緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営に投資するメリットとは

2015-10-30 コラム・ニュース


◆ マンション経営で安定収入

● 度重なる公定歩合の引き下げにより、預貯金の金利は過去に例を見ない程の低い水準を続けている。今後もこのような低金利が続くと予想され、金融機関に資産を預けているだけでは多くの利回りは望めないだろう。 また、現在、インフレによる物価上昇が世界中で懸念されている。インフレが発生した場合、預貯金の資産価値は目減りする可能性があるが、不動産価値はインフレにともなって上昇する傾向がある。長期的スパンで考えると、不動産による資産形成は、継続した安定収入を得るための有効な手段であるといえる。

◆ 節税対策

● マンション経営は、確定申告により節税対策を行うことが可能だ。 マンション経営を始めると、ローン金利、管理費、固定資産税、建物の減価償却費などの必要経費が認められます。この必要経費が家賃収入を上回った場合、赤字として給与所得などの他の黒字所得と損益通算され、予め納めていた税金が還付される。 また、相続税・贈与税対策としても有効だ。相続税の評価は資産の形態によって異なる。現金や有価証券は市場価格によって評価されるが、建物の場合は購入価格の40~60%で評価される。さらに、マンションが賃貸住宅として使用されていた場合、市場価格の3分の1になる場合もある。

◆年金+不動産収入で豊かな老後

● 高齢化社会を目前にした今、年金制度の危機が叫ばれている。 将来、夫婦だけで生活するとしても、20年間で約1億円が必要ともいわれ、現在の公的年金だけでは、ゆとりある老後を実現することはできない。 公的年金の破綻が懸念される現代において、老後の生活資金は自身で確保する必要がある。マンション経営は、FXや株式投資など他の金融商品と比べ、低リスクかつロングリターンであり、継続した家賃収入が見込めるため、私的年金確保に有効な手段といえる。

◆生命保険の代わりにもなる

● ローンを組んでマンションを購入された場合、オーナー様のほとんどが団体信用生命保険に加入することになる。これは、オーナー様が死亡、または高度障害になられた時に、ローンの残債を支払ってくれる保険だ。 つまり、万一の際にも、ご家族には無借金で売却可能の資産が残り、月々の家賃が実収入として入る。そのため、ご家族へ安定した収入源を残してあげられることになる。 生命保険と比較しても、マンション経営の方が毎月の負担額が少額であるということもあり、最近では、還元率が不透明な生命保険よりも、確実な報酬が得られるマンション経営が注目を集めている。



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む