緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営と弁護士について

2015-06-29 コラム・ニュース


 

◆マンション経営とは

・マンション経営とは、マンションを購入して、第三者に賃貸することによって毎月安定した家賃収入を得ていく事です。わずかな資金で手軽に始める事がことができます。金融商品の金利低迷や年金の不安の時代にあって、ご自身と家族の将来より豊かにするための効率的な資産運用の手段として注目を集めており、20~30代でマンション経営を始められるサラリーマンや公務員の方が非常に増えています。 ・マンション経営で効率的な資産運用を!資産運用の中でも安定的で効率的なマンション経営は、マンションを購入し、ご自身が住むのではなく、そのマンションを賃貸することで、家賃収入を得ていくことをマンション経営といいます。 ・マンション経営もしっかり勉強したうえでマンション経営で利益を上げることは可能です。

◆弁護士の役割

・マンション経営においてトラブルや訴訟問題が発生をした場合、弁護士の力を借りるのも得策です。法的処置もめずらしくないので万全にこしたことはありません。 ・今までは、マンションオーナーにとっては「家賃等の督促」は民事事件として扱われていましたが、賃貸住宅居住安定化法案という法律が制定された後は、マンションオーナーが強引な家賃の等の督促を行なえば、刑事事件になりますので弁護士にまかせて行なってもらうことができます。 ・マンションオーナーにとっては、顧問弁護士がいると安心感があります。 ・賃借人の債務不履行に関しては、賃料保証会社を利用することで同様の効果を上げることも可能ですが、日々の問題に対して弁護士に相談できるメリット、何か問題がおこった際に省けるメリット、そしてなによりマンション経営のことをわかっている弁護士の相談をされることが一番です。 ・土地を多く所有している方の中には、相続税対策や資産活用のため、土地上に賃貸マンション・賃貸アパートを建てて、賃貸している方も多いようです。マンション・アパート経営は建築資金を金融機関からの借入で調達して、マンションの建物と敷地に抵当権が通常です。このような法律的な問題に関しましては、マンション経営に詳しい弁護士に相談をされることをお勧めします。  



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む