緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら

お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444

メールでお問い合わせ

情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加

  • 不動産コンサルタントFP事務所
  • 緊急!新築シェアハウス問題でお困りの方はこちら
  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • お急ぎの方はお電話で(平日10:00~20:00)0120-719-444
  • メールでお問い合わせ

マンション経営のメリット

2015-06-22 コラム・ニュース


 

◆マンション経営のメリット

●マンション経営のメリットについて、大きく分けて三つあります。

①私的年金として

年金問題が最近社会問題となっており、受給できる年齢が引き上げるとともに給付額が引き下げられることは避けて通れない問題になりつつあります。

将来的に給付できる金額が不安定となり、満足できる受給額に満たせるのか不安になってきますよね。

最初は家賃収入がローン返済をしてくれますが、ローンが完済したら家賃収入はそのまま手元に入り、その家賃収入は公的年金の補填として活用する事が出来ます。つまり、私的年金として手元に入り公的年金をフォローする役割を果たしてくれているのです。

年金破たんを想定しても、プラスアルファの家賃収入が得られるのがメリットです。

②生命保険として

あなたがもしマンションを購入し、銀行から住宅ローンを融資したとしましょう。けがなどをされた時、ローン返済が出来なくなったこと等に備えて、団体信用生命保険が組まれています。

ローンを契約された際、万が一重病などで亡くなられた場合、ローンの残りがある場合保険で支払う事が出来ます。

ローンの残りを保険で支払ったとして、マンションはどうなるの?という不安は当然おありだと思います。ですが、債務のない安定した収入で家賃収入を生み出すマンションは手元に残り、家族の方が引き続き所有することになります。

③資産運用

○少ない金額でスタートする事が出来るのが、レバレッジ効果です。実際は銀行の住宅ローンを組んでからマンションの購入と相成りますので、手持ちの資金が少なくてもマンションの一室を購入する事が可能で、最初はローン返済をしますが返済額の殆どが家賃を以ての支払いになりますので、返済の際に負担する額はごくわずかな金額です。なお、ローンの返済が終わったら家賃そのものが自分のものになります。

○利回り商品としての活用が出来るのは、マンション経営では年間4~5%の高い利回りを得る事が出来ます。普通預金や個人向け国債などと比較してみても、予想年間利回りが4%で予想年間収入が高くなっていくことでしょう。

◆それ以外のメリットについて

●最初は私的年金・生命保険・資産運用の面でメリットを挙げましたが、それ以外のメリットとしては、分散投資でペイオフ対策が出来る事と、相続税対策(節税など)が出来る事です。

ペイオフ対策として預貯金を分散する傾向がありますが、マンション投資、つまりマンション経営も有効な手段の一つであることです。銀行が破たんしたと想定し、預金の保護については1000万円までと限られてしまいますが、マンションは実物資産ですので、ペイオフ対策の影響を受ける事が少ないわけです。

もう一つは税金対策で、マンション経営は他人に貸した場合減価償却費などと云った各種費用が必要経費として認められています。サラリーマンやOLの場合は給料と家賃収入(不動産所得)と合算し、建物の減価償却費や各種経費などが家賃収入を超えると損益通算することにより、所得税や住民税にも節税効果が得られるほか、相続税だとマンション約50%、土地約80%がそれぞれの評価額となり、相続税の負担もその分軽くなります。  



物件情報

  • 情報をいち早くお届け!!LINE@で友達追加
  • 今すぐ電話で相談!(営業時間:10:00〜20:00)0120-719-444
  • まずはご相談ください!メールでお問い合せ

不動産投資関連カテゴリー

成功事例一覧

  • 他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は他社で新築マンション経営の提案を受けていた大場様は

    >続きを読む

  • もともとマンション経営に興味があった、山口様はご年収の…

    >続きを読む

  • 佐藤さんは毎月の返済額が10万円で、支払だけの生活…

    >続きを読む

  • 鈴木さんはカード会社で延滞していてローンが組める状…

    >続きを読む