緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営をマレーシアでする

2015-06-16 コラム・ニュース


 

◆マンション経営とは

マンションを購入し、ご自身が住むのではなく、そのマンションを賃貸することにより、家賃収入を得ていく事をマンション投資、またはマンション経営と呼びます。

マンション経営というと、建物1棟全部をイメージされる方がおられるかと思いますが、一室(一部屋)でも立派なマンション経営になります。

一室を購入してマンション経営を始められる場合、ローンを利用しても家賃収入でほとんど返済できてしまうため、頭金も小額で、また簡単に始めることができ、様々なメリットを享受する事ができる資産形成の方法と言えます。

昨今では、ご自身とご家族の将来を、より豊かにするために、効率的な資産運用の手段としてのマンション経営を始められる方が大変増えています。

◆マンション経営をマレーシアでする

日本でよくあるマンション経営のビジネスモデルもマレーシアにもあります。

現地人が高級マンションのオーナーになり、外国の駐在員に部屋を貸すのが一般的な賃貸ビジネスです。

ただし、棟単位ではなく1戸単位での個人投資というスタイルなのです。

学生向けの賃貸物件もありますが、日本の学生と違ってかなり荒っぽく使うので、管理は大変みたいなんです。

日本は少子高齢化で、アパート経営している大家さんが空室率の上昇で困っているケースが出ていますが、そんな大家さんにマレーシアでのマンション経営をすすめる日本の会社もあります。

マレーシアの不動産の場合、賃貸収入だけでなく値上がり率も十分狙えます。

外国人の場合、50万リンギ(約1500万円)以上の物件であれば、何戸でも購入できます。

しかも、登記も本人名義ででき、現地で住宅ローンも組めます。

現地にも物件管理をする会社はありますが、日本のようにきっちりとしたシステムでやっている所は少ない様です。

日本の進んだ管理システムを持ち込めば、現地オーナーの方に喜ばれるかもしれません。

マレーシアの場合、貸借人の権利は強いとは言えず、退去に関する大きな問題は聞きませんが、やはり誰に物件を貸すかは重要で、よく分からないまま貸すと、賃料の滞納や無断退去も起こり得ます。

外国人駐在員を対象に賃貸物件経営するのが安全でしょう。

コンドミニアムやホテルを借り上げてホテル運用をするところや、家賃保証まで出すところもあります。

マレーシアのホテル料金は年々上昇傾向にあるので、ホテル運用のコンドミニアムも投資対象になり得るでしょう。  



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む