負担する事はないが)で部屋の一室を購入するとしたら、「リフォーム済」と表示された物件を買うことになります。ただし、部屋の内装はすでにリフォームされていますので、内装については自分で選ぶ事が出来ないのが現状です。これは築年数が長い物件にみられる傾向で、お客さまを呼ぶための手段の一つです。

●リフォームをする際は、自己負担の形で行うことになります。売りに出された時点では何も手を付けてない状態での販売となるのが基本です。

部屋が実際に売りに出された時点で、補修や修理が必要と判断された際に実施するのがリフォームです。建物の老朽化などに対して施されることになりますので、必然的と云ってもいいでしょう。しかし、リフォームをする際にはその時代に合った設備に更新して、入居者を新規開拓できるための手段であり、部屋の付加価値を高める事が出来ます。

壁紙などの更新等と云ったライフスタイルの変化によるリフォームも、購入者が負担することになりますが、大家さんとしてスタートする際、新たな入居者開拓の手段の一つにしてもいいでしょう。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む